スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー杯準決勝!またも三浦快挙達成!

2年振りの福岡県代表を目指し行われたビクトリー杯準決勝、対レッドチェイサー。実は先月に続き2度目の対戦である。何故かというと、遡ること8月14日17時~雁の巣硬式1番球場に同カードにて“幻の準決勝”を行ったからである。

なぜ幻になったかというと、日程調整の都合上、当日15時~準々決勝、対チーム日本一戦を雁の巣球場にて行う予定にしていて、勝った場合、続けて(ダブルヘッター)準決勝を行わせてもらうようレッドチェイサー寺川代表へ話しを持ちかけていた。尚、山笠がチーム日本一に敗れた場合は、山笠クラブ対レッドチェイサー戦は練習試合になる旨を伝えていた。

ところが、数日前に準決勝の相手チーム日本一が当日の試合が難しくなり延期が決定。そこで、変則ではあるがチーム日本一と対戦する前にレッドチェイサーとの準決勝を行うことになったのだ

この事情を試合前に寺川代表に話し、了承を得たうえでプレイボール。簡単に当日の戦評を記します。

8月14日17時~雁の巣硬式1番球場、対レッドチェイサー

<戦評>

初回、2番牟田口がライトへ2塁打で出塁すると、続く3番井浦がセンターオーバーのタイムリー3塁打で幸先よく1点を先制すると、3回には4番佐々木のタイムリー2塁打と、5番若林の犠牲フライにより2点を追加し3対0。終盤5回には3番井浦、4番佐々木のタイムリーなど一挙3点を追加しダメ押しに成功

投げては先発の三浦が、3回までを1人のランナーも許さない完璧な立ち上がりを見せると、4回にエラーで出塁のランナーを唯一許した被安打がタイムリーとなり1失点を喫するも、5回を投げ被安打1、与四球1、奪った三振は毎回の5奪三振と抜群の投球を披露し降板。最終回となった6回は三浦からマウンドを譲り受けた井浦が3人で締め6対1で勝利しました。

スコア:6対1
バッテリー:三浦→井浦-高波
勝ち:三浦
3塁打:井浦
2塁打:牟田口、佐々木×2
安打:井浦
打点:井浦×2、佐々木×2、若林
盗塁:高波
四死球:馬場、牟田口、若林、高波、三浦
※三振:馬場、佐々木、桑原、高波×2、三浦、石井康×2
MVP:井浦(勝利打点)

と、まぁ、勝利を収めたのだが、その夜。大会事務局よりお達しがあり、やはり先に準々決勝を終わらせてから準決勝を行ってくださいとの連絡。まぁ確かにそうでしょうね。寺川代表に再度連絡を取り、9月21日の再戦という運びとなったわけである。

そして、以前のブログで報告したとおり、準々決勝チーム日本一に三浦の完全試合達成により見事勝利し、改めて9月21日15時~香椎浜第2球場、2014ビクトリー杯福岡県予選準決勝、対レッドチェイサー戦!詳しく報告したいのですが、当日私が会社慰安旅行により欠席したため戦評できません。

結果お知らせします!なんと、な、なんと!三浦ノーヒットノーラン達成初回4番佐々木が上げた虎の子の1点を守りきり、スミ1の1対0で勝利!見事2年振りの決勝進出を決めております。

スコア:1対0
バッテリー:三浦-高波
勝ち:三浦
2塁打:浅尾
安打:大坪、浅尾、佐々木、高橋
打点:佐々木
盗塁:浅尾、桑原
四死球:桑原、三浦
※三振:馬場×2、大坪、佐々木、高波、高橋、
MVP:三浦(ノーヒットノーラン)
スポンサーサイト

対ワンビックファミリー戦!決勝大会進出へ大きく前進!

9月14日15時~雁の巣5番球場、HOTリーグ第9戦、対ワンビックファミリー

<戦評>

4勝2敗2分で迎えた、リーグ第9戦の相手は、過去通算成績2敗1分と負け越しているワンビックファミリー
主導権を握るため先制点が欲しい中、打線は2回、この回先頭の5番高波がライトエラーで出塁すると、すかさず初球に盗塁を成功させ無死2塁。しかし、続く6番桑原、7番石井雅が倒れチャンスが潰えたかと思われましたが、8番三浦がライトへのタイムリー2塁打を放ち1点を先制

続く2回にはこの回先頭の1番馬場が四球で出塁すると、快足を飛ばし盗塁を成功させ無死2塁。このチャンスで2番大坪が追い込まれながらも右中間を真っ二つに破るタイムリー2塁打を放ち1点を追加

ダメ押しは5回、この回先頭の1番馬場が内野安打で出塁すると、この試合2つ目の盗塁を成功させると、1死後、3番畠中のセカンドゴロの間に3塁へ進塁し、打者4番佐々木の場面で、相手バッテリーが痛恨のワイルドピッチで馬場が生還し3対0。

投げては完全試合以来の先発となった三浦が7回を投げ許したヒットは僅か2本、奪った三振は、なんと相手スタメン9人全員から奪った二桁13奪三振と、またも圧巻の投球を披露し苦手ワンビックファミリーに初黒星を付けました。

<総括>

この勝利で勝ち点を17に伸ばし、2年連続のホットリーグ決勝大会進出へ大きく前進
同パートに1敗しかしていないスーパープラトニクスがいるため、1位通過は難しいだろうが、残り3戦を全勝出来ればワイルドカードでの決勝大会進出は間違いないだろう。その鍵を握るのは絶好調三浦。ではない!三浦の好投はもはや想定内で、抑えて当たり前、チームのエースに進化を遂げている鍵は打線にある

三浦は高い完投能力を持ち合わせているため、救援を仰がずにフルイニングを投げぬくことができ、防御率は1点台。つまり、計算上は打線はどうにかして2点を奪えば勝利に近づき、3点以上取れば勝利濃厚ということ。

そしてもう1つ大事な鍵は、三浦が欠場した際の投手起用にある。上岡、敷根、塚本の参加が見込めない状況であれば、石井康の奮起(再起) を促しつつ、彼らに代わる第2、第3の投手を想定しなければならない。

ホットリーグを制し、ビクトリー杯に勢いをつける調整の時期はもうとっくに終わっている。求められるのは、打線の爆発

スコア:3対0
バッテリー:三浦―高波
勝ち:三浦
2塁打:畠中、大坪、三浦
安打:馬場、桑原
打点:三浦、大坪
盗塁:馬場×2、高波
※三振:馬場、大坪×2、佐々木×2、石井雅、石井康
MVP :三浦(完封、勝利打点)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。