スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!3人の投手で完封リレー!

10月26日13時~上月隈第2球場、HOTリーグ第10戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

残すところレギュラーシーズン残り3試合となりました第10戦、対福岡オリオンズとの試合、先攻の山笠は2回、2死満塁と絶好の先制のチャンスを迎えるも、9番石井康が空振り三振に倒れ3者残塁

しかし、続く3回この回先頭1番浅尾が内野安打で出塁した場面で、2番高橋のセカンドゴロにより浅尾がセカンドフォースアウトとなりランナーが入れ替わると、ワイルドピッチで1死2塁。このチャンスで、3番馬場は空振り三振に倒れるも、続く4番佐々木が捉えた痛烈な打球は快音を残しセンターへこの当たりで高橋が2塁から一気に生還し1点を先制

一方先発マウンドへ上がったのは、春先以来の登板となった石井康。ブランクから不安視された立ち上がりも、キャッチャー藤岡の好リードにより初回、2回と三者凡退に抑えるピッチングを披露。

しかし、無失点1対0で迎えた4回裏、疲れからか先頭の2番、続く3番に連続四球を与えたところで、サードを守る浅尾へ早目の継投を選択この無死1.2塁のピンチで、4番をセカンドフライ。さらに続く5番、6番を連続三振に打ち取り見事ピンチを脱出

イニングをまたぎ5回を抑えたところで、最終回は万を持してエース三浦を投入。2死からヒットを許し、尚も続く打者の場面でエラーと悪送球が重なり2死2.3塁と一打サヨナラのピンチに陥るも、最後はギアを上げ直し、6番打者を外角低めのボールで空振り三振に打ち取り初セーブ。緊迫の展開を制し1対0で勝利しました。

<総括>

今シーズンのトーナメントが全て終了している現状、モチベーションは初のホットリーグ制覇に向けられている。この日の勝利で勝ち点を20に乗せ勝ち点19のスーパープラトニクスをかわしCパート暫定首位

残り試合がスパプラの方が1試合多いため、マジック点灯はならないものの、残り2試合(ルーラーズ戦、ハタックス戦)を2連勝すれば、少なくともワイルドカードでの決勝大会進出は決定する好位置に付けている。

それもこれもこの日の福岡オリオンズ戦に勝利したことで得た結果だ。この試合、エース三浦を温存し、石井康を久しぶりの先発マウンドへ送り込んだが、この采配がズバリ的中。心配された立ち上がりも、2回までを連続3者凡退に抑えこみ流れを引き寄せると、3回表の4番佐々木のタイムリーを呼び込んだ。

ターニングポイントは4回。久々の登板で疲れもあってか、突如制球を乱し2連続四球を与えたところで、スパッと浅尾への継投を決断継投のタイミングの大事さはこの前経験したばかり

勝ち投手の権利目前だったが、嫌な流れを断ち切る意味でもあそこの交代は正しい判断であった。結果は浅尾が見事起用に応え二飛→三振→三振と無失点でこのピンチを切り抜け、最終回の三浦にバトンを渡す盤石のリレーでシャットアウト勝利!

この勝ちは大きい!自力での決勝大会進出へ後2勝!視界良好

スコア:1対0
バッテリー:石井康→浅尾→三浦ー藤岡
勝ち:浅尾
セーブ:三浦
安打:浅尾、佐々木、三浦×2
打点:佐々木
盗塁:三浦
四球:佐々木、安森、石井康
MVP :佐々木(勝利打点)
スポンサーサイト

ビクトリー杯福岡県大会決勝!最終回に悪夢が。

10月5日9時~ふれあいスポーツ広場(岡垣町)、2014ビクトリー杯福岡県予選決勝、対北九州レッドブルズ

<戦評>

勝てば2年振りの県代表となる福岡県大会決勝、対北九州レッドブルズとの一戦。先攻の山笠は初回、打順を組み替え1番起用の好調浅尾が、いきなりセンターオーバーのヒットを放つも、フェンスに当たって跳ね返ったクッションボールから、見事な返球がセカンドへ送られ、果敢に2塁を狙いましたがでタッチアウトとなりワンアウト。

しかし、この日3番に入った馬場が甘く入ってきたスライダーを振り抜き、右中間へのソロ本塁打を放ち、初回幸先よく1点を先制

しかし、その後毎回ランナーは出塁するものの、後1本が出ずに迎えた6回、継投3番手でマウンドに上がった速球派のピッチャーから、馬場が三振を喫するも振り逃げで出塁。すかさず盗塁を決めると、更にワイルドピッチで、無死3塁と絶好の追加点の場面。ここで打席には期待の4番佐々木でしたが、敢えなく空振り三振を喫するも、またもワイルドピッチとなり馬場が迷わずホームへ突入するも、クロスプレータッチアウト

膠着状況が続き流れを掴めないなか、先発の三浦は1回に馬場がソロ本塁打で上げた虎の子の1点を、6回まで相手打線を被安打僅か2本に抑える貫禄のピッチングを披露

しかし、迎えた最終回に劇的な幕切れが待っていました。

好投を続けるも、援護に恵まれずプレッシャーの係る最終回の先頭4番打者にフルカウントから四球を許すと、続く5番にも連続で四球を与え無死1.2塁。ここでタイムをとりこの大会通じて初めてマウンドに輪が出来た

