スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビスパ福岡!まさかの開幕3連敗で単独最下位!

プロ野球開幕に先駆け、2015年Jリーグが一足早く開幕しました。基本的に今年もJ1が土曜日開催で、J2が日曜日開催となっているので、盟主アビスパ福岡の観戦に行けるかどうかは野球との兼ね合い次第

さて、2013年は14位で、2014年は16位とプシュニク監督時代の2年間は期待を大きく下回る成績でしたが、今オフは“中型”補強に成功。MF末吉(大分)、DF中村北斗(大宮)、MF鈴木惇(東京V)というかつて福岡でプレーしており、サポーターに愛された選手をチームに復帰させて、さらにはMF亀川(湘南)、DF濱田(浦和)、GK中村航(柏)など年代別代表で活躍した選手の獲得にも成功しました。

攻撃的なポジションはMF城後やMF金森やFW酒井宣といった軸の選手の引き留めに成功しましたが、新戦力と言えるのはFW中原貴(仙台)くらいなので、こちらは「現状維持+α」と言えます。顔ぶれ的にはほとんど変わらない攻撃陣がどこまでできるのかが上位進出のカギと言えますが、昨年もシーズン折り返しまでは入れ替え戦圏内(6位)に位置していましたし、メンバー自体はまずまずといったところ。監督初挑戦となる元日本代表のレジェンド井原監督がどういう采配をするのかという点に大きな注目が集まりました。開幕前の井原監督の目標は1年でのJ1昇格を高らかに宣言!

さて、J2リーグが開幕して3戦が終わりここまでの成績はなんと!

開幕節 対京都●1-3
第2節 対愛媛●1-2
第3節 対札幌●1-2

ご覧のとおり開幕3連敗でJ2リーグ唯一の勝ち点なし。守備崩壊で3戦で7失点、22チーム中22位の最下位と散々な結果となりました。

3試合ともテレビしか見ていないので判断が難しいですが、傾向としましては前半は自陣深くに引いてとにかく守るという感じですが、前半の早い段階で失点し、更に追加点も許す。後半は相手がある程度引いて来たり運動量が少なくなってきて攻めに転ずるも勝ち点を獲得するには至らずといったところです。

近年のアビスパは名将を招聘してくるのではなく、新人監督や外国人監督など未知数な部分が多い監督を就任さる傾向にあります。期待されている元日本代表主将アジアの壁井原さんも監督としては新人です。過度な期待はしないようにはしていましたが、この連敗と試合内容を見る限り、チーム作りにはかなり時間を要するでしょう。アビスパは去年の16位のチームです。監督が代わったからといって即J1昇格出来るほどJ2は甘くなく、楽に勝てるチームなどありません

過去、J1昇格へ導いた松田監督や篠田監督の時もチームとしてすぐに結果が出たわけではありませんので、井原監督も今は苦しいでしょうが、コンセプトをはっきりさせ明確なビジョンを打ち出したうえで、しっかりチームの土台とカラーを作りを行ってほしいと思います。

今、気になるのは監督就任以降守備に時間を費やした割にはあまりにも守備に穴があることです。前田監督時代もそうでしたが組織的な守備は全員が同じ方向を向いていないと機能しないので集中出来ていない選手が何人かいる前後半の試合の入りは失点のリスクが高いのです

そして先に失点すると厳しいスタイルでもあります。前田監督の時がそうでしたが1年目は土台作りとして結果度外視で戦い、結果が出ない上に組織的な守備のスタイルは守る時はもちろん動きが少ないですし、攻撃の時も流動的に動いてしまうとボールを失って守備に切り替わった時にブロックが崩れてしまうので外の選手が中に入って来たり後ろの選手が前の選手を追い越して行く動きが少なく内容も面白くないと言う事で多くのサポーターが去っていった苦い経験があります。

理想としては組織的に守りつつもDFラインを上げてコンパクトなブロックを高い位置で作ってボールを高い位置で奪えば失点を減らしながらロングボールのカウンターに頼らない相手に主導権を渡さないサッカーが出来ると思います。しかし、それを実行に移すには高度なチームの完成度が必要です。

去年までは攻撃に力を入れたチーム作りでしたが、石津と金森が不在になった途端点が取れなくなり、失点は相変わらず減らないという負の連鎖になっていたので、守備の修正から入るのは十分理解出来ますが、攻撃の形が見えないという課題が開幕しても見えてこないことも問題です。

以上のように課題は山積みですが、我々サポーターが出来る事は監督、選手を信じ声援を送り続けること。苦難の先に栄光がある。俺たちの街にはアビスパがあると胸をはって言えるその日まで、歌い続ける!俺たちが「FUKUOKA!」

スポンサーサイト

対九州古賀戦!投打が噛み合い今期初勝利!

