スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テクニカル福岡戦!粘って引き分け!

5月18日13時~西部運動公園野球場、HOTリーグ第5戦、対テクニカル福岡

<戦評>

3月23日以来約2ヶ月振りとなったリーグ第5戦。これまで2勝1敗1分と勝ち星先行の中迎えた対テクニカル福岡との試合の先発のマウンドへ上がったのは石井康。その立ち上がり、先頭打者がレフト前ヒットを放った打球を、レフト牟田口がまさかの後逸でランナーが一気に生還

いきなりのビハインドとなると、2回にはこの回先頭の5番にセンター前ヒットを許し、盗塁を決められ無死2塁とした場面で続く6番にタイムリー2塁打を浴び2失点目。更に7番のセカンドライナーを石井雅が捕球出来ず無死1.3塁とピンチを招くも、続く8番が放ったセンターフライを前進しながら佐々木が好捕!更にタッチアップした3塁ランナーを矢のような送球で捕殺しダブルプレー完成となりピンチ脱出。

2点を追いかける打線は3回表、1死から1番高橋がこの試合初ヒットで出塁すると、2死となるも3番高波が四球を選びチャンスを広げると、突如制球を乱したピッチャーが連続ワイルドピッチで高橋が生還し1点を返すと、尚も2死1.3塁から5番桝崎がセンター前タイムリーを放ち2対2の同点!

しかし、直後の3回裏にタイムリーとエラーにより2点を奪われまたしても追いかける展開。

敗戦ムード漂う中、チームの危機を救ったのは高波と桝崎のバットでした。ゲーム終盤5回、この回先頭の2番牟田口が四球で出塁すると、続く3番高波が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち1点を返すと、1死3塁から5番桝崎がカウント3ボールからの4球目を捉え大きなライトへの犠牲フライを放ち悠々高波が生還し4対4の同点!

試合はこの後、4回以降1本のヒットも許さなかった石井康が粘りのピッチングを披露し4対4の引き分けに持ち込みました。

<総括>

収穫と課題の両方が見つかった試合。課題は、先発石井康の立ち上がり。先頭打者の失点は味方のエラーによるもので仕方ないとして、その後のタイムリーは四球絡みであり、4回以降は2塁すら踏ませなかっただけに、3回までの序盤をいかに乗り切るかは今後の大きな課題だ。

収穫は2ヶ月のブランク明けにもかかわらず、主力のバッドが振れていたことと、2度の2点差ビハインドを追いついた粘りは見事。

こういった試合を落とさないのも大事だが、勝てるようにならなければな

スコア:4対4
バッテリー:石井康ー高波
3塁打:高波
2塁打:馬場
安打:高橋、桝崎
打点:高波、桝崎×2
四球:牟田口、高波×2、佐々木、瀬川、馬場
※三振:桝崎、石井雅×2
スポンサーサイト

第8回マルハンドリームカップ組み合わせ抽選会~後編~

「42番、ふくおかフィナンシャルグループ」
会場がざザワつく。それもそのはず。普通に考えればいきなり対戦したくはない強豪中の強豪だからだ。そのふくおかフィナンシャルグループといきなり初戦で激突。

簡単に紹介すると、軟式野球界の頂点「天皇賜杯大会」に次ぐ権威ある大会「高松宮賜杯全日本軟式野球大会1部」で平成23年に優勝。競技人口の多い全軟Bクラスの大会でAクラスにも劣らないレベルのチームが出場する大会での全国優勝である

昨年には、2013年5月25日(土)・26日(日)、静岡県清水庵原球場・市営西ヶ谷球場で行われた第36回全国選抜軟式野球大会に九州代表として出場。全国から予選を勝ち抜いた12チーム(初出場は6チーム)が集まった中、見事優勝。

つまり全国で1位。もう、説明するのも恐ろしい位強いチーム。

前編にも記した通り、ふくおかフィナンシャルグループとは過去2度の対戦がある。初対戦は2010年の第4回大会の4回戦(準々決勝)。これまで数多くのチームと試合を行ってきたが、紛れもなく過去最強に強いチームであった。

