スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012ドラフトについて

2012年のドラフトは見どころがたくさんあった。

・昨年強烈に巨人志望を打ち出し、日本ハムの1位指名を拒否した菅野智之(投手・東海大在学)に複数球団の入札があるのか。

・甲子園大会の春・夏優勝投手の藤浪晋太郎(投手・大阪桐蔭)の指名で、何球団の1位入札が競合するのか。

・メジャーリーグ入りを表明した大谷翔平(投手・花巻東)に入札する球団はあるのか。

まず、菅野は単独指名になった。翌日のスポーツ紙は「巨人愛」「おじさん」という言葉が紙面を飾り、ヒューマニズムの押し売りのような様相を呈しているが、菅野個人の心情に思いを致せば、1年間御苦労さまと言いたい。長く試合から遠ざかっているので、紅白戦、オープン戦のみならず、実戦形式のシートバッティングにも数多く登板して実戦の感覚を取り戻してもらいたい。

藤浪にはオリックス、阪神、ロッテ、ヤクルト、4球団の1位入札が競合した。もう1球団、西武もこれに加わるのとの報道があったが、順当な数の入札に落ち着いた。藤浪には迷う要素が少ない。たとえば、「日本かアメリカか、投手か打者か」迷う要素を2つ抱える大谷にくらべ、藤浪は「指名された球団で投手としてやる」と決めている。つまり、野球に向かう姿勢がシンプルである。これが藤浪の強みだと思う。

そして大谷。指名後に行われたインタビューで「入団の可能性はゼロ」と発言していたが、これは日本ハムに対して失礼ではないだろうか。

日本ハムの大谷1位入札に対して加藤良三コミッショナーの「私は結局個人の意思が尊重されるべきものと思います。(大谷と日本ハムの交渉は)私が予断するべきものではありません」とのコメントが日刊スポーツ紙に掲載されていた。

この言葉に代表されるように、ドラフトというとほぼ100パーセント、選手の気持ちとか人権という部分に光を当てられるが、球団(スカウト)も生き残りをかけて凄絶な戦いをしているわけで、当然、選手が自信の成功を望むのと同じように、球団も自軍の繁栄を望む権利を持っている。日本ハムはドラフト1位枠を2年続けて放棄してまで、そういうメッセージを世間に発しようとしたのである。

大谷は「権利を抑圧されている若者」を演じさせられているようにも見えるが、6年前に目を転じれば、平成6年のドラフトで“超高校級ショート”の堂上直倫(愛工大名電)に対して、中日、阪神、巨人の3球団が1位入札した。堂上は父が中日の元投手で、当時は中日球団の寮長、兄・剛裕が中日の現役選手と、中日一色に彩られた球児である。しかし、「父と兄のいる中日以外ではやりたくない」とは言わなかった。だから阪神と巨人も入札に参加した。それがドラフトの精神なのである

そういうことが大谷にはわかっていない。日本ハムの真摯な姿勢に対して、マスコミを前に「(入団の可能性は)ゼロです」と即答してしまった。大谷はまだ若いので、日本ハムというプロ野球の球団は「大人=権力者」、自分は「若者=非権力者」くらいの感覚で発言したのだと思うが、大谷くらいのステータスを持っている選手は、ある意味日本ハム以上に権力者である。マスコミを味方につけ、プロ野球の側であるはずのコミッショナーまで心情的な味方につけ、大谷は「権利を抑圧されている若者」を演じさせられようとしている。それは今後の野球界及び現行のドラフト制度にとって非常に危険なことである

大谷がメジャーを選択するのは一向に構わないが、日本ハムが自分を1位で入札した背景には「一番力のある選手を獲得してチームを強くして、ファンに支持してもらい、それが結果的にプロ野球全体の発展に寄与していく」というメッセージが隠されている。

それを思えば、「入団の可能性はゼロです」などと即答すべきではない。日本ハムの人間に会って、話を聞いて、熟慮して結論を出す、それが誠意ある態度に対する正しい対応の仕方であろう。

球団が繁栄すれば選手も繁栄するのである。ドラフトの精神を尊重する、大谷の誠意あるセリフが欲しかった
スポンサーサイト

ペプシ杯優勝!2年連続福岡県代表決定!