3月15日15時~雁の巣9番球場、HOTリーグ第2戦、対九州古賀

<戦評>

スージーズとの開幕戦に敗れ迎えたリーグ第2戦はこの日ダブルヘッダーの九州古賀との戦い。
13時~の新加入oldスラッガーとの第1試合をコールド勝ちして勢いにのる九州古賀打線を抑えるべく先発のマウンドに上がったのはエース三浦。初回、1番2番を連続三振に打ち取ると、2回まで1人のランナーも許さない完璧な立ち上がりを披露

三浦を援護したい打線は2回、6番安森、7番大坪が連続四球を選び出塁すると、8番三浦の場面で1塁大坪が飛び出し挟殺プレーになるも、これが送球エラーとなる間にそれぞれランナーが進塁し無死2.3塁とチャンス拡大。しかし8番三浦、9番石井康、1番高橋が倒れ無得点

ビックチャンスを逃した直後の3回表には三浦が制球を乱し先頭から2者連続四球を与えこちらも無死2.3塁のピンチを迎えるも、後続を打ち取り互いに得点を許さない緊迫した展開

試合が動いたのは3回裏、この回先頭の3番井浦が1塁線を痛烈に破る2塁打で出塁すると、続く4番佐々木が打った瞬間それと分かるレフトへのツーランホームランで2点を先制すると、続く3回にはこの回先頭の8番三浦がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、2死となるも、2番藤岡がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち貴重な追加点を奪取。

勢いにのる打線は更に5回、この回先頭の4番佐々木がこの回から代わったピッチャーからレフトへの2塁打で出塁すると、続く5番馬場もレフトへのタイムリー2塁打、続く6番安森が四球を選びチャンスを広げると、7番大坪が1.2塁間を破るライトへのタイムリーで6点目。この後2死となるも、最後は1番高橋のショートゴロをファーストがエラーする間に大坪が7点目のホームを踏み5回コールド勝ち

三浦は参考記録ながら、5回を投げ4与四球もノーヒットノーランを達成しました!

<総括>

煮え切らない展開を打破したのは4番佐々木の一撃!相手ピッチャーが投じた緩いカーブをギリギリまで引きつけフルスイングした打球は、レフトの頭上をはるかに越え隣の球場のセカンド付近に着弾する超特大ホームラン!この一発で火が点いた打線はチーム7安打中6本が長打と重量打線の本領を発揮。開幕戦とは打って変わり、タイムリー4本と要所で打線が機能しました。

一方、先発の三浦は参考記録ながら早くもノーヒットノーランを達成。時折コントロールを乱す場面があるものの、球威、キレは開幕2戦目としては上々。本人はまだまだと語るも、このまま順調に調子を上げていけば、夏には手が付けられなくなっているであろう。

三浦のノーヒットノーラン等の快投はもはや珍しいことではないのだが、今回注目すべきは捕手が藤岡という点。これまでの記録を作ってきた試合でバッテリー組んでいたのは全て高波であったが、今回は藤岡。これはチームにとっても大きな収穫。捕手が変わることでパフォーマンスが変わるのは当然だが、パフォーマンスを落とすことなく力を発揮出来るのは、投手としての総合力の高さだ

この背景には当然藤岡のセンスが光る。高校時代捕手経験があるものの、本来は内野手でありそのブランクは否めないが、リード、キャッチング技術が試合毎に向上しているのが分かるし、ワンバウンドの変化球を後ろに逸らす回数が圧倒的に減少している