1回戦 対アクサ北九州クラブ 7対0(塚本完封)
2回戦 対田隈チェリークラブ 4対2(馬場、汐井球場にてバックスクリーン直撃の逆転満塁弾)
3回戦 対楽豚 18対0(塚本完封、先発全員安打)

順当に勝ち進み迎えた準々決勝、対ふくおかフィナンシャルグループ戦。3回戦で18点を奪った勢いそのままに初回、先頭の高村がヒットで出塁すると、続く2番黒田が送りバントを決め1死2塁とすると、3番畠中がライトへのタイムリーを放ち鮮やかに先制。絵に描いたような速攻で、この大会ふくおかフィナンシャルグループに初失点を与えたところまでは良かったのだが、なんとこの先発投手が2回で交代。

その後も2イニングづつ投手を代えてくるという贅沢な投手起用を見せられ、奪った得点は初回の1点のみ。その軟式野球の常識を覆す右腕、左腕、速球派から技巧派への継投を見せつけられ大敗。

この試合はエース塚本(柳川高)を欠いていたため、山笠ルーキーズにて日刊スポーツマリン杯全国準優勝を成し遂げた黄金時代のエース石井雅(崇城大)と、塚本と同年代の川上(西日本短期大学附属高)の どちらを先発に起用するか悩んだが、故障明けの石井雅をリリーフへ待機させ、山笠初登板となる川上に先発のマウンドを託したが、強打フクギン打線を抑えることは出来なかった。

雪辱を誓いリベンジの機会が訪れたのは翌年の2011年の第5回大会5回戦(準決勝)。

1回戦 シード
2回戦 対フジクス九州野球部 5対1
3回戦 対ファイターズ 4対0
4回戦 対MALT'S JAPAN 6対0

順当に勝ち進みついに遂にリベンジの舞台。5回戦(準決勝)対ふくおかフィナンシャルグループ戦。相手ベンチを見ると、座りきれないほどの選手の数。すごっ

山笠先発は4回戦までを僅か1失点で投げ抜いたエース塚本をまたしても欠くというピンチに立たされたものの、対フクギン戦秘密兵器、熊本工業高校エースとして甲子園に出場した経歴を持つの敷根(中央学院大)が満を持して登板。キャッチャーは同じく熊工出身のこちらも甲子園ボーイ高波(国士舘大)。

丁寧に低めに集め打たせてとるピッチングが冴え得点を与えないものの、山笠の打線もお家芸の継投にかわされやはり打てない。打てない時は打てないなりの攻め方があるのだが、さすがは堅守のフクギン。穴も隙もない。

0対0の緊迫した展開が続く中、6回表に遂に1点を奪われ1対0完封負け(ベスト4)。もちろん、ふくおかファイナンシャルグループが連続で福岡県大会を優勝し、九州大会も制し代表となった

あの敗戦以来、3年振りの再戦。正直、対戦が決まった瞬間に思い描いた感情は「最悪…。」いや、しかしよくよく考えてみると、そんなに悪いことではない。

全国高校サッカー選手権大会での予選組み合わせ抽選会での、サッカー日本代表本田圭佑のエピソードをご存知だろうか?星稜高校キャプテンとして抽選会に出席した本田が対戦クジをひくとき、 偶然にも抽選箱の中身が見えてしまったという。そのとき目に入ったのは26番の札。優勝候補と目されていた現日本代表岡崎慎司がいる滝川第二高校との対戦となる番号である。しかし、本田はあえてその番号を引き、最初に優勝候補との対戦を選択

理由は「強い相手の方が燃えるから」。

その結果、星稜高校は滝川第二高校を4対3で撃破。その勢いのまま、石川県勢初となるベスト4入りを果たしている

私はこのエピソードが好きだし、カッコイイと思う
ふくおかファイナンシャルグループとの対戦を自ら“選んだ”訳ではないが、“望んで”いたのは事実だ。やるからには強い相手とやりたいし、勝ち進めばいずれ対戦することになるわけで、初戦に強敵を破れば星稜高校のように勢いに乗るであろう。

抽選会が終わり、帰り際に知り合いの審判さんに声をかけられた。「運が悪かったね」
私は本田のエピソードを思い出しながら答えました「そうですか?1回戦屈指の好カードじゃないですか!」

さぁ、やるしかないやろ!見せるぜ、ジャイアントキリングを!