10月21日11時~榎田球場、ペプシ杯福岡県決勝、対レッドチェイサー

<戦評>

2年連続の福岡県代表を懸け行われましたペプシ杯福岡県大会決勝、対レッドチェイサーとの試合は絶好の天気のなか、4人の審判がジャッジを行うという贅沢な環境で行われました。7日に行ったリーグ戦で四球7個を選び長打4本を放ちながら僅か1点しか奪えなかった打線を組み替えあえて先攻を選択。
DSC05141.jpg←飛行機メインでお願いします。

初回、好調なバッティングと俊足を買われ1番抜擢の馬場が四球を選ぶと、2番高村の初球にすかさず盗塁成功。高村は打ち取られるも、こちらも好調3番畠中がライト線へのタイムリーを放ち鮮やかに1点を先制
DSC05134.jpg←多少根っこでもパワーでもっていく!

続く4番桝崎は四球を選びチャンスが拡大した場面で、今シーズンなかなか波に乗れない5番佐々木が流れをグッと引き寄せるレフト前タイムリー、更に6番高波が四球を選ぶと7番高橋がレフト前タイムリーを打ち瞬く間に3点目、尚も3塁へ進塁した佐々木が相手バッテリーエラー(暴投)で生還し、初回打者一巡の猛攻で4点を先取
DSC05114.jpg←あなたが悔しいとワタシも悔しい。
DSC05117.jpg←積極的にコーチャーへ行くJOY。と畠中。

止まらない打線は2回にも、2番高村が右中間への2塁打で出塁すると、3番畠中が四球で作った2死1.2塁の場面で、初回のタイムリーで目を覚ました5番佐々木が追い込まれながらも捉えた打球は、フェンスを遥かに超えていく左中間への特大スリーランホームランを豪快に叩き込み7対0!
DSC05116.jpg ←佐々木イタル目を覚ましちゃいました!


3回から相手ベンチは投手を交代するも、先頭の7番高橋が2打席連続となるレフトへのヒットで出塁すると、続く8番瀬川が強く叩きつけた打球をセカンドが目測を誤り後逸、9番塚本はダブルプレーに打ち取られるも、その間に3塁へ進んだ高橋がワイルドピッチで生還し1点を追加。

序盤で試合の行方がほぼ決まったにも関わらず、今シーズン初先発となった昨年の勝ち頭塚本晃弘が終始圧巻のピッチングを披露!スリークウォーターから繰り出される重い速球と鋭いスライダー、追い込んでから中に食い込むシンカーを武器に5回を投げ被安打なんと0!!5回コールドのため参考記録とはいえ福岡県決勝の舞台でノーヒットノーランの偉業を達成し、2年連続福岡県代表の切符を掴み取りました

DSC05129.jpg

<総括>

打線の組み替え及びオーダーがピタリとハマった。まずは1番馬場。ここ数試合の打率、調子の良さを見て、通常6番を打つ打順を思いきって1番へと動かした。その効果は初回に早速表れ、四球の後、初球での盗塁成功はチームに勢いをもたらせるとともに、貴重な先制点を呼び込んだ。このチームは走ってくると思わせることは非常に大事な要素だ

そして、クリーンアップに据え続ける5番佐々木。今シーズン極度の不調から、実は少し楽な打順で打たせようかと試合直前まで悩んでいた。しかし、グランドに1時間前に来て黙々とアップする姿、試合前の練習を見て“やはりイタルで行こう”と決断。結果4打点と見事期待に応え文句なしに打のヒーローとなった。

加えて塚本がノーヒットノーラン。なんと今シーズン先発で3回投げて、2回目のノーヒットノーランというから驚愕だ。味方で良かったと改めて思う。
DSC05142.jpg←もちろんリードも素晴らしい! DSC05139.jpg←ノーヒットノーランを導き出した高波


さあ、2年連続の福岡県代表となり挑む九州大会は、11月17(土)18(日)なまずの郷球場にて開催!熊本県代表金た郎リーグに借りを返しに行こうぜ!
DSC05168.jpg←ワタシとババシュウ DSC05137.jpg←キャプテン瀬川と仲間たち

最後に、レッドチェイサー代表寺川さん並びに北九州より遠征して下さった選手13名の皆様方に感謝申し上げます。来年のペプシ杯でまた対戦しましょう!福岡と北九州から軟式野球界を盛り上げていきましょう!有り難うございました!
DSC05164.jpg←かたい握手 DSC05166.jpg←サプライズ表彰

スコア:8対0
勝ち:塚本
本塁打:佐々木
2塁打:高村
安打:畠中、佐々木、高橋×2
打点:畠中、佐々木×4、高橋
盗塁:馬場
四球:馬場、桝崎、高波、畠中、高村、木村
MVP:塚本、佐々木

121021_2149~01
121021_2149~02

ペプシ杯福岡県決勝戦のもつ意味

クラブチームである以上、様々な職種の社会人、学生が集まりチームを構成していることにより、転勤や就職に伴い自ずと別れはやってくる。そして今年もまた大事な仲間の転勤と就職が決まった

投手 敷根 侑喜
山笠クラブより3人目のJR列車運転士誕生は喜ばしいが、勤務地はなんと鹿児島!イカナイデε=ε=(。゚っ´Д`゚)。っさすがに通える距離ではない。

投手 吉川 史亜
この就職氷河期の中、新卒で不動産業界に就職を決めたのは立派!しかし不動産業界は日曜日も仕事だからたとえ福岡勤務でも試合に来るのは厳しいだろう。ヨヨヨョョ。+゚(ノд`*)゚+。ョョヨヨ∃

2人ともチームを辞めるわけではないし、来期以降も試合に来れる日があるのであれば大歓迎で迎え入れる!当たり前だがいつまでも俺たちはチームメイトだ!

ただ、最悪のケースを想定した場合、今年が一緒にプレー出来る最後になるかもしれないし、来期以降2人が働く先では野球を頻繁に続けていける環境が整っていないかもしれない。もしそう仮定すると、たまに参加出来る試合は山笠クラブだけということになり、彼らのパフォーマンスが良いのは今年、まさに今ということになる。敷根、吉川の2人からしてみると、来期以降の野球環境が保証されていない限り、自分達の力が最も出せるのは、“今”なわけで、ベストコンディションのうちに全国大会に行くチャンスは今年が最大といっても過言ではないだろう。

21日のペプシ杯福岡県決勝戦に勝つことで2年連続の福岡県代表へなるが、2人はこの試合に来れない。連れて行ってやろうぜ!九州大会へ!絶対に勝つ!

甲府J1昇格、福岡J2残留決定。

「J1相手にどれだけやれるか楽しみな試合」(城後寿)。そう話していた天皇杯3回戦でしたが、J1の大宮相手に危険な時間帯に集中力を欠いたプレーで先制点を許し、さらに不用意なプレーから2失点。終わってみれば、これまでと何ひとつ変わらぬ内容の敗戦で、アビスパ福岡は天皇杯から姿を消した

第36節の横浜FC戦に引き分けたことで今シーズンのJ1昇格の可能性が消え、残る試合で自分たちがやってきたことをピッチで表現すると話しながらも、続く岡山戦、天皇杯3回戦、栃木戦と、依然として同じことを繰り返している。選手たちの心の内には気持ちを見せようという想いはある。しかし、それが結果に表れることはない

今季のアビスパにとって最大の問題は連携。チームに在籍している選手29人中、主力選手を中心とした19人が在籍2年目以下でその内の13人が1年目である状況を考えると積極的に試合の中で指示を出し合う信頼関係を築くのは難しい問題です。3年以上在籍しているのは、試合に殆ど出場していない生え抜きが多く、試合に出ているのは2年目以下の選手ばかり。