これにより三浦は思いきり決め球にスライダーを投げ込めるわけだ。そして藤岡の最たる魅力は肩。取ってから早いというより、自肩が強くコントロールが素晴らしい。毎回、試合の序盤で盗塁を刺すので、その後相手チームが足を使ってこなくなるケースが多く、これは三浦が走者をあまり気にせず投げられる大きな要因だ。高波or藤岡と2つの捕手オプションを持つことの意味は大きい

さぁ、投打ががっちり噛み合い完勝!2戦目にしては上出来。今大事なのは内容、内容さえよければ結果もついてくる

スコア:7対0
バッテリー:三浦-藤岡
勝ち:三浦
本塁打:佐々木
2塁打:井浦、藤岡、三浦、佐々木、馬場
安打:大坪
打点:佐々木×2、藤岡、馬場、大坪
盗塁:馬場
死四球:井浦、佐々木、高橋、安森×2、大坪、馬場
※三振:馬場、石井康、高橋、安森
MVP :佐々木(先制2ラン)

統一地方選挙と政治と金の問題

野球が雨で流れたんで、久々政治の話でも。

今年の4月には統一地方選挙があります。皆さん選挙にどんなイメージをお持ちでしょうか?このところの投票率の低さからも一目瞭然のとおり、特に若い世代の選挙(政治)離れは深刻です。今回は間近に迫った統一地方選挙について書いてみたいと思います。

なぜ“統一”かというと首長や議員の任期が4年で基本的に同じ時期に選挙が行われからです。戦後、新しい制度でよーいどんで地方議会をスタートさせたのが1947年。2015の今年は65年目(4の倍数)の統一地方選挙ということになります。

4年前を思い返してみますと、私は会社からの出向で福岡市議会議員候補の事務所に丸2ヵ月間詰めていました。その4ヵ月前には福岡市長選挙でも2ヵ月間出向してましたので、あの期間は半年間のうち5ヵ月弱の間選挙をしていたことになります。

4年前の2011年3月11日に未曾有の大地震が東日本を襲いました。それに伴い、国難と呼べる被害・被災を受けています。救援・復興のため、今は選挙するべきではないという意見も多かったようです。

実際、被害の大きい岩手県や宮城県では選挙が延期となりました。千葉県では液状化の激しい浦安市が選挙の断行に反対し、みんなの党は国会の政党で唯一、統一地方選の実施に反対をしていました。

確かにこのような状況の中で選挙はそぐわないのかもしれない。自粛ムードがこの国を覆う中、選挙活動の自粛の申し合わせも。街宣車によるマイクの自粛などが行われ、国民感情としては、こんな時に選挙で盛り上がる雰囲気でもなく納得というところ。

選挙告示の1ヵ月以上前から事務所に詰めていた私は、選挙を実施しても報道なども少なくなるだろうし、関心も高まらないまま投票日を迎えることになるのではないか。投票率が上がらないだろうな、現職や大きな組織をバックに持つ候補有利。そんな憶測をしていました。

こんな状況でなぜ選挙をするのか。政府に対する批判はごもっともであります。理屈も通っています。しかし、選挙は行われました。選挙の経験がある者からすると断行する側の理屈も分かります。そこには政治家や選挙のリアルがあります

前回、東北の甚大な被害の地区以外の選挙が断行された理由。それはお金でしょう。身近で実感できるところで言えば公営掲示板です。公園や公民館、公立小中学校の前に公営掲示板が設置されています。選挙の延期が決定した場合、あれを撤去し再設置が必要です。延期が1ヵ月程度ならば、投票日の部分の張り替えで済むでしょうが。

公営掲示板は目に見える形のものですが、お役所の中の選挙管理委員会はほぼ全ての準備を終了させているはずです。それを全部、もしくは一部をひっくり返すというのは並々ならぬ労力です。この延期を決定するのがお役所と考えると延期を渋った心理も分かります。

これを全国で延期した場合のコストはかなりのものだと思います。具体的な金額は分かりませんが、何百億円のレベルでは?

労力などを支援に割け!と言いたい気持ちも分かりますが、要するにそのコストと効果を検証する間もないまま、選挙期間に突入した感じです。そういうのは政治判断ですぐ決まるんだから、当時首相を務めていた菅総理や民主党政権が、バシっと決めればいいんだ!という意見もあるでしょう。しかし、政治家だからこそ決断できなかったのではないかと思っています。

ここで確認をしておきたいのが、選挙にかかるお金の件。今度はお役所ではなく、政治家や候補者にかかるお金。公職選挙法で定められている法定選挙費用。ようするに法律で定められた選挙費用の上限です。これは選挙の規模(選挙区の広さや首長か議員か等)にもよりますが、多くの地方選挙は1000万を超えるような法定選挙費用はないのではとお考えではないでしょうか?

