スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対ルーラーズ戦!フェン直!

8月9日9時~西部運動公園野球場、HOTリーグ第9戦、対ルーラーズ

<戦評>

6勝2敗で迎えたリーグ第9戦、対ルーラーズとの試合は、先週のノーヒットノーラン試合達成の勢いそのままに、好調の打線が初回から機能。

1回の裏、1死から2番藤岡が四球で出塁すると、3番馬場は三振に倒れるも、4番高波が四球で繋ぎ2死1.2塁の場面で、この試合5番に入った牟田口がセンターオーバーの2点タイムリー3塁打を放ち幸先よく2点を先制!

続く2回裏にはこの回先頭の7番三浦が二遊間を破るセンター前クリーンヒットで出塁し、8番石井康は三振に倒れるも、9番松原が初球の真っ直ぐを捕らえ、レフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち3対0!

尚も続く1番浅尾が左中間へのタイムリー3塁打、更には3番馬場も1塁線を破るライト前タイムリーと打線が繋がり序盤で5点のリード。

攻撃の手を緩めない打線は4回にも、1死から1番浅尾がこの試合2本目のスリーベースで出塁すると、続く2番藤岡がライトへのタイムリー2塁打を放ち6対0と一方的な展開に。

投げては先発の三浦が初回1死から2番に四球を与えるも、3番4番を抑え無失点で立ち上がると、2回3回4回を3イニング連続3者凡退に退け、先週の小田に続く2試合連続のノーヒットノーランも現実味を帯びてきましたが、5回にこの回先頭の5番に四球を与えると、すかさず盗塁を許し無死2塁、更には3盗を試みたランナーを刺すべく、高波からサード牟田口へ送球しましたが、この送球がそれボールがレフトへ転がる間に生還を許し痛恨の失点

これで集中力が途切れたか、この後、四球、サードエラー、死球で1死満塁と快投から一転ピンチを背負うと、1番にレフトへの犠牲フライを打たれ被安打0本ながら2点を失い6対2

しかし、取られた直後の5回裏にこの回先頭の6番玉城がライト前ヒットで出塁し、続く7番三浦はファーストエラーで無死1.2塁となり、8番石井康の打席の場面でワイルドピッチとなりそれぞれランナーが進塁し2.3塁とチャンス拡大。この打席石井康は三振を喫するも、続く9番松原がセンターへの犠牲フライでダメ押しの7点目を奪い7対2で勝利しました!

<総括>

人数9人ギリギリのため、9番ライトで久々のスタメン出場。2回1死1塁で廻ってきた最初の打席。前を打つ8番石井康が三振を喫し打席に入るところで、「外野~前、前!の声」…。「ナメられてんな」。レフト、センター、ライトが前進する姿を見てアドレナリン急上昇!

ネクストバッターサークルで素振りをしていた時に、藤岡から「祐一郎さん、振れてますよ!」の声を信じ打席へ。そして甘く入ってきた初球のストレートを強振すると、打球はレフトスタンド方向へ一直線!手応え完璧。「イケッ!!!!」打球はレフトの頭上を越え、スタンドインはならずとも西部球場レフトフェンス直撃のタイムリーツーベース!人生3本目のホームランはならなかったが、我ながら会心の当たりだったな。

試合は点差が開くなか、先発の三浦が中盤まで集中力を切らさず快投を見せるも、5回に足でかき回され失点。この後のもう1点は余計だったが、5回を投げルーラーズ打線を被安打0に抑えリーグ戦6勝目!左腕小田との高いレベルでの争いが相乗効果をもたらし、一時期の不調を完全に脱した感がある。

加えて3、4、5番とクリーンアップ3人を欠く中でも8安打中、長打5本と打線が好調を維持。投高打高!いつビクトリー杯福岡県決勝を迎えてもいい状態だな。

スコア:7対2
バッテリー:三浦―高波
勝ち:三浦
3塁打:牟田口、浅尾×2
2塁打:藤岡、松原
安打:馬場、三浦、玉城
打点:浅尾、藤岡、馬場、牟田口×2、松原×2
四球:藤岡、高波×3、玉城
※三振:馬場、牟田口、石井康×2
MVP :牟田口(決勝2点タイムリースリーベース!)
スポンサーサイト

対漢塾戦!初先発小田ノーヒットノーラン達成!

