スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルハンドリームカップ2回戦試合結果!!

7月29日17時~西部運動公園野球場 第6回マルハンドリームカップ2回戦、対内浜オールスターズ

<戦評>

マルハンドリームカップ1回戦を9対3で勝ち上がり迎えた2回戦、対内浜オールスターズとの試合は手に汗握る投手戦となりました。山笠の先発マウンドへ送り出したのは1回戦勝ち投手の敷根侑喜。初回立ち上がり、先頭打者をゴロに打ち取るも、セカンド馬場がこれをファンブルし無死1塁、この後2つの盗塁を決められ3塁まで進塁を許すも後続をサードフライ、三振、三振でこのピンチを切り抜けると、6回を1人で投げ抜き被安打3、無失点とスコアボード全てに「0」を並べる貫禄のピッチング!
敷根←大黒柱 敷根侑喜!

一方打線は、今期ここまで調子の上がらない桝崎を5番に下げ、3番に馬場、4番に畠中を据える新クリーンナップで活性化を図るも、イニングの前半はストレート、後半は変化球を軸にテンポ良く投げ込んでくる相手投手に抑え込まれ、先週のリーグ高陣戦に続きこの日も得点を奪えないストレスの溜まる展開。6回終了時でスコアは0対0のまま規定時間に到達した為、特別ルールワンアウト満塁からの1イニング限定のエキストライニングに突入。通常は前のイニング終了時打者のネクストバッターが打席に入り、ランナーは打順をさかのぼって塁に配置するのだが、マルハンの公式ルールは全て自由。つまり、打者も走者も好きに配置して良いとなっている。

そして迎えた7回表、ここで警戒すべきは1点を取りに来る時の常套手段、「ヒットエンドラン」だが、強気の敷根-高波バッテリーはストレート2球で打者を追い込み「抑える!」かと思われましたが、勝負球を弾き返され打球は無情にも前進守備の二遊間を抜けセンター前へのクリーンヒットで1失点。しかし、ここで気持ちを切らすことなく続く2人の打者を三振、ライトフライに打ち取り1点ビハインドで最終回の攻撃へ。

マウンド←バラバラの円陣(笑)

タッチアップを想定し足の速い3塁走者に馬場、2塁に高波、1塁に松原を配置し運命の打席を託したのは今期首位打者の高村裕司。その高村が打ち上げた打球はライトへの浅いフライ。タッチアップは厳しいかと思われましたが、ここで返球を焦ったライトが捕球後に落球。打者高村は捕球が認められアウトとなるも、落球の間に馬場がタッチアップから同点のホームを踏み流れは一気に山笠へ

続く打席にはこの日4番に座った畠中を指名しましたが、初球デッドボールを受け2死満塁。勝負を決める3人目の打者に選んだのは1打席目に1塁線を破る痛烈な安打を放っている5番桝崎。
桝崎←主砲 桝崎晋史!

満塁となったことで押し出しでも勝利。精神的にも圧倒的優位に立っている桝崎に対する初球、動揺と疲れからか渾身のストレートは上ずりミットをかすめまさかの暴投。高波が手を叩きながらサヨナラのホームを踏み激闘に終止符が打たれました。

<総括>

試合開始前にこんなにも緊迫した展開になることを誰が予想しただろうか内容は五分。最後は絶対に勝つという気持ちで上回った山笠クラブの勝利かターニングポイントは4回の守備。相手3番打者が四球で出塁し4番がバント。これを1塁線上で捕球した高波がファールと確信したプレーがなんとフェアと判断され無死1.2塁。続く5番の左打者のバントは突っ込んできたファースト瀬川の頭上を越しポトリ。

しかし、この状況で一瞬セカンドベースへ戻りかけていたランナーを確認し瀬川が判断良く3塁へ送球しホースアウト!続く打者のサードゴロを捕球した桝崎はベースを踏んだ後、素早く1塁へ送球しダブルプレー完成でこの日最大のピンチを脱出。あそこで瀬川の判断と桝崎の好フィールディングがなければ落としていた試合かもしれない。苦しんだすえ掴んだ勝利!この経験を活かし3回戦は来週、8月5日9時~桧原球場にてベスト8を懸け対グリコ戦!次は打ち勝つ!
オレ背中←勝利の余韻に浸るワタシと勝利の汗をぬぐう高波!