選挙でどれくらいのお金がかかるの?人生の大一番ということで、貯蓄や寄付、借金をつぎ込めば何とかなるという感じ?1000万を超えるわけないよね?等の質問をよく受けます。しかし、実際はそれより多くのお金がかかります

え?それって選挙違反では?法定選挙費用(平均700万弱)を超えてる。やっぱり政治って金の問題が…。ばれないように報告しないお金があるのでは…。

ここで冷静に考えてもらいたいのです。告示当日によーいどん!で選挙が始まるのかどうか。告示前にも係わらず、家のポストにたくさん入っていませんか?始まってもいない選挙のビラが。既に選挙は始まっているのです!(正確には始まっていません※後述)

先ほどの「法定選挙費用」というのは、選挙期間(告示から投票日前日まで)に使用するお金の制限ですので、選挙期間以前(告示より前)の費用は含まれません。要するに告示期間以前からビラの配布などで費用はかさむのです。実際に告示期間しか運動しない人なんていません

これを聞き、多くの人が公選法なんてザル法ではないかと思ったでしょう。しかし、ほとんどの陣営は法令違反をしているわけではありません。選挙期間以前にビラをまくことは何ら法令に反する行為ではないのです。重箱の隅をつつくというか、法律で想定していない事例というか。ザル法と言われればそれまでなんですが、ある共通認識があります

ポストに入っているビラをよく見てみてください。実は、「◯○へ投票してください!」「みなさんの清き一票を」とは、一言も入っていません。(入ってたら違反なので通報してください)ビラには「後援会」「◯○党(政党名)」「事務連絡」などの文字が必ずあります。

つまり、このビラは選挙活動として撒いているビラではありません。へ理屈極まりないのですが、政治活動ないしは後援会活動なのです。「◯○党」の党勢拡大のための活動は政治活動です。

だから◯○党のビラに「髙島宗一郎のこれまでの取り組み」が書いてあるのは、◯○党の政治活動の一環ですから、何ら選挙に関する取り組みではありません。

「即戦力!山笠太郎」の後援会に入りませんか?これは後援会の活動ですから、市議選や県議選への投票を呼びかけているわけではない。突っ込みどころ満載なんだけど、これは決して黒にはならない法律の解釈なんてこんなもんです

やや話がそれましたが、こういう活動が選挙期間よりも前にあります。これにも多くの費用がかかるのはご推察いただけるのではないでしょうか。つまり選挙がじりじりと延びるというのはスタッフを抱え、事務所を構えている政治家や候補者にとっては死活問題

以前、安倍→福田→麻生と総理が1年で交代した期間がありました。この時、安倍首相が退陣した辺りから解散風が吹いていました。政権党の自民党ですら、事務所を構え選挙モードに。民主党も倒閣だ!ということで事務所を構えるよう指示。しかし、結局2年も解散が延びたということがありました

この時の各陣営は非常に財政的に厳しかったようです。事務所を構える、人を雇う、ビラを作る、ビラを撒く。政治活動をするにしても、お金はたくさんかかります。一度開いた事務所を、一旦閉じる事務所もあったと聞きます。

話がタイトルから大幅にそれました。統一地方選が延期できない理由にこのお金の問題もあるのでは?各陣営の財政ががもたない。政治家だからこそ懐事情が分かる。分かり過ぎる。4年前当時首相の菅直人も2回落選して初当選です。浪人の辛さが痛いほど分かる。選挙は、延期しない方が良い。政治家の正直な心情の吐露です

政治と金の問題。
実は私腹を肥やすためではなくても金がかかるのが政治。これが正しい政治なのかどうかはおいておいて、今の制度で選挙を戦おうとするとこうなるのです

この考察から、政治と選挙についての関係や、お金のかからない政治(ネットの活用など)はどうすれば良いのか。考える契機になれば良いなと切に願います。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。