スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!ホームラン6発で快勝!

5月24日13時~舞鶴球場、HOTリーグ第5戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

3勝1敗で迎えたリーグ第5戦、対福岡オリオンズとの試合は本塁打に関して記録づくめの試合となりました!

試合序盤は、この日ダブルヘッダー1試合目を8対1で勝利し勢いに乗る福岡オリオンズ打線を、先発の三浦が初回を3者凡退に抑えるも、2回の表にタイムリーとファースト高橋のフィルダーズチョイスにより2点を先制される展開

追いつきたい打線は直後の2回裏、ここまで初回の1番牟田口から5番高波まで完璧に抑えられていましたが、2死から6番浅尾が相手先発スリークオーター投手の真っ直ぐを捉え、反撃の狼煙を上げるセンターへのソロホームランで1点を返すと、続く3回に山笠クラブの歴史を塗り替える本塁打記録が生まれました。

1死から9番三浦が野手顔負けの左中間へのソロホームランで同点とすると、2死となるも、好調2番藤岡がライトへの2塁打で出塁した場面で、3番高橋が打った瞬間それと分かるレフトへの特大2ランホームランで逆転に成功。尚も続く4番佐々木が右中間への2者連続ホームランで5対2と突き放すと、興奮冷め上がらない中、続く5番高波がなんとなんと3者連続、このイニング実に4本目となるレフトへのホームランで6対2。

完全に勢いづいた打線は続く4回、1死から1番牟田口がセンターへの2塁打で出塁すると、続く2番藤岡が四球を選び、それぞれ単独で3盗、2盗を成功させ、1死2.3塁とチャンスを演出した場目で、前の打席特大本塁打の3番高橋がこの試合4打点目となるセンターへの2点タイムリーヒットを放ち8対2。

コールドまで残り1点となり、最後は6回1死から、5番高波がこの試合2本目となるレフトへのホームランおかわり弾を突き刺し9対2となりゲームセット。

投げては先発の三浦が、2回に2点(自責1点)を失ったものの、その後は6回までを無四球、被安打僅か1本と抜群の安定感を見せ4勝目投打がガッチリと噛み合い勝ち点3を積み上げBパート首位をキープしました!

<総括>

三浦からの、クリーンアップ3番高橋、4番佐々木、5番高波弾!3者連続を含む驚愕の1イニング4発のホームラン固め打ち!2回には浅尾がソロ、最終回となった6回裏は高波が2本目のホームランで、この試合打ちも打ったり実に6発の乱れ打ち!

来月からトーナメントが始まるここに来て、野手が見事な調整をみせ調子を上げてきた。流石!この試合、ホームランに目がいきがちだが、先発メンバーのうち8人が安打を放っている点も重要。相乗効果で、皆の調子が上向いてる証拠だ。

開幕からここまで5試合を消化し、得点28に対し失点10なので、1試合平均5.6得点、平均失点は2点。この失点2は総失点からの平均であり、自責点で換算すると防御率は実質1点代に下がる。もちろんこの素晴らしい防御率はエース三浦!

さぁ、2015年山笠クラブ整いました!投高打高隙はない来週のハタックス戦で最終調整からのトーナメント突入!行くぜ!山笠クラブ!

スコア:9対2
バッテリー:三浦―高波
勝ち:三浦
本塁打:浅尾、三浦、高橋、高波×2、佐々木
2塁打:牟田口、藤岡、浅尾
安打:藤岡、高橋、大坪、三浦
打点:高橋×4、佐々木、高波×2、浅尾、三浦
盗塁:牟田口、藤岡
四球:藤岡、高波、大坪
※三振:牟田口、佐々木、石井雅×2
MVP :高橋(逆転2ラン含む4打点)
スポンサーサイト

対テクニカル福岡戦!桝崎驚異の2ホーマー6打点!

5月10日15時~箱崎球場、HOTリーグ第4戦、対テクニカル福岡

<戦評>

2勝1敗で迎えたリーグ第4戦、対テクニカル福岡との試合はいきなり初回から動きました。1回の表を3者凡退に抑え、後攻の山笠の攻撃は先頭の1番牟田口が三振を喫するも、好調2番藤岡が高々と上がるライトへのエンタイトルツーベースで出塁すると、続く3番畠中が四球で繋ぎ1死1.2塁とした場面で、この日欠場の佐々木に代わり4番に入った桝崎が流れを一気に引き寄せるライトへのスリーランホームランで初回3点を先制!