第8回マルハンドリームカップ組み合わせ抽選会~前編~

去る4月29日(火祝)に第8回マルハンドリームカップ全国ベースボールトーナメント福岡県予選組み合わせ抽選会が博多市民センターにて行われた。

今年は全46チームがエントリーし、Aブロック・Bブロックにぞれぞれ23チームずつが振り分けられ、各ブロックを勝ち抜いた2チームが福岡県代表として九州沖縄地区代表決定戦に進出するシステムへ変更された。昨年までは優勝した1チームのみが代表の切符を掴んでいたわけだから、これは喜ぶべき変更である。y(^ー^)yピース!

さて、過去のこの大会での戦績を振り返ってみると、ここ4年間でベスト8が3回、ベスト4が1回

2010年(第4回 ベスト8) 対 ふくおかフィナンシャルグループ(1対11)
2011年(第5回 ベスト4) 対 ふくおかフィナンシャルグループ(0対1)
2012年(第6回 ベスト8) 対 株式会社メトコス(3対4)
2013年(第7回 ベスト8) 対 博工会(0対4)

強豪ひしめく福岡でこの成績は悲観することはないであろう。と、いうのも、我々に勝利した相手チームは4回中3回決勝(うち2回は優勝)へと駒を進めているのだから、負けたとはいえせめてもの救いというものだ。

さて、当然であるが、上記に記載しているような強敵に勝たなければ優勝という目標には当然届かないし、この他にも強豪は数多く存在する。そして、その相手を決める運命の抽選会。受付を行った順番に抽選が行われ、いよいよ山笠クラブの名前が呼ばれた。

くじを引く、43番!やぐらをのぞき込むと、6月1日桧原球場11時プレイボールの枠組みに決定!ん?1回戦の対戦相手は決まってないものの、順当に勝ち上がれば2回戦で早くもメトコスと対戦ではないか。( ´△`)アァ-

メトコスとは上記第6回大会以前にも、マルハンドリームカップに初出場した年の2009年第3回大会の3回戦で対戦の経緯がある。その時の記憶は今でも鮮明だ。真夏の箱崎球場。2点を追う土壇場最終回に主砲畠中のこの試合2本目となる起死回生同点2ランホームランで追いつくも、延長の末(1アウト満塁特別ルール)敗れ、試合後に見せた先発の石井康の悔し涙が今でも蘇る。

リベンジを果たすべく再戦の舞台となったのは2年前の準決勝。この試合でもチームを救ったのはやはり畠中。思い出すだけでも鳥肌が立つほどしびれたシーンがある。当時の様子をブログから引用すると↓

「3点を追いかける5回の攻撃、無死から1番高村、2番高波が連続四死球でこの試合3度目となる1.2塁の場面。打席には3年前のメトコス戦で1試合2本の本塁打を打った3番畠中がゆっくりと左バッターボックスへ。イニング終盤、点差は3点。社会人野球の最高峰JR九州野球部で活躍し、これまで幾度となくチームを救ってきた男。その畠中が捉えた打球はライト方向へと鋭く高く舞い上がった。静まる球場、打球がフェンスを超えた瞬間、天才が拳を突き上げた。起死回生土壇場同点3ランホームラン

結局、最終回に2死2.3塁のピンチを迎え、初回ホームランを打たれた当たっている3番中村さんを歩かせ、空いている1塁を埋める形で満塁策を選択。4番坂本さんとの勝負に全てを懸けましたが、ここまで1つの四球も与えていなかった敷根が最後はプレッシャーの中、押し出し四球を与えてしまい決勝点を奪われサヨナラ負け。いい試合だったな。