最後になりましたが、内浜オールスターズさんナイスゲーム有り難うございました

スコア:1対2
バッテリー:敷根‐高波
勝ち:敷根
2塁打:大坪
安打:桝崎
打点:高村
MVP:敷根
スポンサーサイト

対高陣戦!課題が浮き彫りに。

7月22日9時~東油山球場、HOTリーグ第9戦、対高陣戦

<戦評>

3月11日に初回のスミ1で敗れたリベンジと、トーナメントまでの“試合間”と“試合感”を埋めることを目的として行いましたリーグ戦、対高陣との試合の先発マウンドに上がったのはここまで防御率1.75と安定した投球を見せる馬場。ブルペンでの状態は最高でしたが、前日まで降り続いた雨でぬかるんだマウンドが合わずに立ち上がり先頭打者に四球を許すと、続く2番3番4番の打球をセカンド山崎がまさかの確変連続エラーにより初回ノーヒットで2点を奪われる苦しい展開。

しかし、続く2回3回は四死球によりランナーを背負うものの、要所を締め被安打1、許した失点は初回の2点のまま4回から大坪へ継投。代わった大坪は3回を投げ被安打0の無失点に抑えるナイスリリーフを見せ味方の反撃を待ちましたが、期待の打線は相手スリークウォーター右腕の低めアウトコースを丁寧に突くピッチングに押さえ込まれ完全に沈黙

出塁は初回先頭打者で四球を選んだ吉川と、5回にノーヒットノーランを免れる貴重な内野安打を打った石井の僅か2出塁に抑えられ、3塁を踏むことなく1安打完封負け。両チームともヒット1本づつという投手戦はエラーが勝敗を分ける結果となりました

<総括>
今回対戦した高陣はホットリーグで常に優勝争いをする強豪で、西日本新聞社が主催し毎年秋に開催される西日本野球決勝大会や西日本野球審判協会が主催する各リーグ選抜トーナメントで優勝するほどの福岡屈指の実力チーム。そんな高陣との試合は、29日のマルハン2回戦へ向け勝敗はともかく内容を求めていましたが、収穫よりも課題が浮き彫りとなりました。

高村、高橋、瀬川、畠中、高波等主軸を欠いていたとはいえ、打てない。相手投手が良い投球をしていたのは間違いないが、打てないのであればそれなりの工夫や意識を変えなければいけない。にもかかわらず簡単にポンポンフライを打ち上げてしまうのは問題だ。クリーンヒットや自慢の長打で出塁するほうが勢いは付くだろうが、良い投手はそう簡単に甘い球を投げてこない。

この先トーナメントで勝ち上がるにつれ1点を争う勝負になることは明白。1番から9番打者まで同じように簡単に打ち上げているようでは悲願の全国大会には行けんバイ。みんな技術はあるんだから!意識の問題よ!『飛球多き日は敗れる。ゴロの多き日は度々チャンスがくる。飛球は敵を利し、ゴロは味方を利す。

スコア:0対2
バッテリー:馬場→大坪-桝崎
敗け:馬場
安打:石井
四球:吉川

先攻と後攻どちらが有利か?

私たち山笠クラブが所属するホットリーグでは同じパートのチームと年間2回の対戦があるため、先攻と後攻が交互にあらかじめ決めてあります。しかし、トーナメントは1発勝負のため、試合開始前に主審立ち会いの元、両チーム代表者による「じゃんけん」で先攻・後攻を決めます。ここで問題になるのが、先攻と後攻どちらが有利か?という事です。

例えば、7回で同点のため延長となった場合、先攻のチームの先頭打者が二塁に出たとします。この場合、守備側には敬遠という選択肢もありますが、敬遠した走者まで得点させるリスクを背負うことになります。敬遠が裏目に出て、2点差を1イニングで追うことになるのは避けたい。敬遠をするか勝負するのか、難しい選択を迫られます。

一方、同点で延長回の後攻のチームの先頭打者が二塁に出れば、敬遠策を用いやすい。どうせ、歩かせた走者は勝敗には関係ないからです。延長の裏の守備は、守っている選手にとってはプレッシャーになるとしても、逆に守りやすさを選ぶこともできます。

高校野球では地方大会の「準々決勝以上」の4000試合以上の標本で「後攻有利」のデータがあるそうですが、要素として「弱小校は先攻、強豪校は後攻をとりたがる傾向がある」そうです。その根拠として「弱小校は序盤にたまたま先取点が入り、そのリードで逃げ切るという“波乱”が起こる可能性に賭け、先攻をとりたがる」とのことですが、先攻にそんな優位性があり実際弱小校が行うセオリーであるなら、強豪校こそ弱小校による波乱を避けるために敢えて先攻をとる作戦にでるはずなので根拠が自己矛盾を起こしています。

しかし、たしかに高校野球で弱小校が強豪校を食うときのパターンの1つが、初回表の先制点です。初回表に先制して、とりあえず主導権を握り、相手はいつでも逆転できるからと送る場面で送らず、強攻して併殺、走らせて盗塁死。そんなパターンにはまれば、「波乱」も期待できます。

これを踏まえると、弱いチームが強いチームと対戦するとき、先攻をとりたがる傾向があるのもうなずけます。一方、強いチームは受けて立てばいいのであって、別にどちらでも構わない。何がなんでも先攻ということにはならないでしょう。

まとめると、打線に自信があるチームは先攻で先に点を奪い優位に試合を進めたい。投手含めた守備に自信があるチームは後攻でまず守ってリズムを作ってから攻撃に繋げたい。当たり前ですが、打者有利な環境では先攻有利。投手有利な環境では後攻が有利という結論でしょうか。山笠クラブは…。どっちでもいいな♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪

マルハンドリームカップ1回戦試合結果!!

7月8日11時~汐井球場 第6回マルハンドリームカップ1回戦、対福岡モリソンズ

<戦評>

ついに迎えた第6回マルハンドリームカップ1回戦、対福岡モリソンズとの試合。先発4本柱左の上岡、右の塚本、稲永、正捕手高波のバッテリーが不在。更にこの試合先発予定としていた右腕敷根も夜勤明けで試合開始に間に合わない可能性が高い事があらかじめ判明。

敷根の到着までは野手を投手起用しなければいけない事態となり、大事な先発マウンドを託すと決めたのは投打ともに売り出し中の背番号28吉川史亜。結局、試合開始前に敷根が到着したため、先発を変更する事も出来たが、ブルペンでの吉川の状態の良さを確認し予定通り吉川を先発のマウンドへ送り出すと、伸びのあるストレートにブレーキの効いた大きく曲がるカーブを織り交ぜ、2回を投げポテンヒット2本を許すものの無失点に抑え見事先発として起用に応えました

打線は初回、1番高村が四球で出塁すると、好調2番大坪が右中間を深々と破るランエンドヒット3塁打で試合開始3分間で速攻1点を先制。これで動揺したのか続く3番畠中、4番桝崎が四死球で繋ぎ無死満塁。5番馬場が三振に倒れるも、続く6番佐々木の場面でピッチャーが暴投、大坪が還り1点を追加。それぞれランナーも進塁しチャンス継続かと思われましたが、3塁を少し廻っていた畠中が一瞬の隙を突かれ、暴投を取りに行った捕手からの3塁送球タッチアウトでツーアウト。

2死2塁となり流れを掴み損ねたかと思われましたが、今期未だ無安打の眠った大砲佐々木周が、お待たせしました右中間を真っ二つに破るタイムリースリーベースを放ち初回3点を先制勢いに乗る打線は3回、下位打線が作ったチャンスに9番木村が2死満塁から変化球を上手く引きつけセンター前へのタイムリーヒット、4回には1死3塁から4番桝崎が犠牲フライを打ち1点を追加、押せ押せの中、続く5番馬場が真芯で捉えた打球は、打った瞬間にそれと分かるレフトフェンスを遥かに越える特大ソロホームランでダメ押し!

5回には代打で登場した山崎がセンター前ヒットを放つとこれをセンターが後逸し一気に3塁へ。この場面、1死3塁打者畠中。今後1点を争う試合を想定してカウント1-0からエンドラン決行。しかし、投球がワンバウンドのボール球だったため畠中は手を出せず、結果的にホームスチールという形でおかわり追加点。タイムリーありホームランあり小技ありで大量9得点。

試合は結局、3回から満を持してマウンドへ上がった敷根が最終回に連打を許し3点を失うも、効果的に得点を積み重ね9対3で大事な初戦を見事に突破しました
最後になりましたが、福岡モリゾンズさん有り難うございました!

マルハンドリームカップ2回戦は7月29日17時~西部運動公園球場、対内浜オールスターズです。

バッテリー:吉川→敷根‐桝崎
勝ち:敷根
本塁打:馬場
3塁打:大坪佐々木高村
安打:木村、畠中、山崎、佐々木
打点:大坪、佐々木×2、木村、桝崎、馬場
盗塁:高村、馬場、山崎
MVP:佐々木

いらっしゃいませ!多分、福岡モリソンズ様!

6月24日山王球場で予定されていたマルハンドリームカップ1回戦が、前夜から降り続く雨の影響で中止となり、今週末7月8日11時~汐井球場へと延期になりました。これに伴いスタメンも大幅に変更。戦力アップ、ダウンとかは全然関係ない。むしろ、前回スタメンじゃなかった選手を今回スタメンに抜擢してるわけだから、彼らのモチベーションはむしろプラスでしょう

唯一頭を悩ませるのは高波の欠場これに伴い捕手を桝崎なのか馬場で行くのか。どちらも守備にも肩にも不安はないけど、その二人の守備位置により周りの守備位置が変わってくるからな~。イケ面と組ませるのはどちらがベスト布陣になるんだろ。ん~どちらにしろ楽しみ。
週間天気予報を見ると土曜日は雨で日曜日は曇り。微妙 ( ̄Д ̄;;

ここまで、既に福岡県予選1回戦8試合が終了しているようだが、8試合中、2点差が4試合、3点差が3試合と全て接戦。(1試合は不戦勝のようです)ちなみに、ふくおかファイナンシャルグループは0対2で初戦を飾ったようです。

さて、中止が決まってから一時経った先週中日の夜20時頃、やき鳥山笠大将(親父)から珍しく携帯に着信が…。なんやろ?

私「もしもし。」
父「おう!今度8日に汐井球場で試合するっちゃろ?」
私「そうやけど、なんで知っとーと?」
父「相手チームの人(監督さん?)が名刺持って、わざわざ対戦前に挨拶に来てくれとーばい」
私「え!?どんな人なん?」
父「○○○放送局の偉い人達みたいよ。今年創部1年目って。今から来れるとか?」
私「いや、仕事中やけん行けん。宜しくお願いしますって言っとって!」
父「分かった。プープー」

…。スゲッ。どんだけ律儀なん。わざわざご挨拶って。ってことはホームページをご覧頂いたのかな r(^ω^*)))テレマスナ
負けても勝っても今後とも“やき鳥山笠”はご贔屓にお願いします((^┰^))ゞ テヘペロ

あ~毎日残業。疲れた。帰って、「なんだ君は!?TV」見て→「デジももタイムズ」見て→「NEWS23クロス」見て寝よ(☼゜∀`)ノ~~~♡

アビスパ福岡対愛媛FC、後半戦初戦!