投げては先発の三浦が4回までを被安打1本に抑える好投見せるも、疲れが見え始めた5回表に先頭の8番にツーベースを打たれると、1死2塁から1番打者にセンターへのタイムリーを許し3対1

三浦を援護したい打線はその裏、2死から2番藤岡が四球を選び出塁すると、すかさず盗塁を成功させ2死2塁。この場面で3番畠中が四球を選び2死1.2塁となり、初回と同じようなチャンスの場面で4番桝崎がゆっくりとバッターボックスへ。

そして期待を一身に背負い捉えた打球は美しい放物線を描きながらグーーンとライトポール方向へ。ライトポールを切れるか、巻くか。主審がグルグルと腕を回した瞬間、ベンチ総立ちなんとこの日2本目のスリーランホームランで1対6。

最終回の6回表に3イニング連続となる先頭打者に2塁打を許し、9番にタイムリーを浴び2対6となるも、最後は2死満塁からのショートゴロを馬場が倒れこみながら好補しセカンドホースアウトとしゲームセット。三浦の粘りの投球と、4番桝崎の3打数3安打、全打点となる2ホーマー6打点の活躍で見事勝利しました!

<総括>

これぞ4番の働き!ホームランおかわりで6打点!元来スラッガーではあるが、未だ全く衰え知らず。一発が欲しいときに一発が打てる、いや、2発打てる!これがまさしく主砲。この主砲がうちには畠中、佐々木、桝崎。左!右!左!と3人いるのが打の最大の魅力

このクリーンアップの前後がまた大事になってくるが、前を打つ2番藤岡が、今シーズン4割超えのハイアベレージで好調をキープ。後は1番に誰が収まるかがポイント。過去の実績を考え高村か、足と一発のある馬場か、牟田口か。トーナメント初戦まで残り1ヵ月。1番の座を掴む争いから目が話せない

スコア:6対2
バッテリー:三浦―藤岡
勝ち:三浦
本塁打:桝崎×2
2塁打:藤岡:
安打:藤岡、桝崎、石井雅
打点:桝崎×6
盗塁:藤岡×2
四球:藤岡、畠中×2、三浦
※三振:牟田口、馬場、大坪、安森
MVP :桝崎

プライドジャパン甲子園大会!

ここ数年、リーグ戦と並行しマルハンドリームカップビクトリー杯2つの全国大会オープントーナメントに出場する体制をとってきた。過去には、西日本軟式野球決勝大会や、西日本審判協会主催各リーグ選抜トーナメント大会等にもエントリーしてきたが、大きな違いは勝ち上がった際、全国大会まで行けるのか、福岡県優勝止まりなのかという点。やはり、“全国大会へ向けて”というのが大きなモチベーションだ。

更には、九州大会の決勝戦や、全国大会で使用する球場なども大きな魅力。マルハンは九州大会決勝がヤフオクドーム、全国大会は東京ドーム。ビクトリー杯は九州大会決勝がヤフオクドームで、全国大会は大阪ドーム。このドーム球場での試合は野球人なら誰しも経験したい場所(聖地)。

ということで、毎年マルハンにエントリーしてきたのだが、なんと今年は開催しないらしい。代わりにスポンサーが変更され、第1回ゼビオドリームカップなるものが開催される模様。はて、どうしよう。既にビクトリー杯へのエントリーは完了しているため、後1つをどうしようかと思案していたところ。

header[1]

他に魅力的な大会がないか調べてみると、「全国草野球サイトプライドジャパン」なる組織を発見!このサイトが運営する大会はいくつもあり、その1つにプライドジャパン甲子園大会というトーナメントがあり、東日本大震災復興事業の一環として東北地方での開催からスタートし、年々規模を拡大しながら開催。昨年の2014年大会には全国各地から315チームが参加し甲子園を目指すという大会。素晴らしい

44_20150319125244_14254taikaiimage2[1]

早速プライドジャパンサイトへエントリー完了!すると新規エントリーチームとして山笠クラブがトップ画面に登場してる!後は出場したい大会へ申し込むだけだが、第1回ゼビオドリームカップにするか、プライドジャパン甲子園大会にするかメンバーに相談してみよ。

現在の山笠クラブメンバーの中で高校野球で甲子園出場経験があるのは、高波(熊本工業高校)、敷根(熊本工業高校)、大坪(佐賀東高校)、井浦(西日本短期大学附属高校)の4人のみ。羨ましい。甲子園で野球がしたい!土を持って帰るくだりして~。

フラッシュ用甲子園募集[1]
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。