この状況は今季だけの特別な事ではなく、毎年のように大幅に選手を入れ替えているアビスパではこれが常態化しています。アビスパが伝統的に声が小さくおとなしいチームと言われ続けている理由でもあります。

今期は監督が代わり、スタイルを大きく変え、選手も大幅に入れ替え、カテゴリーも変わった(J1→J2)なかで、チーム作りの前にクリアしなければいけない課題がたくさんあるにもかかわらず、1年で結果も出さなければいけないと言う状況である事を考えると前田監督も言いたい事はたくさんあるでしょう

しかし、監督続投をサポーターだけでなく選手やスポンサーに納得させるにはあまりにも今季の成績と内容は悪過ぎますし、良くなっているのではなく悪くなっている結果と内容、さらに選手が試合後に何が悪いのか分からないとコメントしていて、課題が早期に解決出来る目処が立たない事を考えるとフロントが前田監督続投を周りに訴える根拠自体が無くなってしまいます。

来シーズン監督続投か交代か難しい選択ですが、監督を代えると例えスタイルは変えなくても多くの項目でゼロからのスタートになるので今季と同じように厳しいシーズンになることは覚悟しておかなければなりません。

最後に、今のメンバー、今のサポーターで戦える試合も今期残り4試合。1年でJ1昇格という目標を達成することが出来ず辛い試合ばかりが続いたが、仲間とともに勝利を目指して戦った日々の総まとめとしてひたすらに戦う姿を見せてほしい。 『ガムシャラ ~今年だから出せる力がある。2012福岡ヂカラ~』 。そのスローガンこそが、今のチームに求められている。
121014_1901~01

点滴後、驚愕のビフォーアフター

カチカチカチカチ。普段は重なり合っている上あごと下あごが、意図せぬ筋肉の収縮により高速で打ち合うことによる嫌な音だ。

「あ~久々風邪ひいた。超絶頭が痛い。絶対熱あるバイ。」

普段、チョロッときつい位では体温計で熱を測ったりなどしないのだが、今回はおかしい。頭痛はもちろん、常に塩の塊を舐めているような喉の痛み、そして寒さで小刻みに震えているのだ。生まれたての子馬♪などかわいい段じゃない、アル中のおっさんばりにガクガクと震えている。((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

なんとか仕事を片付け、猛烈な頭痛に耐え帰宅。早速体温計を脇にはさみ熱を測ると、ん!?ナント39度1分。で、出たっ!やはり発熱している。病院へ行こうにも時計の針は既に22時を指している。今し方帰ってきたのに、再び急患センターに戻る元気など当然ない。1晩寝て熱が下がらなければ病院へ行こう。気休めにパブロンを服用し就寝。

そして翌日、「効かないね、遅めのパブロン♪」などとブツブツ文句を言いながら、熱は引き続き39度。週明けに影響が出るのはマズイ。「お医者さんに相談だ!」と決断し、近所のクリニックへ。土曜日のお昼時にも関わらず患者さんでいっぱい。受付で体温を測るようにうながされ、39度3分とハイアベレージをマークしている体温計をドヤ顔で返却。

先生の問診・診察の結果、高熱を下げるために点滴を打つことになりベッドへ。点滴をしながら行った採血で、白血球数(WBC)が通常の6倍と判明。アニメ声の看護婦が近寄ってきて、「バイ菌さんと一生懸命戦っているから熱が高いのですよ」と小学生にでも通じそうな理由をひん死の俺に説明。「点滴が終わったら楽になりますからね

そりゃ助かる!期待しているよ!と心でつぶやきながらいつの間にかウトウト。
121006_1248~01

30~40分位だろうか、先程のアニメ声が「ご気分どうですか?あれ!?顔色が良くなってる」とテンションを上げながら聞いてくる。近くを通る別の看護師も、「良かったですね!」と笑顔で俺を見る。☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆更に先生までも「ダイブ楽になったでしょ」と、したり顔。そういえばなんだか楽になった気もするな…。

と、その時!点滴後に再度行った体温測定。俺の脇でその小さな機械がピッピッと計測終了の合図を鳴らす。ゆっくりと体温計を引き出す。 「39度3分!!!! 」 (・´艸`・)・;゙.、ブッ

