スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!早くも主砲満開宣言!

3月23日9時~東油山球場、HOTリーグ第4戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

1勝1敗1分の五分の星で迎えたリーグ第4戦、対福岡オリオンズとの試合の先発マウンドへ上がったのは第3戦のリリーフ登板を経て今期初先発となった石井康。その立ち上がり、プレイボール直後いきなり先頭打者にセンター前ヒットを許すも後続を打ち取り2死までこぎつけましたが、4番に四球を与え2死1、3塁。

この場面、5番打者をワンボールツーストライクと追い込んだところで、4球目に1塁走者が意表をついてスタートすると、キャッチャー高波からのセカンドへの送球間にサードランナーが本盗。素早くショート馬場から高波へ返球するも、鮮やかなリレードスチールを決められ先制点を献上

追いつきたい打線は1回裏、先頭の牟田口が四球で出塁し、続く2番大坪がファーストエラーで出塁すると、続く3番高波は倒れるも1死2、3塁の場面で絶好調4番佐々木が今シーズン早くも2本目となる第2号特大スリーランホームランをレフトへ叩き込みたちまち逆転に成功

流れは一気に山笠に傾き、2回にはこの回先頭の8番石井康がライト前ヒットで出塁すると、続く9番松原がレフト線への2塁打を放ち無死2、3塁とチャンス拡大。すると、ここから牟田口、大坪と連続四球を奪い押し出しで1点を追加し、尚も続く高波の内野安打や相手タイムリーエラーに乗じこの回一挙6得点を奪い9対1。

一方的な展開になりかけましたが、迎えた3回表に1死から2番打者にセンターオーバーのエンタイトルツーベースを打たれると、続く3番にサード内野安打を許し1死1、3塁とされた場面で思い出したくもない光景が\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

この場面、点差がありバッターボックスには4番打者にもかかわらずなんと1塁走者がスタート、そして、恐らくランエンドヒットとなり打球はライナーでライト(私)方向へ一直線!「ラッキーランナー飛び出してるしゲッツーチェンジやん♪」などと思いながら2、3歩前進したところでライナーが降下することなく頭上を越えそうな予感( ̄ー ̄; ヒヤリ祈るような思いで渾身の垂直跳び(バンザイ)を試みましたが打球は無情にも私をスルー。この後タイムリーも重なりこの回3失点

流れを失いかけましたが、直後の3回裏に四球で出塁の大坪を頼れる4番佐々木がレフトへのタイムリーヒットで返し10対4。最後は今期初登板の山崎をリリーフのマウンドへ送り、1失点を許したもののゲームを締めくくり、点の取り合いを制しました

<総括>

頼れる男!佐々木イタル!これぞ4番の働き!

この試合は初回の攻防で雌雄を決していたといっても過言ではない。まずは1回表に鮮やかなサインプレーにより先制され嫌な空気が漂ったが、それを一振りで変えたのがあの特大スリーランホームランであった。取られた後にすぐ取り返す。しかも4番が打つというのが最高のシナリオである。なんといってもチームに勢いをもたらせるから

一昨年まで4番を努めていたのは現在5番を打つ桝崎、昨年序盤は現在6番の馬場、そして昨期中盤から4番に座るのが佐々木であるが、実績、風格、結果すべてを兼ね備えた4番である。この試合も本塁打を含む2安打4打点!頼もしい限りだ。

さて、この試合主将瀬川、正捕手高波が今期初出場をはたしたことにより、遠方に住む選手を除きおよそほとんどのメンバーが今期のデビューを終えた。しかも、瀬川、高波ともに初安打をマークしたことは喜ばしい限りだ。残す野手はショートストップ副主将の高村と、鶴田といったところか。そして、投手補強の目玉、JR九州140㎞右腕、與那嶺祐也の初登板を終えたときこそ、新生山笠クラブのスタートだ

徐々に足並みが揃ってきたな。マルハンドリームカップ開幕まであと2ヶ月!負けたら終わりの1発勝負で結果を出し続けるためのメンタリティーと豊かすぎる個性の融合。結果を出すためには、当然この2ヶ月のプロセスが大事である。まずはチーム内の競争!佐々木が毎回目立っているようではチームとして成長していないということ。私は見てるよ、試合への参加の姿勢と取り組み方、戦いはもう始まっている

スコア:10対6
バッテリー:石井康→山崎ー高波
勝ち:石井康
本塁打:佐々木
2塁打:石井康、松原
安打:高波、佐々木、瀬川、石井康
打点:牟田口、高波、佐々木×4
盗塁:牟田口×2、大坪
四球:牟田口×3、大坪×2、瀬川、石井康
※三振:高波、馬場、山崎、松原
MVP :佐々木
スポンサーサイト

対スーパープラトニクス戦!完敗。

3月16日15時~上月隈第1球場、HOTリーグ第3戦、対スーパープラトニクス

<戦評>

開幕から2試合を1勝1分で迎えた、昨年のホットリーグ準優勝チーム、対スーパープラトニクスとのリーグ第3戦。先発は好調三浦の予定でしたが、首を寝違えたため大事をとって登板を回避し、急遽先発のマウンドに上がったのは初登板の伊禮(いれい)。

注目の立ち上がり、初回、2回と伸びのあるストレートで抑え込み、完璧な立ち上がりを見せるも、3回の先頭打者に死球を与えると、続く9番に追い込みながらもこの試合初めてのヒットを許しピンチを招くと、1番境さんの進塁打で1死2.3塁となった場面で教科書通りのヒットエンドランを決められ先制点を与えると、続く4回には1死から連続安打とパスボール、フィルダーズチョイス等、この回3つの失策が絡み3失点

完全に流れはスパプラに傾き、尚も続く5回には高めに浮き出したストレートを狙われ更に3点を追加され7対0。

一方の打線はここまでチャンスは作るものの、後1本が出ずにスコアボードには0が並び、コールド負けの崖っぷちに追い込まれた土壇場の5回裏、この回先頭の9番石井康が、継投でこの回からマウンドに上がった相手左腕から、カウント3ボール2ストライクのフルカウントから右中間へ飛び込むソロホームランを放ち1点を返すと、1死から2番三浦がこの試合2本目の安打で出塁し、ライトが打球処理にもたつく間に2塁をおとしいれると、続く3番畠中がこちらもこの試合2本目のファースト強襲の内野安打で1死1.3塁とした場面で、4番佐々木の内野ゴロの間に三浦が生還し更に1点を返し7対2

点差を縮めて迎えた6回表から、万を持して今期初登板となる石井康をリリーフに送りましたが、簡単に2者を打ち取るも、2死から3番打者にレフトへ完璧なソロホームランを浴び8対2。

最終回、2死から1番高橋が綺麗な弧を描きながらセンターオーバーの大飛球を放つものの、フェンス上段を直撃し“シングルヒット”、続く三浦のアウトコースのボールを捉えた打球はファーストライナーとなりジエンド。

強豪相手にいいところなく敗れ、今期初黒星を喫する結果となりました。

<総括>

完敗。分かってはいたことだが、改めて言おう。強い!試合巧者!軟式野球のお手本のようなチームだ。ウチが最も苦手な部類のチームじゃないかな?ようするにスモールベースボールというか、足を絡めて走者3塁からのヒットエンドランで確実に得点を上げる技術を持っている

しかし、通常(トーナメントの場合)このようなスタイルのチームに大量点を取られることは少ない。何故なら、エンドランは1点を取る代償として、打者はワンアウトを献上するからである。少ない得点を投手を中心とした固い守備で守り抜き、ロースコアの試合に自信があるからこそ取れる作戦なのだ。

※大量点が欲しいのならば、打者を犠牲にすることはない。ヒットエンドランについて詳細を知りたい方は、本ブログ「オレ流野球論」2012年3月31日の記事『ランナー3塁時のエンドランについて!』をご覧下さい。

今回、大量失点に繋がったのは、単純にミスが重なったのと、伊禮の変化球が思うように入らなかったため、ストレートを狙われてボッコシ打たれたため

つまり、スパプラは普通に打ち合っても強いのに、スモールベースボールの要素も持ち併せているから強いのだ。

しかし、今回の敗戦を引きずることは全くない。この時期の試合において試合結果や誰が活躍したなどは“あまり”大きな意味を持ちません

何故なら、まだまだ開幕3戦目であり、半分の選手はこの試合が今期初出場だったわけで、これから徐々に調子を上げて行けば良いから。

この時期重要なのは2つ!1つは新加入の選手の特徴を把握することと、もう1つは既存の選手の試合勘を取り戻すこと。試合勘を取り戻すためには当然リーグ戦に出場するしかなく、今この時期最大の収穫は試合勘を養うことです。

もう1つ大事なことをいうと、レベルの劣りすぎるチームと試合して快勝したとしても殆ど意味はなく、スパプラのような強豪と試合するからこそ試合勘を取り戻す事が出来、試合を行う価値があるのだ

そしてスパプラ以外にもタイプが違う強豪が揃うリーグだからこそホットリーグは面白く、価値がある

スコア:2対8
バッテリー:伊禮→石井康―馬場→高橋
負け:伊禮
本塁打:石井康
2塁打:桝崎
安打:高橋、三浦×2、畠中×2、馬場
打点:石井康、佐々木
四球:桝崎、馬場
※三振:佐々木

対ワンビックファミリー!開幕連勝なるか!?

3月9日9時~柏原球場、HOTリーグ第2戦、対ワンビックファミリー

<戦評>

リーグ第2戦の相手は昨年よりホットリーグへ新加入し、いきなりのパート1位通過を成し遂げ対戦成績2戦2敗と苦杯を舐めたワンビックファミリーとの対戦。

開幕戦に続き先発のマウンドへ上がったのは昨年の初登板以来、未だ負け知らずの三浦。立ち上がり2死から四球を許すも、4番をサードフライに打ち取り流れを引き寄せると、その裏、1死から2番牟田口がエラーで出塁すると、3番井浦のレフト前ヒットで1死1.2塁とチャンス拡大。この場面で4番佐々木は三振に倒れるも、スタートを切っていた牟田口が3盗。これを刺そうとしたキャッチャーからの送球が高く、サードがボールをレフト方向へ逸らす間に牟田口が生還し幸先良く1点を先制

更にこの間に井浦が好走を見せ3塁をおとしいれると、続く5番藤岡がレフトへのタイムリー2塁打を放ち初回2点を奪取

しかし、2回に2つの四球と振り逃げ等によりノーヒットで1点を返されると、続く3回にも四球で出したランナーをサードフィルダーズチョイスと内野ゴロの間に2点を奪われ逆転を許す苦しい展開。

相手が勢いづく中、この嫌な流れを一振りで代えたのはやはり主砲4番佐々木のバットでした!

2対3と逆転を許した直後の3回裏、この回先頭佐々木が捕らえた打球は柏原球場左中間に張られたネット最上段に直撃する値千金の同点ソロホームランとなり3対3と試合は振り出しに。

好投手同士の投げ合いによる投手戦の予想に反し、序盤から大きく試合が動きましたが、4回以降は両ピッチャーが持ち味を発揮し、スコアは動かず3対3の引き分けに終わりました。

<総括>

勝てなかったというべきか、良く引き分けに持ち込んだというべきか。試合展開から考えると、1度逆転を許しただけに佐々木の価値あるホームランにより引き分けは御の字かもしれない。しかし、三浦の実力を考えると勝ち点2を失ったと考えるべきであろう

この試合、ワンビックファミリーに打たれたヒットは5番打者に許した単打2本のみ。にも関わらず3失点を喫したのは、四球の多さに外ならない。回の先頭打者を歩かせてしまったケースが3度、そのランナーをノーヒットで生還させてしまい、リズムに乗ることが出来なかった。

もちろん、ノーヒットで得点を上げる相手チームのそつのない攻撃も賞賛に値するのだが、自分で自分の首を絞めているのはあきらかである。

しかし、いくら器用な投手とはいえ、普段は毎日硬式球を投げているのだから、いきなり日曜日に軟式球を投げて、ズバズバストライクを取ってくれというのは虫が良すぎる話であることは百も承知。

力を入れて投げると球が上ずりコントロールが効かなくなるので、6割程度の力で投げざるを得ないそうだ。野手も当然それを理解しており、誰も全力で投げてくれなどと野暮な事は言わない。

後は三浦の軟式に対する“慣れ”というか“感覚”を待つしかない。現時点では適当に荒球なので逆に打ちにくいのもあるかもしれないが、コーナーにあれ以上の速球を自在に投げ分ける彼の姿を想像すると、本当にワクワクしてしまう

最後に紹介しておきたい話がある。この試合、正捕手高波の欠席により、予備のキャッチャーミットを使用していたのだが、網の紐が切れかかっていたのに修理をしていなかったので、初回、捕手藤岡がストレートにも関わらず何度も球を弾きボールを満足に捕球出来ていなかった

これは明らかにミットの影響で、修理をしていなかった完全に私のミスなのだが、この目を覆いたくなるような場面で、ネクストバッターサークルで捕球を見ていた相手チームワンビックの4番さん(捕手)がミットの異常に気付き、なんとなんと、自分の予備のミットを差し出してくれたのだ•( ;∀;) イイハナシ!

そのまま続けていれば自分のチームが有利に働く状況にも関わらず、なんの迷いもなく正々堂々とミットを貸してくれた姿は正にスポーツマンシップ!有難うはもちろんだが、その自然な行動がとにかくカッコよかった!素晴らしいチームがホットリーグに加盟してくれたものだ゚+.(・∀・).+゚.。oO(アリガトウ)

ワンビックファミリーとはパートは違うものの、今シーズンもう1度対戦があるからな。今から楽しみだ次は決着を付けよう

スコア:3対3
バッテリー:三浦―藤岡
本塁打:佐々木
2塁打:藤岡
安打:馬場、井浦
打点:佐々木、藤岡
盗塁:牟田口、井浦
※三振:馬場×2、牟田口、佐々木、山崎×2、三浦、木村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。