スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風情報!

エェェェェェェェェェェェェェェェェェーーーーーヽ| `Д´ ;|ノ
台風来よるやん!しかも2つ!!17号18号。福岡管区気象台によりますと曇り後雨。降水確率60%。これはマズイよ。30日のマルハン2試合が流れたとしたら、翌週?
よーしシミュレーションしてやろう。7日がマルハン準々決勝、準決勝、14日がマルハン決勝、その週末20日(土)21日(日)がマルハン九州大会。7日も雨降ったらどうするん?14日トリプル?ムリムリ(艸゚Д゚);∵:ゴフッ!!
100260-WID.jpg

せめて明後日1試合だけでもしときたいな。雨降るな!!

そういえば1ヶ月前、次対戦する相手が決まるメトコスと博工会の試合をチラリと観に行った時のお話。試合は終始メトコスのペースで進み7対2で勝利。長身から投げ下ろす右ピッチャーの球には威力があり、守備も固い。打線はエンドランを絡め中盤から後半イニングにかけ着々と加点。そつがない。特に3番4番の方のスイングは驚異だ。そしてベンチには溢れるほどの人。…強そ、が素直な感想。

ちなみにホットリーグで仲良くしてもらってるスパプラの境さんもメトコスのメンバーだそうだが、レギュラー当確じゃないらしい。ホットリーグで毎年盗塁王に絡む出塁率と足が魅力な人にも関わらず。それだけ層が厚いのだろう。

そして試合が終了。メトコスの勝利を見届け、自分達の試合にそろそろ行こうかな、「と、その時」その試合審判を務め終えたばかりのお2人が汗を拭いながら急接近。もちろんお2人とも私が山笠クラブの監督とは知るよしもない。

私「お疲れ様です!メトコス強いですね。」
A「うん、よー打つ。」
私「ピッチャーもいいですよね?」
A「あらなかなか打たれんバイ。他に左にも良かピッチャーが2人位おるけんね。」
私「へ~。じゃあ優勝候補ですね。」
A「次の試合勝ったら決勝まで行くやろうね。」
B「次どことあたるとかいな?」
A「ヤマカサたい。」
私『ドッキッーン』※よくご存知で∑(`∀゚´*)オォ!!!でもバレてない♪聞いてみよ。
私「どっちが勝つと思いますか?」
A&B 「…メトコス!」
私「ガ━(llo0艸0)(ll0艸0ll)(0艸0oll)━ン」
B「ヤマカサはバッテリーいいけど、点取りきらんもんね。」
私「Σ(O_O;)Shock!!」

評価とはそんなものなのだろう。点がとれないチーム?けっこうけっこう!まぁ見てて下さいよ!野球とはバッテリーを中心とした守備がモノを言うスポーツ!点取られなければ負けないんだから。
また言おう! 『強いチームが勝つんじゃない、勝ったチームが強いんダ!』
スポンサーサイト

お借り致します!!

2012年9月22日(土)日本の少子化に歯止めをかけるべく、我が国ニッポンに新たな夫婦が誕生した。山笠クラブ所属、背番号20 投手兼外野手 石井雅之 32歳。
石井ケーキ←最高の笑顔♪

山笠クラブの歴史において、石井の功績はひときわ輝きを放っている
2005年日刊スポーツマリン杯にて、九州大会MVPを獲得し、山笠ルーキーズを全国準優勝に導いた投手。全国大会決勝を除く全ての試合で先発を務め全国準優勝という快挙の立役者である。
kyuusyuu_winner_04.gif←九州大会制覇!in福岡ドーム!

その語り継がれる武勇伝の戦績が、これだ!ワン・ツー・スリー!

<福岡県予選>
1回戦 対パーハップス 9対4
2回戦 対NISHITAN 1対0
3回戦 対panics 4対0
<九州地区決勝大会>
1回戦 対ファイターズ 11対1
2回戦 対バンディッツ 3対3(抽選勝ち)
決勝戦(福岡ドーム) 対北川通信 7対0 
<全国大会>
準々決勝 対東実健保組合(関東C地区代表) 5対2
準決勝  対岬クラブ(関東B地区代表) 1対0
決勝   対ファイターズ(関東G地区代表) 1対3 

当時我々は25才。あれから7年の時を経て石井雅之が遂にゴールを迎えた。マサ、恵美子ちゃんオメデトウ!また、山笠クラブ選手を沢山ご招待頂き有り難う!
DSC_0050.jpg←この後点滴を打つ佐々木と上着を忘れた高波とその他選手一同。

今回、諸事情で披露宴に参加出来なかった選手達に、緊張の中、感動を呼ぶ“ハズ”であった石井の最後のスピーチを送ります。

「ほ、本日は有り難うございました。ここに至るまでの準備段階において、私の不手際で皆様方にご迷惑をお掛け致しましたことを、…この場をお詫びして、…(沈黙)お借り致します!!(爆)