本人の投げますと言うエースの責任感に懸け続投を選択。気合いを入れ直し、続く6番をレフトフライに打ち取り1死1.2塁となり迎えるはスタメン7番に代わる代打打者。ポンポンと2球で簡単に追い込みツーナッシングで投じた、3球目。この日唯一すっぽ抜けた甘いスライダーを捉えられると、打球は無情にもセンター佐々木の頭上を越え、なんと、代打逆転サヨナラスリーランホームラン

ここまで三浦の完全試合、ノーヒットノーランと華々しく勝ち上がってきましたが、最後の最後に力尽き、悲願の九州大会進出は叶いませんでした

<戦評>

「野球は筋書きの無いドラマ」とは良く言ったものだ。誰がこんな劇的な幕切れを予測出来ただろうか。2塁線審がグルグルと右手を廻した瞬間、相手選手全員がベンチを飛び出し拳を突き上げる。一方、痛すぎる一発を浴びた三浦を筆頭に、山笠ナインはただ呆然とその場に立ち尽くした

後1歩、いや、あと半歩のところまで代表の切符を掴みかけていたのは間違いない。スポーツにおいて「たら・れば」は禁物であるが、あの場面、振り返れば継投という選択肢が正解であったかもしれない。そもそも、6回裏の時点で三浦の歯車は徐々に狂いかけていた。球が上ずりだし、コントロールを気にする余り、自慢の球威が極端に落ちかけていた。

続投か継投か。継投するのであれば、右には浅尾、左には大賀。浅尾は過去に1度しか山笠のマウンドに上がったことはないが、リーグ戦で強打高陣打線を1失点完投した記憶は鮮明に焼き付いている。心配ない。大賀は3年前の東北楽天ドラフト1位、東福岡高校、森雄大とともに当時福岡最強と言われたヒガシのトリプルエースの1人である(もう一人は野原総太)

最終回を迎えるにあたり、相手の打順を確認すると4番以降右打者が並んでいる。そこで浅尾に「展開によって、途中スイッチの可能性あるぞ」と伝えていたが、結局、最後は三浦に全てを託すことに。エースと心中、決めたのは私。三浦は良く投げた。ここまで勝ち上がってきたのは三浦の好投なしでは語れない

帰りの車の中で、「スイマセン」「悔しいです」「みんなに申し訳ない」と何度も言っていた。そして、来年は「もっと成長しますので、必ず全国に行きましょう」と。

この言葉を聞いて思いました。負けはしたが、とてつもなく大きなモノを得たのではないかと

道を切り開くのは自信と勇気!来年は行こう!全国へ!
三浦、藤岡、浅尾、大賀、若林!そして井浦!君たちが今年の主役であり、山笠の明るい未来だ!

最後に、北九州レッドブルズさんの九州大会でのご健闘を祈念致しております有難うございました

スコア:1対3
バッテリー:三浦ー高波
負け:三浦
本塁打:馬場
安打:浅尾、若林×2、石井康
打点:馬場
盗塁:浅尾、馬場
四死球:浅尾、佐々木、若林
※三振:藤岡、馬場×2、佐々木、大賀、石井康×2

ホークス優勝の瞬間を目の当たりに!

これまで何度もヤフオクドームで試合を観てきたが、過去最高の試合を山笠チームメイトの崎しんちゃんのおかげで観戦することが出来た!レギュラーシーズン最終戦、勝てば優勝が決まるプラチナチケットがあるからドームに来ないかとシンジから連絡があったのは18時30分。まだ会社で仕事をしていたが、そこからダッシュ1時間で仕事を切り上げいざヤフオクドームへ


ドームには裕司も来ており、いざ着席!3塁側のチョー観やすい神席!!シンジありがとー!

結果はご存知のとおり、秋山監督が号泣し、本拠・ヤフオクドームで7度宙を舞った。ソフトバンクが今季最終戦でオリックスを下して3年ぶり、1リーグ時代を含め18度目(ソフトバンクとしては3度目)のリーグ優勝。同点の延長10回に松田がサヨナラ打を放ち、4時間23分の死闘にケリをつけた。最終戦にサヨナラで優勝を決めたのは史上初という劇勝だ。

相当苦しかっただろう。9月16日のオリックス戦(京セラD)に勝ち、マジック点灯に王手をかけてから、今季初の5連敗など、10試合で1勝9敗と大失速。4.5ゲーム差あった2位のオリックスとは、試合前の時点でゲーム差なし。9月25日の楽天戦(ヤフオクドーム)からは3試合連続で押し出し四球を与えるなど、最後までマジックは点灯しなかった。同26日の楽天戦後、今季限りで辞任する星野監督に花束を渡した際、本拠地のスタンドからは「お前が辞めろ」と厳しいヤジも飛んだ。

しかし、心は折れていなかった。「こういう経験が(今のチームに)足りない。こういう経験が強いチームを作る」と語っていた秋山監督。

なるほど。たしかに、これだけのプレッシャーをはねのけ、リーグVを勝ち取った選手たちなら、苦手CSも突破し、日本一奪回も現実味を帯びてきている

最後に印象的だったのは、逆転優勝を逃したオリックスの森脇監督の言葉
敗軍の将、兵を語らず。負けた責任は僕にしかない

かっこいい。こんな監督だから選手は力を発揮出来るのだろうな。見習わなければ。

さぁ山笠クラブもいよいよ今週末に福岡代表を決める決戦を迎える!相手は北九州レッドブルズ。対戦がないうえに、北九州まで遠征してのアウェーゲームではあるが、勝つしかない。後3勝でヤフオクドーム!ホークスが劇的優勝を決めた舞台で俺たちも

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。