スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!上岡覚醒!

4月28日11時~山王球場、HOTリーグ第4戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

第7回マルハンドリームカップ開幕前最後の試合であるとともに、一時的に名古屋へ転勤の石井と、新社会人として最初の勤務先が大分に決まった吉川のラストマッチとなりました、対福岡オリオンズとの試合の先発は開幕戦以来の登板となった左のエース上岡

課題の立ち上がりに先頭打者に粘られ四球を許すも、後続3人を打ち取りリズムを掴むと、ここから圧巻のピッチングを披露。最大の武器であるストレートを軸にスライダーとフォークを織り交ぜ5回を投げ打たれたヒットは僅か2本、四球2、無失点と結果・内容ともに最高のピッチングを披露しました!

一方の打線は初回から打者一巡の猛攻を見せ、石井のライトへの2塁打などで一挙6得点。続く2回には四球と盗塁で2塁に進んだ馬場を今期初出場の5番高波がセンターオーバーの3塁打を放ち1点を追加。

止まらない打線は3回、この回先頭の8番上岡がライトへのクリーンヒットで出塁すると、9番木村が死球で繋ぎ無死1.2塁。1番高橋は三振に倒れ1死となるも、2番牟田口がライトへのタイムリーヒット、続く3番吉川がライト前ヒットでチャンスを広げると、4番馬場の打球をセカンドがタイムリーエラーで追加点。続く5番高波はピッチャーフライに倒れるも、先週の試合でホームランを放っている好調6番山崎が変化球を捉えレフトへのタイムリーで この試合2回目の打者一巡で4点を追加。

更に更に4回には四球で出塁の上岡を1塁に置き、1番高橋が左中間を破るタイムリー2塁打で追加点。
毎回得点と上岡の完璧な投球内容で12対0と完勝し、マルハンドリームカップ1回戦へ勢いを付ける結果となりました!

<総括>

完全復活間近と言っていいだろう。かつてプロ野球スカウトから熱い視線を注がれ、ドラフトリスト候補上位に挙がっていた男の姿がそこにはあった

真上から投げ下ろす球威抜群のストレートがビシビシ高波のミットに収まり、スライダーを織り交ぜカウントを整えると、追い込んでからはこれまで多投しなかったフォークボールが面白いように落ちる。むしろ落ちすぎというくらい落差とキレがあった。

特出すべき成長はコントロール。この試合許した四球は僅か2つ。最大の課題はコントロールの投手であったが、ここが改善されたとすれば相当なレベルアップである。細かなコントロールがなくてもストライクゾーンにさえ投げていれば球威で抑え込んでしまう投手であるが、今までは、そのストライクゾーンに投げ込むことがままならなかった。

そしてもう1つ。変化球でもカウントを取れるようになったことで大きく投球の幅が広がった。これまでは、変化球の割合が極端に少ない為、ストレート1本に的を絞られ、1.2.3でスイングされていたが、今回の投球であれば打者は1つの球種だけに的を絞ることは出来なくなる。

この著しい成長の裏には、一人黙々と壁当て投球を行う地道な練習があるという。佐賀県は嬉野の離れた土地で練習相手がいないというハンデを見事克服している姿は、左のエースから山笠クラブのエースへ軌跡をたどっているといっても過言ではない。

吉川(大分)が抜けた先発投手陣の中で、右の塚本(大分)、敷根(鹿児島)に加え左の上岡(佐賀)を加えた3本柱どの投手もタイプは違うが完投能力がある。全員県外在住なので難しいだろうが、もしも皆が揃うようなことがあればこれこそ嬉しい悩みである。この3人の投球がこれから始まるトーナメントの鍵を握っているのは言うまでもない

スコア:12対0
バッテリー:上岡-高波
勝ち:上岡
3塁打:高波
2塁打:石井、高橋
安打:高橋、牟田口、吉川、山崎、上岡
打点:石井×2、上岡、高橋×2、高波、馬場、山崎、牟田口
盗塁:馬場、牟田口、吉川
四球:牟田口、高波、木村×2、馬場、上岡
※三振:牟田口、高橋、吉川、木村
MVP:上岡
スポンサーサイト

対ワンビックファミリー戦!花火5発の乱打戦!

4月21日11時~箱崎球場、HOTリーグ第3戦、対ワンビックファミリー

<戦評>

今期早くも2回目の対戦となった、対ワンビックファミリーとの試合。1回目は開幕戦で対戦し0対6で敗れている相手とあって、今回はリベンジを期する試合でもあった。前回は上岡が4回に打ち込まれたものの、その後のイニングを一人のランナーも許さず零封した吉川をこの試合の先発投手へ指名。相手先発は前回同様の投手で、ロースコアの試合展開が予想されていたが、試合は初回から激しく動いた

先攻の山笠が3者凡退で1回の表を終えた、その裏、先頭の1番打者を三振に打ち取るも、2番に四球を与えると、3番にレフトへの2ランを浴びいきなり2点のビハインド。追いかける打線は2回表、1死から5番佐々木がカウント2ボールからの3球目を完璧に捉え、レフトポール際へのソロホームランで1点差とするも、2回裏の先頭6番に四球を与えると、バントと安打で3塁へとランナーを進められたところで、痛恨のワイルドピッチで再び2点差。

追いかける打線は続く3回、2死から1番高村がショートエラーで出塁すると、2番高橋がショートへの内野安打で2死1.2とした場面で3番吉川がセンターの頭上を越える2塁打を放ち1点を返し2対3。尚も2死2.3塁と一打逆転の場面で4番馬場が打席に立ちましたが、セカンドフライに倒れ3回表が終了。

ここで、吉川の投球リズムと配球を変えることを狙いキャッチャーを馬場から高村へと交代。試合が落ち着くかと思われましたが、なんとこの回先頭の2番打者にインコース低めの真っ直ぐをライトスタンドへたたき込まれ2対4となり三度2点差。

吉川を援護したい打線は4回、5番6番と連続三振を喫し2死ランナーなしで打席に入った7番山崎が、少し高めに浮いた真っ直ぐを豪快に振り抜くと、綺麗な放物線を描き打球はレフトスタンドへ着弾!この試合4イニング連続となるホームランで3対4となり試合は中盤へ。

次の1点が勝敗を占う展開となり迎えた5回裏、先頭の1番に四球を与えると、盗塁と2番のライトへのヒットで3塁へ進塁を許すと、ここでも痛恨のワイルドピッチで失点。尚も、3番にセンターへのタイムリーを浴び3対6。この3番打者を絶妙の牽制で刺すも、2死から5番打者にこの試合両チーム合わせ5本目となるライトへのソロホームランを被弾し3対7。

4点差となるも諦めない打線は6回、先頭の4番馬場が左中間を真っ二つに破るエンタイトルツーベースで出塁すると、続く5番佐々木が死球を受け無死1.2塁。ホームランが出ればまたも1点差となる場面でしたが、期待された6.7.8番が倒れジエンド。5本の花火が乱れ飛んだ空中戦は、ワンビックファミリーが制しました。

<総括>

ん~噛み合わんな。吉川があんなに打たれたのも初めて見たな。ポジティブに考えればトーナメント前に打たれて良かったかも。吉川の課題はハッキリしていて、失点する時は必ずといっていい確率で四球が絡む。今回の試合を振り返っても、失点した4イニング中、3イニングが先頭もしくは1死から四球でランナーを許し、失点に結びついている。過去の試合を振り返ってもこの傾向は顕著である。

セットポジションになってからの投球に問題があるというよりは、意識の問題だと思うのだが。自分の責任で許したランナーだけに気を遣い過ぎるところがある。まぁいずれにせよ原因は四球と分かっているのだから、四球を出さないようにすることに重きを置かねば。

一方打線は今期中軸を任せている馬場と佐々木に長打が出たことは大きい。欲を言えば、ランナーがいる場面で打てると尚良し

来月からはマルハンドリームカップが開幕し、ペプシ杯改めビクトリー杯も開幕する。今期ほとんど試合をこなしていない主砲桝崎、畠中の左2人と、馬場、佐々木の右2人をどう並べるかはトーナメントで点を取る鍵となるのは間違いない。その前に28日のリーグ戦で結果、内容にこだわり試合をしよう!そして大会に挑もう!

余談ですが、今期新加入のワンビックファミリーの監督はたしか河野くんでしたっけ?ファーストの左の2番打者かな?チームみんな振りがいいけど、彼は別格。久しぶりにいいバッターを見ました

スコア:3対7
バッテリー:吉川-馬場、高村
負け:吉川
本塁打:佐々木、山崎
2塁打:吉川、馬場
安打:高橋×2
打点:佐々木、吉川、佐々木
死球:佐々木
※三振:馬場、瀬川×3、佐々木、石井、木村、助っ人×2

100年に1人の素材!井上尚弥!

121001inoue[1]
ボクシング界で100年に1人の素材と注目を集める「怪物クン」をご存知だろうか?大橋ジム所属のプロボクサー井上尚弥、アマ戦績「75勝48KO6敗」。これが高校3年までに記録された戦績であり、昨年春に高校を卒業したばかりの弱冠20歳だ。

怪物というフレーズは、自身世界王者に2度君臨した大橋秀行会長が「自分の比ではない」と口にしたもの。風貌は怪物に似つかわしくないが、その強さはまさに言葉通りだ。ガクガクブルブル((;゚Д゚))

アマチュア時代の実績を物差しにすると、辰吉、亀田興は社会人王者、井岡は格上の全日本選手権準優勝、そして井上はさらに上をいく。「高校5冠」に全日本選手権優勝、そして国際大会優勝を加えて「7冠獲得」としている。フィギュアスケートや体操と違って、ボクシングはジュニア選手がシニアに勝つのが困難で、井上は例外中の例外である

高校3年で井岡が獲れなかった全日本選手権を制し、五輪予選を兼ねた世界選手権ではベスト16。井上に勝ったキューバのソトが予想通り決勝に残っていれば、井上もロンドンで戦っていたはずだった。だがソトは井上戦で激闘を演じて疲弊し、次戦でモンゴル人選手に敗退。井上にとっては不運だったが、これを機にリオ五輪を待たずにプロ転向を決断した。ダー.。.:*・゜(゚∀゚)/゚・*:.。.

そんな、ボクシング界のホープ、井上尚弥のプロ3戦目が16日、後楽園ホールで行われたのだが、なんと3戦目のプロボクサーとしては異例中の異例フジテレビがでゴールデンタイムで試合を放映したのだ。対戦相手は日本ライトフライ級1位の佐野友樹。怪物と呼ばれる20歳が、その実力を大いにアピールした一戦だった。

box13041605030002-p1[1]←もちろん左が井上くん

佐野の戦績は23戦17勝12KO2敗4分。更にアマチュアで64戦のキャリアを誇る。突出した武器は持たないものの、ワンツーを主体とした基本に忠実なボクシングが持ち味で、全体的にまとまった好選手である。2年前に初めて日本タイトルに挑戦し、判定により惜敗しているが、日本王者と同等の実力を持つと見て問題ないだろう。

その佐野に井上は完勝した

プロ半年にしてスピードやパンチ力はもちろん、技術でもキャリアのある佐野を圧倒していた。2回に左フックで最初のダウンを奪い、3回に右拳を痛めてからは、その後、最終10ラウンドにTKO勝ちを収めるまでの間をほぼ左手1本の戦い抜いた。(((c=(゚ロ゚;qホワチャー

この左手1本で戦うという限定された状況が、井上の技術を際立たせる形となった。ジャブがあれだけ当たるのは、タイミングの良さに加え、アングルが多彩だからだ。得意の左フックも速いだけではなく、アッパー気味に打つなど角度を変えるので、こちらもどこから飛んでくるのか分からない。さらに、左だけで組み立てたダブル、トリプルといったコンビネーションも見事

相手が格下だからできる、という見方もあるかもしれないが、もし日本1位が格下とすれば、プロ3戦目にして既にかなりのポジションに到達していると言える。井上を、極上の素材としてもはや疑う余地はない。あとは大きく成長するために、キャリアの積み方が重要になってくる。もはや足りないのは「経験」と「タイトルマッチ」のみ。

佐野に勝利し、井上は日本タイトル挑戦に大きく近づいた。日本王者の田口良一は佐野を上回る強豪であり、さらに言えば「タイトルマッチ」と名のつく試合は、たとえ日本タイトルであっても特別な舞台になる。世界チャンピョンまでの通過点とはいえ見逃せない試合となることは間違いない。

以前、「12回戦でなく(アマの)3回戦なら今すぐでも井岡さんに勝つ自信がある」と井上が言っていたが、まんざらでもない事が今回の一戦で良く分かった。デビュー3戦目を終えた20歳は史上最速でのベルト奪取を狙うと豪語。今後、人気低迷が続くボクシング界において間違いなく救世主となるであろう井上尚弥に注目していこう。