借りとけ~ヾ(≧▽≦)ノバクショー♪末永くお幸せに!
120922_1532~01←よく見てくれ!山笠のユニフォームとえみこちゃんが情熱を注ぐ少林寺拳法の道着きとる♪

九州大会までの道のり…

私の会社は今月いっぱいクールビスを実施しているが、だんだんと半袖を着用する社員の数が減ってきている。いつしかセミの鳴き声を聞くことも無くなった。季節はいつしか夏から秋へと移行してしまったのだろう。「冬」にオフとなる野球にとって「秋」は一年の集大成の時期だ。リーグ戦も各トーナメントも最終局面を迎え、カテゴリは違えどそれぞれのNo1チームが決定することとなる。

今期は一昨年ベスト8、昨年ベスト4で涙を飲んだマルハンドリームカップと、昨年あと1歩で逃した全国大会出場に再チャレンジとなるペプシ杯の2つのトーナメントにエントリーし、それぞれ勝ち残っているのだが、ここにきて遂に両大会の九州大会の日程が発表された( ̄∇+ ̄)vドレドレ

『第6回マルハンドリームカップ九州大会(各県代表8チーム)』
10月20日(土)筑豊緑地球場
10月21日(日)西部運動公園

『2012ペプシ杯ベースボール九州大会(各県代表8チーム)』
11月17日(土)なまずの郷運動公園
11月18日(日)なまずの郷運動公園

両大会ともに2DAYSだが、違いはマルハンは土曜日1試合、日曜日にダブルヘッダーを行い九州代表を決めてしまうのに対し、ペプシ杯は土日ともにワンマッチで行われ、決勝(福岡Yahoo!ドーム)は別日にて行われるところにあるo(*^▽^*)o~♪

両九州大会進出までの道のりは、マルハンの準々決勝、決勝が9月30日、恐らく決勝は10月7日。ペプシ杯の決勝は10月21日を予定していたが、マルハンを勝ち上がれば九州大会とバッティングか。ん~難しいな。

ペプシ杯決勝の対戦相手レッドチェイサーさんは10月7日か21日での試合を希望されていたので、7日にマルハン、ペプシ杯のWタイトルダブルヘッダーも視野に入れねば。いや、駄目だ。球場がない。ナイターは避けたいからな~。リミットは11月11日だから11月4日、11日、3日の祝日もありか。ギリ過ぎ?

30日のマルハンダブルヘッダーに勝ったらレッドチェイサー代表さんに相談するしかないなm(。_。;))m ペコペコ…

LUCKY!!

「勝負に運不運はない。もしあるとすれば、幸運は努力の累積であり、不運は怠りの集計に外ならない。」

飛田 穂洲の言葉だったか、福田 精一の言葉だったか忘れたが、私はこの名言が好きだ。これはスポーツの世界において見事に当てはまる。敗戦の理由に「運が無かった」などという言葉を聞くとその選手、そのチーム自体の低レベルぶりを露呈するようなものだ。

…と、「運」についての考えを述べた上で、今回、「ツイてるな」と思った出来事がある。マルハンドリームカップの準々決勝、準決勝が9月23日に予定されていたのだが、16日に行われる予定だった第26回西日本軟式福岡県大会(山笠クラブは不参加)の準決勝、決勝が台風の影響を受け中止となり、23日にスライド。これに伴いマルハンの日程が30日にスライドとなった。

まさに「LUCKY!小さく━━o(・ω・`)。━。(´・ω・)o━━ガッツポーズ!!!

22日に行われる石井の結婚式二日酔い明けを免れたとともに、相次いで23日の欠席を表明していたメンバー達が揃うからだただでさえ“勝てば”ダブルヘッダーとなる試合。1人でも人数は多いほうが良い。ましては福岡県ベスト4、ベスト2。簡単に勝ち上がれるはずがない

出席者が増えたことにより、攻撃の選択肢、バリエーションは広がるが、スライドにより上岡・塚本の左右両投手を失ったことは痛い。…ん?投手2枚もヾ(´゚Д゚`;)ゝエーット・・・これはむしろ痛いのでは

望めばきりがないが、戦えるメンバーが増えたことは間違いない。
後はどう起用するかだな。
秘策はない、いつも通り戦えるのが最大の武器ダ
決勝へ行こう来れない奴らのためにも敗れたチームのためにも

やかましいわ!