通算0勝2敗。今年こそリベンジを果たすぜと考えていた矢先に事件が。この日組み合わせ抽選会に来場していないチームの代理抽選を事務局が行っていたところ、耳を疑うセリフが…。

 「42番、ふくおかフィナンシャルグループ」 

え!?俺たち43番じゃなかったっけ?ってことは、1回戦の対戦相手は、なんとなんと、優勝候補大本命、福岡の雄どころか、九州の雄といっても過言ではない“ふくおかフィナンシャルグループ ”に決定。ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!

「マジすか…。」後半へ続く。
fukuoka_A[1]
fukuoka_B[1]

結婚式レポート!馬場秀太郎編!

チームからまた一人、独身を卒業しめでたく結婚を迎えた選手が誕生した会社の後輩であり、山笠クラブへの入団を期に公私ともに行動を共にしてきた馬場秀太郎である。

秀太郎とは誕生日が同じという共通点の他、同僚であり、山笠クラブ、ウッドペッカーズ、福岡市医師会野球部と3つの野球部全てにお互い所属し、更には会社の釣り部にも入部しており、夜は二人でネオン街に繰り出すほど5歳も年齢差があるにも関わらず仲が良い。

そんな秀太郎と奥さん有香ちゃんとの出逢いは1年前の4月30日。何を隠そう、私が主催した飲み会で知り合ったのだから、presented by 俺のおかげカップルだ。

unnamed[2]

有香ちゃんはいわゆる白衣の天使という言葉がぴったりの美人看護師で、出逢ってすぐに二人は意気投合。ほどなく交際が始まり、夏にはお互い結婚を意識していたそうで、昨年のクリスマスイブに入籍というスピード感タップリの恋愛結婚。秀太郎は山笠でも1.2を誇るスピードスターだが、速いのは足だけじゃないようだな

これまで何度か3人で会う機会があったが、惜しげもなくそのLove×2っぷりが伝わってくる。有香ちゃんの話では、秀太郎はいつも優しいそうで、何でも買ってくれるから、逆にねだらないようにしているらしい。

ちょっと意味合いが違うかもしれないが、確かにアイツは金払いがいい。車も社会人になって既に4代(台)目だし、部費や会費等の支払いもすぐに済ませる。飲みに行っても臆することなく「次行きましょう!」っと言い出す始末だから、その潤沢な財政はどこからくるのか不思議であった。

決して高給ではない仕事にも関わらず、私生活を謳歌できる彼のスタイルは、一貫した無駄を省くスタイルと、好きなこと以外には金を使わないところにある。平日はほぼ毎日深夜まで残業しているせいで出費することもなく、野球に関しては年会費以外の支払いはない。ギャンブルやブランド品などに無駄な金を一切使わないからこそ、『好きな事に』金を投資出来るのだろう。そして、その『好き』の対象が有香ちゃんとなり、この素晴らしい結婚へと繋がっているわけだ

さて、去る4月20日(日)に博多区美野島にあるリッツファイブにてめでたく二人は結婚式を終え、100名を優に超える招待者を迎え盛大な披露宴が行われた。秀太郎が招いたのは福岡市医師会社員をはじめ、山笠クラブ選手、ウッドペッーカズ選手等、9割以上の参加者が知っている顔だった。

披露宴序盤には、新郎側友人代表スピーチという大役を仰せつかり、「なんとかして注目を集めてほしい」という秀太郎の要望に応えるべく、会社の後輩を従え、スピーチ後に歌(新婦に捧げる下ネタ)を披露両家ご親族には顔向け出来なかったが、新郎新婦並びに男の参加者のハートはガッチリキャッチ!プレッシャーから解き放たれ、二次会の中洲ミツバチでの飲み会まで、楽しい一時を過ごしました!

秀太郎、有香ちゃん、心からおめでとう!末永くお幸せに!
KIMG0056-1.jpg
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。