バトルオブ九州!福岡ダービーを制したのは盟主福岡!

image[9]

目の前の試合の全てに勝ちたい。たとえ力の差があろうとも、自分たちがどのような状況にあろうとも、勝つこと以外は考えない。そう思うのがアスリートとしての本能だ。しかし、互いのレベルが拮抗しているプロの世界では、全ての試合に勝利を収めることは不可能。まして、リーグ戦は1年間に渡って戦う長丁場。どうしても好不調の波はあり、当然のように、結果としては敗れることもある。その敗戦をただ悔やむだけではなく、結果を受け入れ、問題点に正面から取り組み、そして次の試合に向かっての準備を積むこと。その繰り返しの先に自分たちが望む場所が待っている。目先の結果に一喜一憂するだけでは、望むものは手に入れられない。

それでも、どんな状況にあろうとも絶対に勝たなければいけない試合がある。内容は問われず結果だけが大切な試合がある。そして、敗戦など決して受け入れられない試合がある。それがダービーだ。数字の上で手に入れられるのは勝点3。それは他の試合とは変わらない。けれど、同一地区にホームタウンを置くチーム同士が戦うダービーは、勝点だけを手に入れるための戦いではない。その地区を代表するチームがどちらかを決める試合にかかっているのは「おらが町の誇り」。選手たちは自分自身の、そしてチームの誇りだけではなく、チームに関わる全ての人たちの誇りとホームタウンの誇りを背負って戦う。その戦いに負けることはおろか、引き分けることさえも許されない。求められるものは「勝利」の二文字。それ以外に必要なものは何もない。そして14日、アビスパ福岡は5回目の福岡ダービーをレベルファイブスタジアムで戦った。

2013年4月14日(日)レベルファイブスタジアム16時に、九州一熱い戦いの火ぶたが切られると、立ち上がりからアビスパが北九州ゴールに襲いかかる。攻撃の始まりは高い位置からの守備。まずは坂田がボールに対してプレッシャーをかけると、それを合図に、2人、3人と激しくボールに寄せる。ペース配分などお構いなしに、フルパワーでギラヴァンツに襲い掛かる。チーム全体でギラヴァンツに圧し掛かるようにプレッシャーをかけ、相手を自陣に押し込めた。そしてアビスパの先制点は13分。金久保が送ったスルーパスに反応した金森健志が反応してビッグチャンスを作ると、GK武田がたまらずファール。これで得たPKを坂田が確実に決める2点目は22分。3人に囲まれながら左サイドをドリブルで突破した金森がクロスボールを送り、石津を経由して中央にこぼれたボールを金久保が豪快に蹴り込んだ

しかし、ギラヴァンツも諦めない。後半開始早々の49分に、渡大生のクロスに冨士祐樹が頭で合わせて1点差に迫ると、ここからはギラヴァンツのペース。高い位置からのプレスが緩んだアビスパに対し、攻守の切り替えを速くして、ボールをしっかりとつないでアビスパゴールに迫った。

一進一退の展開のまま、示されたアディショナルタイムは4分。ギラヴァンツ北九州の最後の猛攻に耐え、5度目の福岡ダービーは、ホーム・レベルファイブスタジアムで戦うアビスパ福岡が勝利を手にした。

両チームが誇りをかけて激しくぶつかり合った試合は、まさにダービーの名にふさわしいもの。前半の主導権はアビスパ。後半はギラヴァンツのペース。最後まで、どちらが勝つのか分からない試合だった。それでも結果に偶然はない。「絶対に負けたくなかった。そういう部分では相手をまさった所があったと思う」(金森)。

そう。それこそがダービーの結果を分ける唯一のものだ。


そして、ダービーはこれからも続く。ギラヴァンツは、この日の悔しさを胸に次の戦いに挑み、アビスパは、自分たちの誇りを守るべく力の限りにぶつかる。そうした戦いの一つひとつが福岡ダービーの歴史として刻まれていく。次の福岡ダービーは第36節(10月6日)。果たして、どのような歴史が刻まれるのだろうか。

WBAとWBCの世界バンタム級王者!

久々のブログ更新年度末から新年度にかけてこれでもかという位忙しい先日の日曜日は野球トリプルヘッダー(3試合)の予定だったが、あいにく雨で2試合が中止。17時~の試合のみを行い、試合終了後はダッシュで19時過ぎに帰宅。この日の楽しみは夜!

