対焼鳥高陣戦!投打が噛み合い完勝!

6月15日13時~雁ノ巣2番球場、HOTリーグ第7戦、対焼鳥高陣

<戦評>

ここまで2勝2敗2分と全くの五分の星で迎えたリーグ第7戦、ホットリーグの“雄”焼鳥高陣戦!この日は先日の福岡フィナンシャルグループ戦で後1本が出なかった打線が躍動!

まずは2回表、この回先頭の5番高波が四球を選び出塁すると、続く7番三浦はピッチャーゴロでランナーが入れ替わり、7番小田が四球を選び1死1.2塁とした場面で、番石井雅が逆らわないバッティングでセンター前タイムリーヒットを放ち鮮やかに先制!尚も続くチャンスで9番石井康が流れを完全に引き寄せるライトフェンスオーバー、今シーズン第2号スリーランホームランをカチこみ4対0。

追加点は続く3回、先日神宮球場にて行われた全日本大学野球選手権1回戦、対冨士大学戦でサヨナラタイムリーを放ち一躍ヒーローとなった、九州六大学野球ベストナイン選出の4番井浦がライト線を破る2塁打で出塁すると、2死となるも6番三浦が野手顔負けのセンターオーバータイムリー3塁打を放ち5対0。

だめ押しは5回、この回先頭の3番大久保が痛烈なサード強襲内野安打で出塁すると、1死となるも盗塁で2塁へ進塁。続く高波が四球で繋ぎ打席には先程の打席でタイムリーを放った三浦。相手バッテリーが警戒する中、今度は鮮やかなライトへのタイムリーを放ち6点目。

投げても先発の三浦は5回を投げ、タイムリーエラーが絡み2点を失ったものの(自責1点)、許した被安打は僅か1本。最終回はセーブが付かない場面でしたが、初登板となる井浦がきっちりと抑え、投打がガッチリと噛み合い6対2で勝利しました!

<総括>

有言実行(ほぼ)!試合前、ノーヒットノーランを狙いますと宣言していた三浦が、マルハンドリームカップ1回戦敗退の雪辱を果たす快投を披露。惜しくもノーヒットノーランは逃したが、許したヒットは軽くバットに当てられてフラッとライト前に運ばれた1本のみ。

徐々に軟式に慣れだしたことで、変化球でもカウントが取れるようになったことが投球の幅を大きく大きく広げている。悔やまれるのは4回、四球で許したランナーが盗塁で2塁へ進んだ場面で、次の打者が打った打球は大きくバウンドしながらショートへ、ここで前へ突っ込み打球を処理しようとした井浦がバウンドを合わせられず後ろへ逸らす間にランナーが一気に生還。このワンプレーでノーヒットにも関わらず大記録への夢は潰えてしまった

直後にライト前ヒットを許したのは、記録が途絶えた気の緩みからきた事は容易に想像できる。ん~もったいなかったが、今後いくらでもチャンスあるだろうな。それだけの実力があるし。

そして今回、被安打1で勝ち投手となり、打っては2安打2打点とMVPを獲得したわけだが、三浦とMVPを争ったのは、石井雅之(兄)、康之(弟)の石井兄弟!

雅は先制タイムリーの後、審判が1度はホームランと誤審したほどの大きな当たりのエンタイトルツーベースの計2安打1打点。康は貴重な追加点となる3ランホームラン3打点と下位打線2人で4打点!三浦の大活躍の陰に隠れた形だが、2人とも素晴らしい活躍であった。

さぁこれで3勝2敗2分と勝ち星先行この調子で貯金を増やして行こう

スコア:6対2
バッテリー:三浦→井浦―高波
勝ち:三浦
本塁打:石井康
3塁打:三浦
2塁打:井浦、石井雅
安打:石井雅、三浦、大久保
打点:石井雅、石井康×3、三浦×2
盗塁:大久保
四死球:高橋、高波×2、小田、石井康
※三振:高橋、高波、石井雅、石井康
MVP: 三浦
スポンサーサイト

マルハンドリームカップ1回戦完敗。三浦好投も打線が沈黙。

6月1日11時~桧原球場、第8回マルハンドリームカップ1回戦、対福岡フィナンシャルグループ

<戦評>

組み合わせ抽選会から1ヶ月、遂に迎えた初戦にして最強の相手、福岡フィナンシャルグループ戦万全の状態で挑みたかったところでしたが、奇しくも市内小学校の運動会と重なっている影響をモロに受け、主将瀬川、副主将高村を始め、上岡、敷根、塚本の先発3本柱、更には畠中、桝崎、井浦のクリーンアップを欠くという苦しい台所事情の中、先発マウンドに上がったのは、この日全日本大学野球選手権大会(神宮大会)を懸けた平成26年九州六大学野球春季リーグ戦、福岡大学対西南学院大学戦のベンチ入りメンバーから最終的に外れた為、大一番で先発登板の機会が巡ってきた、未だ軟式負け知らずの三浦