アビスパ福岡。前半戦を終えての成績は6勝9分6敗。順位は勝点27で13位。「J2で優勝してJ1に昇格する」ことを目標に掲げる福岡は、不本意な成績で前半戦を終えた。だが、前を向いて進むチームの姿勢に変わりはない。福岡が目指すのは、残り21試合で首位・山形との間にある勝点14をひっくり返すことだ。2004年シーズンに、入れ替え戦の出場権を争う山形に対し、残り8試合で8あった勝点差をひっくり返して最終的に勝点5の差を付けたことや、2010年シーズンでは、後半戦に12勝3分3敗の成績を上げてJ1昇格を果たしたことなどから見れば、その数字を追いかけることは決して不可能ではない

そんな中で求められていることは、まずは守備面に散見される何気ないミスを、どこまで減らせるかということにある。自分たちにとって何でもない場面であっても、最後まで全力で走り切ることや、常に最大限のアラートさを発揮すること。それが逆転への最大の鍵を握っている。攻撃面においては、怖がらずに前へ仕掛ける姿勢を貫くことがポイントだ

そして、迎えた後半戦の初戦となる愛媛FCとの試合。コンパクトなゾーンを形成して、ボールをポゼッションしながらゴールを目指す。福岡も愛媛も、表現したいサッカーに大きな違いはなく、立ち上がりは、互いに相手のコンパクトなゾーンを抜け出せない時間帯が続く。そんな展開の中、時間の経過とともに違いが現れる。それは前への推進力の違いだった。 前半、シュート数だけなら福岡の4本に対して、愛媛の6本。しかし、怖さという点では明らかに福岡が上回った。鈴木と岡田が中盤を制圧してゲームをコントロール。前線ではキレが戻ってきた坂田大輔が裏のスペースを狙い、高橋が相手の間でボールを受けて愛媛の守備を中央に引き付け、そしてサイドへ展開してチャンスを作った。これはまさに、福岡が目指すサッカーの形。

決勝ゴールが生まれたのは前半26分。それは福岡の狙い通りの形だった。攻撃の始まりは岡田隆がセカンドボールを拾ったところから。その岡田からボールを預けられた鈴木惇が左サイドの高い位置に出てきたキム ミンジェへ展開。そして、キム ミンジェが高橋泰とのワンツーから左サイドを抜け出してファーサイドへ向けてクロスを送り込む。最後を締めくくったのは福岡の「雨男城後寿
ジョウゴ!キタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

120701_1956~02 ←Oh my 城後~届いてるかい?俺たちの熱い声~!

競り合う前野貴徳よりも頭ふたつ高く跳び上がってヘディングシュートを叩きつけた。「自分が点を取ることでチームが勝てたので、すごく嬉しい。後半戦は自分にとっても、チームにとっても結果が求められているので、そのスタートで点が取れたというのは、前向きに捉えていいのかなと思う」とは城後。前半戦は思うような戦いができなかった福岡だが、後半戦での巻き返しに向けて幸先のいいスタートを切った。

120701_1956~03[1] ←Oh my 城後~久留米の者(もん)なら~行け!打て!見せてやれ!ジョウゴ~!

これで福岡は4試合ぶりの勝利。勝点3はもちろんだが、前節の横浜FC戦に続き、自分たちの目指すサッカーを表現して勝利を得たことは、後半戦の巻き返しに向けて大きな収穫。「精神的にも、チームが一つの方向に向かうという観点からも、非常に重要な1勝だったと思う」と前田浩二監督は試合を振り返る。だが、置かれた立場を考えれば、J1昇格を果たすためには、この日の試合を続けることが条件。そういう意味では、次節の徳島戦で、どのような試合を見せるかが大きな鍵になる。

120701_1957~03[2] ←前田浩二監督。毎回選手交代のタイミングが遅く、交代枠を余らせることも…。ナゼ。

ここからは、1試合、1試合が勝負。自分と仲間を信じ、そして福岡に関わる全ての人たちの力を合わせて勝利をもぎ取りたい。ガムシャラ!アビスパ福岡!

120701_1800~01[1] ←この瞬間のために!勝利を有り難う!


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。