プロボクシングWBA世界バンタム級王者の亀田興毅が、同級8位パノムルンレック・カイヤンハーダオジム(タイ)との防衛戦に挑んだのだ。結果は2―1の判定で6度目の防衛にからくも成功したものの、素人目から見ても劣勢はあきらかであった。

一夜明けた8日、大阪市内で会見した亀田は、KO予告を外した責任を取り、“ホラ吹き興毅”の汚名を着て再起する決意を示していた。「ホラ吹き興毅と呼んでもええ。次の試合の計量にホラ貝持ってく」と発言した通り、次戦と掲げる「7月中」の試合の計量でホラ貝吹きを実行するそうだ。フンッ。バカバカしい。(●・´艸`・)、;’.・ ププゥ

私は、フィギアスケートや体操など採点基準が分かりにくい(曖昧)な競技があまり好きではない。それに引き替えボクシングは拳ひとつで相手を打ちのめし、ノックアウトという分かりやすい形で勝敗が決まるため大好きなスポーツなのだが、今回のような不可解な判定を目の当たりにすると、ボクシングに対する見方が変わってしまう。ガッカリ。と、熱が一瞬冷めかけた翌8日、「本物」が表れた!゚+.( *≧∇)ノノノ*.オオォォ☆゚・:*☆

WBAと双璧をなすWBC世界バンタム級タイトルマッチが8日、両国国技館にて行われ、王者の山中慎介が元WBCフライ級王者で同級1位のマルコム・ツニャカオ(フィリピン)を必殺の左ストレートで破りV3に成功した。「神の左」の異名を持つ山中の左を警戒して、ツニャカオはがっちりガードを固めていた。それでも王者には通用しない。KOを狙った最終12R、ワンツーからの左ストレートで見事に仕留めてみせた。前日にV6を達成したWBA同級王者の亀田興毅は統一戦にも意欲を示しているが、どちらが上かは誰が見ても明らか。実際に山中と興毅には「格の違い」がある。

山中は指名試合をクリアしたことで、今後は次の指名期限となる9か月後まではフリー。対戦相手を選べる「選択試合」ができる。そうなると周囲の期待は他団体王者と王座統一戦を行うこと。これまでのWBC、WBAに加えて1日からWBOとIBFの世界王座も認められたこともあり、山中も「違うベルトも欲しいというのはある」と意欲的だ。

3団体のうち、WBAのベルトは現在、日本にある。山中は「そこだけにこだわるわけじゃないけど、WBAも(統一戦の)選択肢に入っている」と話した。

WBA王者の興毅は前日7日にV6を達成。こちらも統一戦について「皆、見たいのはそれやろ」と語っており、山中戦についても「お互いチャンピオンやから、タイミングが合えば」と前向きな姿勢だった。

2人が統一戦で対戦すれば、空前の盛り上がりとなるのは必至。注目度は2009年11月の王者内藤大助VS亀田興毅のWBC世界フライ級戦を超えるだろう。だが、最強王者への“敷居”は低くない。実はWBAのバンタム級王者は興毅だけではないのだ。正規王者の興毅の上には、なんと10度王座を防衛している「スーパー王者」アンセルモ・モレノ(パナマ)が君臨しており、WBCの山中とやる前にモレノに勝って『最強』を証明するの必要があるのではないか。

どちらが強いかは興毅とモレノが拳を交えないとわからない。ただ、山中は3度の防衛戦の相手がすべて元世界王者という過酷な防衛ロードを歩んできたにもかかわらず、初防衛戦以外はKO勝ち。一方の興毅はV6のうち指名試合は一度だけ。6V戦も世界初挑戦の無名の相手に僅差判定勝ちというお寒い試合をしたばかり。それだけに最強王者同士が対戦する統一戦をやるには、まずWBAで「ナンバーワン」を証明してもらわなければ納得がいかない。

古くからのボクシングファンにとってバンタム級は、ファイティング原田に始まり、辰吉丈一郎、薬師寺保栄、長谷川穂積ら伝説のボクサーが世界王者となった思い入れのある階級である。それだけに山中の「神の左」と対峙するには、それにふさわしい実績が必要である。ホラ吹き興毅が「どんなもんじゃい!」と威勢を取り戻すことを期待して今後を見守ろう。ファイトォ――(/゚∀゚)/゚∀゚)o――ッ!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。