その立ち上がり、先頭打者に四球を与えると、盗塁と2番のレフト前ヒットで無死1.3塁といきなりのピンチ。続く3番から三振を奪うも、4番にレフトオーバーの2点タイムリーを打たれ先制点を献上。尚も1死3塁とピンチは続きましたが、投球後にリードからの帰塁が一瞬遅れたランナーをキャッチャー高波からサード浅尾への見事な送球によりタッチアウトにしピンチ脱出

追い付きたい打線は3回、この回先頭の8番大賀が打ちあぐねていた相手左腕からチーム初ヒットとなるレフト前ヒットで出塁すると、9番石井康、1番馬場と連続三振に倒れるも、こから突如制球を乱し2番浅尾が四球、3番高橋が死球で2死満塁。この絶好のチャンスで主砲4番佐々木に打順が廻りましたが、初球を打ち上げ内野フライで3アウト。

その裏2塁打で出塁を許したランナーを、1死3塁と進塁を許した場面で、意識的に叩きつけたサードゴロの間に1点を奪われ0対3。

突破口を見いだせないなか迎えた4回表、1死から6番高波がサード強襲内野安打で出塁すると、続く7番三浦が送りバントを決め2死2塁。続く8番大賀は四球を選びチャンスが広がりましたが、9番石井康が三振に倒れ1点が遠い展開
援護がない中粘り強く投げてきた三浦でしたが6回裏、この回先頭の3番に初回先頭打者以来となる四球を与えると、暑さによる疲れからか更に連続で四球を許しサードゴロの間に失点。

0対4となり迎えた最終回、8番大賀、2番浅尾が代わった2番手投手からライト前ヒットを放つも、最後は3番高橋がレフトフライに打ち取られゲームセット。

放ったヒットは福銀の4本に対し山笠は5本と上回りましたが、要所で後1本が出ず完封負けを喫しました。

<総括>

真っ向勝負。それがこの日のテーマ。勝敗の行方を左右するのは、相手に先制点を与えないことと、つまらないエラーをなくすこと。前回の対戦が1対0という僅差の展開であったこともあり、3度目の対戦となる両チームにとって譲れないポイントも同じだった

そして、真正面からぶつかり合い、熱い投手戦になるのではないかというのが大方の予想だった。しかし、ふたを開けてみれば、あらゆる面でフクギンが圧倒。山笠はヒット数では上回ったとは言え、チャンスらしいチャンスは3回の満塁のみ。この日の試合は、ベストメンバーとは言い難いとはいえ、レベルの差を見せつけられたばかりか、フクギンの軟式野球の“上手さ”が際だった試合であった。

先発の三浦は随所に“大器の片鱗”は見せたものの、初回が悔やまれる。久しぶりの軟式投球で、やはり立ち上がりに苦労してしまい、リズムに乗る前に先制点を奪われてしまった。しかし、タイムリーは初回のみ。2回以降は変化球を織り交ぜ芯で捉えられたあたりはなかっただけに、全国トップレベルの打線に十分通用することは証明できた。

とはいえ、失点している現実は受け止めなければ。打線が一様にコンパクトなスイングを心がけ振り回すことなく、ランナー3塁から高く弾むゴロを打つ技術、一貫して足で揺さぶりを懸けてくる様は簡単に防げる攻撃ではなかった。野手が揃わず、スタメンの布陣変更を余儀なくされたこともあるが、そうでなくても、走る、自分を犠牲にしてでもランナーを次の塁に進めるという2つのポイントにおいて、フクギンは山笠を圧倒した。この試合における4失点は、ある意味で当然の結果だったと言える。

チーム、そして山笠クラブに関わる人たちにとっては受け入れがたいことだが、この日の結果は、現時点でフクギンとの間に大きな差があることを認めざるを得ないものだった

だからと言って下を向いていても何も始まらない。できなかったこと、やれなかったこと自体は恥ずかしいことではない。福岡大学現役硬式メンバーを加えチームとして向上し、メンタル的にも万全な状態で臨んでいたのは間違いのないこと。戦う姿勢がなかったわけではない。大切なことは、フクギンに圧倒されたという事実から逃げず、何故そうなったのかを真摯に受け止め、自分たちに足りなかったものを手に入れるべく、日々の個々のトレーニングに臨むことだ

戦犯探しは意味がない。しかし、連帯責任という言葉に逃げてもいけない。1人、1人が客観的に自分を見つめ、試合に来れなかったスケジューリングを含め、それぞれが個の責任において自分がなすべきことをなすこと。それが何よりも大切なことだ。

最後になりましたが、福岡フィナンシャルグループの選手、スタッフの皆様有難うございました。勉強になりました。是非とも優勝目指して頑張ってください

スコア:0対4
バッテリー:三浦―高波
負け:三浦
安打:高橋、高波、浅尾、大賀×2
四死球:浅尾×2、高橋、大賀
※三振:馬場×4、佐々木、高波、石井康×3
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR