スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対焼鳥高陣戦!投打が噛み合い完勝!

11月24日15時~東油山球場、HOTリーグ第11戦、対焼鳥高陣

<戦評>

ダブルヘッター1試合目、11時~の漢塾戦に勝利したことで、今レギュラーシーズンの2位以上が確定!さらには2試合目の焼鳥高陣戦に山笠クラブが勝利し、同刻に別球場にて行われているワンビックファミリー対スーパープラトニクス戦で、ワンビックファミリーが敗れると、大逆転でのパート1位通過が決まるという舞台が整った。

条件付きながらも1位通過を視界に捉えた状況の中迎えたのは、Aパート2位の焼鳥高陣。今年の西日本審判協会主催各リーグ選抜トーナメントを制したチャンピオンチームであり、既に決勝大会進出を決めている誰もが認めるホットリーグの強豪

そんな高陣戦の先発マウンドに上がったのはこちらも“ヤングヤマカサ”現役福大の2年生野手浅尾。立ち上がり先頭打者に四球を与えると、犠打で2塁に進塁を許した場面で、3番にライトへのタイムリー2塁打を浴びあっさり1点を許すものの、2回以降は変化球でもカウントを稼げるようになり、味方のエラーで招いたピンチもキャッチャー高波の2回の盗塁阻止などにより、その後7回までを一人で投げ抜き強打高陣打線を被安打僅か3本に抑え込みました!

初回に1点を先制された打線はその裏、2番高橋が一振りで試合を振出に戻すレフトへのソロホームランを放ち直ぐ様同点とすると、3回には1死から2番高橋がレフト前ヒットで出塁、その後2死となるも4番佐々木がこの日2試合合計4本目となる安打を放ちチャンスを広げ、5番井浦が四球を選び2死満塁となった場面で、6番高波が追い込まれながらも値千金のライト前2点タイムリーを放ち見事に逆転に成功!

6回には5番井浦が打った瞬間それと分かる超特大のソロホームランライトへ叩き込み勝負あり。
絶対に負けられない2連戦を2連勝で飾りリーグ最終戦を終えました!

<総括>

三浦と佐々木が作ったダブルヘッダー1試合目の流れそのままに、浅尾が投手顔負けのピッチングを披露そして浅尾の好投に打線が応えた!完璧!まさに理想的な試合であった。

しかし、浅尾の立ち上がりは決して順調ではなかった。と、いうのも試合開始30分以上前には選手全員が球場に到着していたのだが、東油山球場の駐車場台数に限りがあることから、車の入れ替えに時間を奪われ、グランドに入ったのはなんと試合開始時刻3分前。審判に事情を説明したものの、与えられた猶予は5分間。冷えきった身体を温め、肩を作るにはあまりにも短く、ましてや彼は野手である

明らかな準備不足は先頭打者への四球を招く結果となり、いとも簡単に3番へタイムリーを打たれてしまった。しかし、このタイムリーをきっかけに野球センスを見せつけることとなった。尚も続くピンチで4番、5番を退けると、肩が出来上がった2回以降に許したヒットは僅か2本本当に野手?と疑いたくなるほどの堂々のピッチングを見せてくれた。

もう1つ好投を引き出した要因を上げるとすれば打線の活発さであろう。取られた後すぐ高橋の一発で追いついたことと、2回のこちらも福大1年生スラッガー6番若林の3塁打以降、序盤チャンスを作り続けたことは投球にもリズムを与えたハズ。ちなみに若林は1試合目にも長打を打っており、その恵まれた身体をいかした豪快なスイングが魅力だ

新戦力の発掘は山笠クラブの明るい未来であり、有能な人材の確保は強豪で有り続けるための条件である。その有能な人材がここで野球がしたいと思ってくれる雰囲気作りと環境整備。そしてなにより現有戦力との融合・調和これが監督としての最たる努めではないか

スコア:4対1
バッテリー:浅尾-高波
勝ち:浅尾
本塁打:高橋、井浦
3塁打:若林
安打:高橋、馬場、佐々木×2、高波、三浦
打点:高橋、高波×2、井浦
盗塁:高橋
四球:井浦
※三振:馬場×2、高波
MVP:高波
スポンサーサイト

対漢塾戦!完勝で2位以上決定!

11月24日11時~舞鶴球場、HOTリーグ第10戦、対漢塾

<戦評>

3週連続の雨天中止の影響を受け、リーグ最終戦までもつれた決勝大会進出争いは、勝った方が進出を決めるBパート2位 漢塾 対 3位 山笠クラブの直接対決。引き分けも許されないなか、勝利が絶対条件の試合の先発は山笠クラブ初先発の三浦。

183センチの長身から投げ放たれる伸びのあるストレートを軸に、カーブとスライダーを織り交ぜ的を絞らせず、7回を投げ打たれたヒットは僅か1本の9奪三振と、さすが現役福大硬式野球部の貫禄の投球を披露しました!

三浦を援護したい打線は初回、エラーで出塁の3番高波をファーストに置き、4番佐々木がセカンドベース直撃のレフト前ヒットでチャンスを拡げると、5番井浦がセンターへのタイムリー2塁打を放ち幸先よく先制!

追加点は3回、エラーで出塁の2番浅尾をファーストに置き、4番佐々木がリーグ年間本塁打王に大きく近づく今期3本目のホームランを弾丸ライナーでレフトへ運び2点を追加

この3点のリードを後半ストレート主体で押しまくる三浦の力投とノーエラーの堅守で守り抜き、3対0で見事勝利!この勝利で2位以上が確定し、3年振りとなる決勝大会進出を決めました

<総括>

勝利が絶対条件の試合の先発は山笠クラブ…。いや、プロや社会人野球に行かないのであれば、近い将来福岡の軟式野球界を牽引すると言っても過言ではない一級の素材長崎商業高出身、福岡大学2年生現役硬式野球部投手の『三浦雅敏』。

硬式球と軟式球の違いをものともせず、衝撃のデビューを飾った。まず驚かされるのは、ストレートの伸び、キレ。打者の手元で“グンッ”と伸びるストレートは、漢塾打線が真っ直ぐに張っていても空振りを繰り返すほど

更には、内外に構える高波のミットに投げ分ける事が出来るコントロールは正にホンモノ。変化球は流石に硬式球との曲がりの違いからバラついていたが、アレがコントロール出来るようになると末恐ろしい存在である。
また、7回を投げても落ちない球威を持続出来るスタミナも魅力だ。

この試合、初回に先制点を上げた事で主導権を掴む事が出来たわけだが、きっかけはエラーから。2死から3番高波がエラーで出塁し、4番佐々木が安打で繋いだ場面で、5番井浦がこの相手からもらったチャンスできっちりタイムリーを放った。エラーや四球のランナーは得点に絡みやすいが、2死ランナーなしからの得点は相手に与えるダメージもデカイ

3回に2ランホームランを打った4番佐々木と初回先制タイムリーの5番井浦は西日本短期大学附属高出身という共通点があり、井浦は甲子園にも出場している。現在は2年生ながら先日行われた大学No1を決める第44回明治神宮野球大会にて、北東北大学野球連盟代表、青森県『八戸学院大戦』に福岡大学のファーストとして出場するほどの将来有望な打者である。

軟式野球というカテゴリーでの若手とベテランがガッチリ噛み合っての完勝!この勝利によりBパート首位のワンビックファミリーに勝ち点差2と肉薄、この後行われたダブルヘッダー2試合目の焼鳥高陣戦はBパート1位を懸けての試合となった。

スコア:3対0
バッテリー:三浦-高波
勝ち:三浦
本塁打:佐々木
2塁打:井浦、若林
安打:佐々木、三浦、浅尾
打点:井浦、佐々木×2
四死球:馬場、高波、佐々木
※三振:高波、木村×2、松原
MVP:佐々木

レギュラーシーズン未消化決定

ホットリーグ規約に則り、今レギュラーシーズンも残すところ後1週を残すのみとなった。消化出来なかった試合に関しては未消化となり、11月24日の最終戦を終えた時点での勝ち点が2013年シーズンの成績へと反映される。

山笠クラブは10月が終わった時点で残り4試合を残し5勝3敗1分の勝ち点16、Bパート第3位。2位の漢塾はラスト1試合(山笠クラブ戦)を残し6勝5敗1分の勝ち点19。1位は今期新加入のワンビックファミリーで残り2試合を残し6勝2敗3分で勝ち点21。

リーグ戦は勝ち点加点方式なので残り試合が多い方が有利であり、尚且つ、勝ち点で並んだ場合は得失点差よりも、当該チームの対戦成績の勝ち数が上回った方が上位になるため、10月末時点で4試合を残していた山笠クラブは、現在勝ち点差3で追いかける2位の漢塾戦に今期既に1勝を上げていることから、2回目の対戦となる試合に勝つと、勝ち点19で並ぶものの、プレーオフ進出が決まる状況であった。

更には残り3試合に全勝すると勝ち点28となり、仮にワンビックファミリーが残り2試合に勝ったとしても勝ち点27に止まるため、逆転パート優勝も視界に入る絶好の位置に付けていた。(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

しかし、このパート優勝をもくろんだ千載一遇のチャンスも自力での可能性は0になっている。大逆転でのパート優勝を決めるには、24日のダブルヘッダーに連勝したうえで、現在パート首位のワンビックファミリーが、24日のスーパープラトニクス戦に敗れることが条件だ。この2つの条件が達成されると山笠クラブ勝ち点22、ワンビックファミリー勝ち点21で2010年以来3年振りとなるのパート優勝が決まる

自力での優勝が消えた理由は、先にも触れたように、リーグ戦は11月最終週をもって終了することが決まっており、これを見込んでダブルヘッダーを2回予定しながら3週連続試合を組んでいたが、なんとなんとここにきて3週連続の雨天中止。優勝どころか、プレーオフ進出すら危うくなってきた。もしも、最終日24日に予定している、対漢塾戦及び対高陣戦のダブルヘッダーが中止になった場合は即アウト。2013年シーズン3位フィニッシュが確定することとなる。Σ(°д°lll)ガーン

天候ばかりはどうしようもないのだが、今年は特に雨に泣かされたシーズンであった。マルハンドリームカップ、ビクトリー杯、西日本審判協会主催各リーグ代表トーナメントと、オープントーナメント3大会にエントリーしつつも、ホットリーグに迷惑を掛けないように試合調整を行ってきたつもりだが、調べてみるとリーグ戦だけで、なんとここまで8試合分も雨天中止になっている(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

<2013年シーズン 雨天中止一覧(リーグレギュラーシーズンのみ)>

4月7日 対ハタックス
5月19日 対九州古賀
6月23日 対漢塾
11月3日 対高陣
11月10日 対高陣、漢塾
11月17日 対高陣、ハタックス

順調に消化、いやせめて中止の半分でも試合が出来ていれば、今頃ゆっくりオフを過ごしていたハズなのに。ただ、結果的に全日程を消化出来ずに終わるので、リーグ並びに林会長へ多大なご迷惑を掛けてしまった。来期はこのようなことがないようにせねば。これは山笠クラブだけでなく、未消化が発生したチーム皆が共有しなければならない課題であり反省事項である。うちはもう手を打ってあるが。それはまた別の記事で!

会社同僚の送別会&昇格・入職祝い!

もちろん努めている会社にもよるが、社会人にとって異動や転勤はつきものである。私が勤務している福岡市医師会でも異動先が福岡市内に限られているとはいえ、年に2回4月と11月に定期異動があるため、いつまでも本社にいるとは限らない(=゚Д゚)ノ

そしてこの11月、私と同い年で同じ大学出身の同僚井手くんが本社を離れ早良区にある病院に勤務することとなった。たかが異動とあなどるなかれ、勤務先によっては日曜日出勤の勤務地もあるため、そんなとこへ異動になるとNo BASEBALL NO Life!の私にとっては死活問題である。Σ(||゚Д゚)

IMG_5237.jpg←井手くん

他人事ではない。いつ自分が同じ出向…。いや、異動になるかなんて誰にも分からない。一回出て、また本社へ戻ってくると保障がある分けでもない。そんな、人生のターニングポイントを迎えた我が友井手くんを盛大に送り出すべく、去る6日水曜日に福岡市医師会若手有志で構成された通称『石原軍団』を久々に開催し送別会を行った。ヽ(≧∀≦)ノ

まずは声かけ、簡単な社内回覧を作成し、“34才以下”の正社員の男ばかり19人に誘いをかけてみる。せっかくの機会だから、日頃お世話してる、いや、お世話になってる“この飲み会唯一の先輩”石原さんの主任昇格(ミラクル)祝いと、今年度超就職氷河期の中から難関を突破し我が社に入社した福岡大学出身 富田くんと、明治大学出身 川崎くんの入職祝いも兼ねることに。すると、なんとなんと19人中17人から行きます!!!との回答。お~。俺の回覧が良かったのか、井手くんの人望があるのかは定かではないがよ~集まるな。•ψ(・ω´・,,ψ
mail[2]

当日は、新人の富田くんに西新の店を貸し切りで予約してもらい、19時から2時間半の飲み会がスタート。これが盛り上がる盛り上がる。結局終了したのは23時前だった。この飲み会で最高の盛り上がりをみせたのは、石原主任の乾杯!営業課のため開始時刻に間に合わず、若手の武井くんとともに1時間程遅刻してきた際、もちろんみんな飲み始めていたが、改めて乾杯のご発声をしてもらうことに。とりあえずしゃべり出してすぐに「カンパ~イ!」とお約束のボケを入れ、もう1度仕切り直してもらい、自由に2~3分しゃべらせいよいよ乾杯!
「それでは、声高らかにお願いします!カンパ~イ!」
IMG00112.jpg

…。ここでももちろん誰もカンパイ!とは言わず、寂しくグラスを持ち上げる石原さんの姿に爆笑というのがお約束のハズだが、ここでスーパールーキー登場。明治大学出身の超マジメキャラ川崎くんが、沈黙を破り思わず「乾杯!」と声を上げてしまった。…ドッカンと爆笑が起きたのは言うまでもない。
IMG00113.jpg

最後には井手くんと石原主任にささやかながら似顔絵ケーキをサプライズプレゼント。(女子か(*>∀<)ノ))★)これまでサプライズをされたことがないのか、石原主任が感極まり思わず涙ぐんでいる姿を見ると、男だらけの飲み会も捨てたもんじゃない。異様に盛り上がるしね。井手くんがんばれよ!
IMG_4674.jpg

↓クリッククリック(ただの男の集合写真ですが
IMG_5638.jpg
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。