8月2日13時~雁の巣1番球場、HOTリーグ第8戦、対漢塾

<戦評>

5勝2敗で迎えたBパート1位通過を争う漢塾との首位攻防戦。先発のマウンドに上がったのは、ここまで抑えで結果を出し続けてきた左腕小田

初先発で緊張の立ち上がりも、生命線のストレートがうなりを上げ、強打漢塾打線に対し、初回先頭から2回2死まで圧巻の5者連続三振を奪い最高の立ち上がりを見せると、その後も高波とのバッテリーコンビネーションが冴え渡り、毎回奪三振となる、なんとなんと7回を投げ打者23人に対し16奪三振!

許したランナーは四球と、サードエラーで出塁の僅か2人のみ、被安打は0でサードベースを1度も踏ませることなく、山笠初先発で見事ノーヒットノーランを達成しました!

打線は2回、2死から6番三浦が四球で出塁した場面で、7番石井康があわやホームランかと思われた、会心の当たりのライトオーバー2塁打で2死2.3塁とし、8番石井雅はファーストゴロとなるも、この打球をファーストがエラーする間に1点を先制。

追加点は4回、1死から5番高波がレフトへの2塁打で出塁すると、続く6番三浦がセンターへのタイムリー2塁打を放ち2対0。

とどめは6回、この回先頭の3番馬場が、打った瞬間それと分かるレフトへの豪快なソロホームランを突き刺しダメ押しの追加点!

小田の好投で試合を優位に進め、先制、中押し、ダメ押しと理想的な展開で首位攻防戦を見事制しました

<総括>

初先発、初完投、初完封、初勝利!

KKKKKKKKKKKKKKKK!クラブ記録となる1試合16奪三振!

そしてクラブの歴史に名を刻むノーヒットノーラン!

圧巻昨年三浦がビクトリー杯福岡県予選準決勝で達成した完全試合に勝とも劣らない投球内容。もう1度言おう、圧巻!

三浦の登板過多を考慮するとともに、秋に行われるビクトリー杯九州大会は土日連日開催のため、小田をどちらかの試合に先発させることを想定し決まったこの日の初先発マウンド。もちろん期待はしていたが、想像をはるかに超えてくる快投を披露し、驚愕の奪三振ショー。先発でも力を発揮できることを一発回答(快投)で証明してみせた。

目を見張るのは投球の8割を占めるストレート。打者の手元でグッと伸びるストレートはキレッキレ。打者は真っ直ぐにタイミングを合わせていても弾き返すことが出来ない。そして追い込んでからブレーキの効いた大きく曲がるカーブ。球種はこの2種だけだが、あの落差のあるカーブがあればそれだけで十分通用する。

余計な小細工はいらないズドン!ズドン!で追い込んでからカーブで空振り三振!分かっていても打てない。左のエースから山笠のエースへ、三浦を脅かす投手が遂に現れた!

そして、忘れてはいけねいのは打線。この試合リードオフマン浅尾、クリーンアップ畠中、佐々木、桝崎、井浦と主力を欠くラインアップであったが、馬場の本塁打など長打5本で3得点!少ないチャンスをものにし、選手層の厚さを見せつけた

これで勝ち点を18とし、Bパート首位をガッチリキープ初のホットリーグ制覇へ向け視界良好!

※小田の16奪三振ノーヒットノーランの軌跡!

1回 K、K、K
2回 K、K、投ゴロ
3回 K、K、四球、K
4回 K 、捕飛、中飛
5回 K、K、三失、K
6回 K、K、K、
7回 右飛、左飛、K

スコア:3対0
バッテリー:小田ー高波
勝ち:小田
本塁打:馬場
2塁打:石井康、高波、三浦、高橋
打点:三浦、馬場
四死球:三浦、高波
※三振:牟田口、藤岡、馬場、高橋、高波、石井康、石井雅、小田、松原
MVP :小田(ノーヒットノーラン!)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。