9月11日PM10時。ようやく仕事が終わり、誰もいなくなったオフィスの電気を消し施錠。守衛さんに鍵を預け退社。いつも通りの毎日。何も変わらない。帰って飯食って風呂入って読みかけの小説を読みながら寝よーなどと考えながら、バイク置き場へ。バイク置き場と言っても会社の駐輪場は単車を停めることが出来ない為、近くの公園にいつも“停めさせて”頂いている。(福岡市さん有り難う、いやごめんなさい。)

昼間は私の他にもバイクや自転車がズラリと並んでいるが、さすがに夜中10時過ぎ、静かだ。目の前にはヒルトン福岡シーホークの客室の明かりがまだらに点いている。周りにバイクは数台残っているだけで、遠くでスケーターが赤いコーンを飛び越えて着地する「カーンカーン」という渇いた音だけが鳴り響いている

通勤でも、野球に行くのも相棒のヤマハXJR400、通称「ペケジェー400」の後輪に掛けたロックを外し、エンジンキーを回す。「キュキュッ、ドッドッドッド」とお気に入りのOVER社のマフラーから吹き出される排気音が辺りの静寂を蹴散らす。家までは10分少々。アクセルを軽く回す。クラッチを徐々に開き走り出すバイク。一旦歩道を横切るためスピードを緩めよう…

と、その時空振った!生まれて初めての空振り!バッターボックスではない、単車の上で空振りしたのだ。なな、なんと、ブレーキレバーを握り損ねたのだ。疲れてんのかなもう1度大きく右手の指を伸ばす。…アレ?ん?はぁ?…ぶ、ブ、ブレーキレバーがない!!慌ててフット(後輪)ブレーキをかけなんとか停車。危ねぇ。焦るオレ。のぞき込むようにブレーキレバーを見る。やはりない!!マジかっ。
120911_2240~01←哀れなペケジェー

…やられた。ブレーキレバーを買う金すらない貧乏不良か、イタズラか。レバーマニアやフェチはおらんだろ。ノーマルレバーだし。クソッ。

教習所ばりの時速20㎞弱で走行。それでも恐い。原付に抜かれる。止まる機能を半分無くした相棒をなんとか転がし帰宅。今朝通勤途中のバイク屋さんに修理を依頼し、会社までタクシーで出社。昼休みにバイク屋へ行き工賃込み4,400円で復活。いらん金使ったバイ。

帰り際、バイク屋さんが一言。「またお待ちしております!」

「やかましいわ!」

23日、どうするぅ~?

9月9日15時~雁ノ巣4番球場にて行いましたリーグ戦、対ハタックスとの試合は23日のマルハンドリームカップ準々決勝前最後の試合になるはずであった。しかし、プレイボール直前から降り出した小雨が、1回の表攻撃中に本降りとなりそのまま中断。

両チーム同意の上中止が決定し、“球場代”“試合球代”“審判代”“駐車場代”“JOYとヒロのヒット”を5分で失ってしまったガーン!!-=三ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(*T□T)ツ

失ったのはそれだけではない、この試合最も重要であった仮想メトコス戦の機会を失ったのだ。メンバーがいつものように揃っていればそう迷うことはないが、今回(23日)は迷う。誰を、どのポジションで、どの打順で行くかほぼ白紙。それを見極めるべくハタックス戦に挑んだが…。ん~。

先頭バッターおらん   (ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ユウジ・・・・
クリーンアップおらん  †ヽ(゚ロ゚;)ギョエェーッ! Wシンチャン
キャッチャーおらん   (; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!マサルドッキーンッ!

どうするぅ~?

と、いいながら期待してる一面も今回スタメンになる選手も「やってやろう」と思うハズマルハン準々決勝だし

しかし、今回雨で流れたけんリーグ戦も一時出来んな~。残り3試合まで消化しといて良かった!来月2つ消化して、11月のペプシ杯九州大会前にラスト1試合かな。ん~順調!
今年も秋まで気が抜けませんな (☼ Д ☼) クワッッ!!!

ペプシ杯決勝とスペシャル2DAYs!

9月2日に行いましたペプシ杯福岡県予選準決勝、夢子クラブに4対2で勝利し2年連続の福岡県決勝進出!決勝の相手は北九州市を中心に活動されているレッドチェイサーさんとの対戦。本来であれば決勝まで消化しておかねければならない時期であるが、マルハンドリームカップとの兼ね合いで消化が遅くなったお詫びと対戦の申し込みを兼ねて、先日レッドチェイサー代表さんに連絡を行いました

九州大会は11月17日(土)18日(日)に福岡県なまずの郷運動公園にて開催されることが決まっているため、決勝の消化リミットは11月初旬。今月はお互い日程が埋まっているため、10月中に試合をすることをお約束させて頂きました。アテスト方式のメリットはここ。お互いの話し合いの上、日程及び球場を決められることにある。球場は福岡と北九州の中間である宗像あたりが理想だけど、福岡市内の球場も視野に入れ確保に動かねば。もし市内の球場しかなく、こちらに遠征してもらうことになれば球場代、審判代はこちらで負担しよう。

さて、ペプシ杯とともに大詰めを迎えているマルハンドリームカップだが、ここにきて最大のヤマ場が。なんと準々決勝と準決勝がうちのパートのみダブルヘッダーにて行われるそうだ (´д`ι)しかも23日。これはマズイ。当日は運動会の幼稚園や学校が多いらしく子持ちの選手は不参加を早々と表明。

しかも、前日の22日は我がチーム石井雅之の結婚式があり、多くの選手が披露宴→二次会に出席。仲間の晴れ舞台だからみんな豪快に飲むのは当然だし、深酒になる可能性もあるが、翌日のメトコス戦は午前中の試合が濃厚。勝ったとしてもさらに連チャンで試合(・´ω`・)困ッタナァ…

まぁ言うてもしょうがない。来れるメンバーで2試合勝つしかない。いや、勝とう!このブログでさんざん選手層が厚いと言ってるように、誰が出ても戦えるメンツが山笠の魅力だ。

ミセマショウ、野球ノ底力ヲ
ミセマショウ、山笠ノ底力ヲ

ペプシ杯準決勝試合結果!

9月2日15時~名島球場、ペプシ杯福岡県予選準決勝、対夢子クラブ

<戦評>

福岡県決勝進出を懸け行いましたペプシ杯福岡県予選準決勝、対夢子クラブとの試合の先発マウンドに上がったのはマルハンドリームカップで既に2勝を上げている右腕敷根。立ち上がり先頭打者にいきなりレフト前ヒットを許すも、その走者を自らの絶妙な牽制で刺し初回を3人で片付けると、低めのコーナーを丁寧に突く持ち前のピッチングを披露し5回までを散発の3安打に抑え零封、疲れの見え始めた6回に2死満塁からレフト木村の前にポトリと落ちるアンラッキーなタイムリーにより2点を失うも終始安定した投球できっちり試合を作りました!
120902_1539~01←ワインドアップの敷根!カッコエエ~奥さんカワイカ~


序盤で敷根を援護したい打線は3回、対戦相手の夢子クラブにも籍を置く先頭の9番牟田口がライトフェンス直撃のシングルヒットで出塁するとすかさず盗塁、1死後大坪がライトエラーで出塁し1死1.3塁の場面でこの日3番に座った高波が起用に応えるライト前タイムリーを放ち先制

続く4回には四球、盗塁の馬場を2塁に置き、8番へと打順を下げた高橋があわやホームランかと思われたレフトフェンス直撃のタイムリーヒットで1点を追加すると、続く9番牟田口が2打席連続となる痛烈なライトへのヒットで2死1.3塁とチャンス拡大。ここで打席に入った1番高村が打席に入る前の宣言通りセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち3対0
勢いづく打線は5回、先頭の3番高波が四球、続く指名打者4番桝崎がライト前ヒット、5番佐々木が四球で繋ぎ無死満塁。続く馬場はサードゴロに倒れるも、7番瀬川に代わって送り出した代打がライトへの犠牲フライを打ち、3塁走者桝崎がダメ押しとなる4点目のホームイン。
120902_1536~02←第一子を授かった桝崎!オメデトウ


最終回に2点を奪われ終わってみればスコアは2対4と接戦でしたが、内容は完勝で決勝へと駒を進めました

<総括>

腰に若干の不安が残る主砲桝崎を指名打者に据えることにより、敷根をピッチングに専念させることが出来たとともに、桝崎の穴を埋める形でサードに入った牟田口が守備に打撃に輝きを放ち改めて層の厚さを示した試合。この試合8番高橋、9番牟田口と下位打線に廻った2人だが、十分に上位を任せられる選手である。

しかし、そんな2人が下位打線に廻らなければいけない状況に今年の山笠クラブの強さがある。この日も1番から9番までスタメン出場全ての選手が1度以上出塁しており、4得点は全て違う選手が打点を上げている。出塁する意識、次に繋ぐ意識が高いのでどこからでも得点が期待出来るのだ。

しかし、しかし!打線は水もの。打線の爆発を期待するよりも、ロースコアのゲームをものに出来るエラーを極力しない固い守備にもウエイトを置かなければいけない。このバランスが重要であり難しい。決勝戦はレッドチェイサーさんとの試合。2年連続の九州大会へ超える壁は後1つダ

最後になりましたが、夢子クラブさん有難うございました!また、井上監督には球場の確保から試合球の提供までお世話になってしまい重ね重ね御礼申し上げます。夢子クラブと尾谷酒店ズの分まで勝手に背負って決勝に臨んできます゚+.(・∀・).+゚.。oO(ヤマカサ魂)

スコア:2対4
バッテリー:敷根‐高波
勝ち:敷根
2塁打:高村
安打:高波、牟田口×2、高橋、桝崎
打点:高波、高橋、高村
盗塁:牟田口、馬場×2
四球:高波×2、瀬川、馬場、佐々木
MVP:敷根

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。