お分かりいただけただろうか?この茶番ビフォーアフター共に39度3分。アニメ声と先生とオレ。一気に気まずくなったのは言うまでもない。

先生「焦らずゆっくり治しましょう。」

オレ「焦ってねーし。」

対ハタックス戦!タイムリー欠乏症。

10月7日13時~山王球場、HOTリーグ第11戦、対ハタックス

<戦評>

ここまで4勝5敗1分で迎えたリーグ第11戦、今期新加入ハタックスとの試合は、先週のメトコス戦の敗戦を払拭するべく再び山王球場での一戦

先発の吉川は2回、先頭の5番にセンター前ヒットを許すと、続く打者に取ればゲッツー、ショートに任せてもワンアウト確実の打球を弾いてしまいピッチャー強襲内野安打で無死1.2塁。続く7番を三振に打ち取るも8番に高めの真っ直ぐを強引にレフトへ運ばれて1死満塁。

このピンチで9番をセカンドフライでツーアウトとするも、1番をカウント2-2と追い込みながらも勝負球に選択したスライダーが2球連続ボールとなり押し出し。更に続く2番に走者一掃のセンターへのタイムリーを打たれ、序盤で4点のビハインド。

追いかける打線は4回、この回先頭の7番高波が四球を選び出塁、続く吉川のピッチャーゴロの間に高波が2塁へ進んだ場面で9番馬場がライトフェンス直撃のタイムリーを放ち1点を返すも、後続は倒れ1点止まり。流れを引き寄せられぬまま3点差で迎えた5回には3番に2ランを浴び差は5点。

追い詰められた最終回、先頭の8番吉川がこの日2本目の安打で出塁、続く9番馬場も2打席連続となるライトへの2塁打を放ちチャンスを作るも、上位1.2.3番が打ちとられゲームセット。2塁打4本、四球7個を選びながら1点止まり。極度のタイムリー欠乏症のまま21日のペプシ杯決勝へ不安を残す結果となりました。

<総括>

この試合重要なのは結果ではなく、内容…のはずであった。前週にマルハンドリームカップ準々決勝敗退、リーグでのプレーオフ進出の可能性もなく、試合へのモチベーションを上げるのが難しいのは分かる。

しかし、21日にはペプシ杯福岡県決勝が控えているのだ。当然調子が良い選手を起用するし、調子が悪い選手は下位、もしくはスタメンを外れる可能性もある。この試合はそういった意味で内容が大事な試合だったが、個人で結果を残したのはメトコス戦で3ランを打った畠中、ベストプレーヤートップを走り続ける馬場、目立たないが全打席四球で出塁の4番桝崎。(四球はヒットと同じ!)複数安打の吉川。

調子がいい選手が引き続き好調を維持しているものの、追随の元気がイマイチ。チャンスは作るものの、後1本が出ない。ポイントゲッターとなる選手が機能しなければやはりチームとして苦しい

我慢か、変化か。私にも決断の時が迫っている。

スコア:1対6
敗け:吉川
2塁打:畠中、吉川、馬場×2
安打:吉川
打点:馬場
盗塁:高橋、馬場
四球:桝崎×3、高橋、馬場、高波、畠中

第6回マルハンドリームカップ閉幕

9月2日11時~山王球場、マルハンドリームカップ福岡県予選準々決勝、対メトコス

<戦評>
懸念されていた台風の進路がそれ、この日のダブルヘッダー2試合に勝てば7日の決勝進出が決まるマルハンドリームカップ準々決勝対メトコスとの試合は、準決勝対グランドスラム戦を吉川に託すと決め、準々決勝の先発に指名したのは右腕敷根。1回裏の立ち上がり先頭打者から空振り三振を奪うも、2番にレフト前ヒットを許すと警戒していた3番にインコースへの勝負球をレフトへ豪快に2ランホームランを叩き込まれいきなりの2点ビハインド。

追いかける打線は2回、先頭の4番桝崎がレフトへのクリーンヒット、6番馬場が四球を選び1死1.2塁とチャンスを作るも後続が連続三振。続く3回の攻撃では2死満塁一打逆転の場面で打席には5番佐々木。その初球、止めたバットに当たったボールは自打球と判定されファールとコールされるも、球審とセカンドベース付近にいた塁審による協議の結果、相手のアピールが認められ一旦ファールとされた判定が覆りインプレーとなりホースアウトチェンジ。

流れは一気にメトコスに傾き3回裏、1死から1番にライトへの2塁打を打たれると、ワイルドピッチで1死3塁、続く2番のボテボテのサードゴロの間に1点を追加され0対3と苦しい展開。

3点を追いかける打線は4回、7番大坪、8番瀬川が2者連続四球を選び再び1死1.2塁のチャンスを作るも、9番敷根がサードゴロダブルプレーに打ち取られ、1度失った流れを引き寄せられない中迎えた5回の攻撃、無死から1番高村、2番高波が連続四死球でこの試合3度目となる1.2塁の場面。打席には3年前のメトコス戦で1試合2本の本塁打を打った3番畠中がゆっくりと左バッターボックスへ。
DSC05033 (1024x768)

イニング終盤、点差は3点。社会人野球の最高峰、JR九州野球部でレギュラーを掴み、これまで幾度となくチームを救ってきた男。その畠中が捉えた打球はライト方向へと鋭く高く舞い上がった。静まる球場、打球がフェンスを超えた瞬間、天才が拳を突き上げた。起死回生土壇場同点3ランホームラン

ジャッジで失った流れを再びたぐり寄せましたが最終回、先頭打者をサードエラーで出塁させ1死後、セカンドとライトの中間へと上がった打球をセカンドが落球、しかし素早くライト大坪がセカンドへ送球し、セカンドホースアウトのタイミングもセーフとの判定ベンチを飛び出し抗議するも認められず、続く2番のサードゴロの間にそれぞれランナーが進塁し2死2.3塁。

ここで内野手がマウンドへ集まり、初回ホームランを打たれた当たっている3番を歩かせ空いている1塁を埋める形で満塁策を選択。4番との勝負に全てを懸けましたが、ここまで1つの四球も与えていなかった敷根が最後はプレッシャーの中、押し出し四球を与えてしまい決勝点を奪われサヨナラ負け。福岡県ベスト8で第6回マルハンドリームカップは幕を閉じました。

<総括>
ジャッジどうあれまず言えること、メトコスは強い。そして何より楽しそうだ。この敗戦で通算0勝2敗。来年の目標が1つ増えた瞬間でもある。

試合を振り返ろう。立ち上がり警戒していたはずの3番に一発を浴び、絶対に与えてはいけない先制点を奪われ主導権を握られた。試合前、3番4番の前にランナーを出さないことをポイントに上げ伝えていたが、本塁打は想定外。この日の敷根はチェンジアップ頼み。ストレートがいつも通り走らず投球の幅が狭まり苦しかったハズだ。

しかし、最終回まで四球を出すことなく被安打4と崩れなかったのは流石。その粘りの投球が畠中の3ランを呼び込んだと言っても過言ではないだろう。一方の相手投手も本調子では無かったようだ。四死球が8つ、つまり8回もチャンスをくれた にも関わらず打ち崩せなかったのだ。
DSC05034 (1024x768)

最後は敬遠のうえ押し出しという結果に終わったが作戦は間違っていなかったと確信している。野手ももちろんそうだ。ここまで敷根で勝ち上がり、これからも柱となってもらわなければいけない投手、チーム全体でレベルアップし来年メトコスにリベンジしよう

最後に、マルハン過去2大会は俺たちが負けたチームが九州大会を制している!このジンクスに乗り、メトコスさんの九州大会制覇並びに全国大会でのご活躍を祈念致しております!有り難うございました。
DSC05035 (1024x768)

スコア:3対4
敗け:敷根
本塁打:畠中
安打:桝崎
打点:畠中×3
四球:馬場、高村×2、畠中、桝崎、大坪、瀬川、高波
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。