スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OB紹介(投手編)

今年で創部13年目となった山笠クラブですが、これまでに沢山のOBを輩出しております。そこで、過去に在籍していた選手達を部門別に紹介していきたいと思います。

先ずは投手編!(五十音順)

木 康作(KOSAKU AOKI)投手 右・左 背番号21 紹介:益田
青木康輔の兄であり、益田の同級生。住吉中時代は益田との2枚看板エースとして活躍し、東海大学附属第五高校に進学。その当時東海第五のキャプテンをしていたのは桝崎晋史!カウント2-3になると、「打てー!」「入れ-!」と声を出しながら豪快な真っ直ぐを投げていた。尚、声を上げる時はたいがいがボール。

吉 証司(SEIJI AKIYOSHI)投手 右・右 紹介:?
一時期、コカコーラ勤務の野球人が沢山加入した時期に在籍。ややスリークオーター気味からコントロール重視のピッチング。

高瀬 (YASUYUKI TAKASE)投手 右・左 紹介:石井
石井雅之の実弟、兄同様投手であるがタイプは真逆。大きな体格を活かし、真上から投げ下ろす力投型のピッチャーであったが、上半身の力に少し頼り過ぎる傾向があった。ただ、球威は魅力で、トーナメントの先発を数試合努めたほど期待していた選手。第3回マルハンドリームカップ、メトコス戦で最終回2死から畠中がその試合2本目のホームランを打ち追いつき延長に入ったものの、5点を取られ(1死満塁特別ルール)敗れた後の悔し涙は伝説。

竹中 康(YASUAKI TAKENAKA)投手  右・右 紹介:松原
ピッチング、プレースタイルどうこうよりも、入団後初の試合後の加入挨拶の際に、「はじめまして竹中です。“やす”って呼んで下さい!」と、あいのり顔負けの挨拶が印象的な宮﨑人。

浜口 (DAISUKE HAMAGUCHI)投手 右・右 背番号18 1期生
山笠クラブ創設者であり、初代監督。沖学園で硬式野球を卒業し軟式で新たなスタートを切ると、その才能が認められ翌年にサニクリーン九州へ野球で入社し数年後に全国大会優勝を達成。その経験を引き下げ山笠ルーキーズに出戻り、石井の活躍で勝ち上がった日刊スポーツマリン杯全国大会決勝のマウンドを託すも、1回3失点を喫して降板を命じた。全国優勝を逃した、今でも悔しい思い出だが一番悔しかったのは彼だろう。そのマウンドを最後に山笠を去った。いろいろあったが、今は感謝を伝えたい。

田 康則(YASUNORI YOKOTA)投手 右・右 背番号6 紹介:瀬川
ビッグマウス。という言葉が野球でも私生活でも一番よく似合う。素晴らしい素質を持っている選手であったが、無断欠席やチームメイトとのトラブルにより脱退。

大伴 啓(KEITA OTOMO)投手  左・左 背番号17 紹介:瀬川
2003年の夏に山口県代表、岩国高校のエースで4番として優勝候補広島の広陵高校を破るなど準々決勝まで勝ち進み甲子園を湧かせた左腕投手。その後慶応大学へ進学後は同学年に大学BIG3の加藤幹典が居たことから野手へ転向し、慶応大学の5番を任されていたほどの打者。山笠クラブ加入後はもちろん投手として活躍するも転勤に伴い脱退。
スポンサーサイト

対ルーラーズ戦!新加入2人の活躍で初勝利!

4月22日15時~柏原球場 HOTリーグ第5戦、対ルーラーズ

<戦評>

朝方までの暴風雨で開催が危ぶまれていましたが、なんとか天候が回復し迎えたリーグ第5戦の相手は、過去全敗を喫しているルーラ-ズとの試合。

今期ここまでの先発は第1戦 青木●9-2、第2戦 敷根●0-1、第3戦 馬場△5-5、第4戦 牟田口●10-9
4試合中3試合が1点差以内という試合内容も結果が伴わない中、大会を前に負の連鎖を断ち切るべく第5戦の先発マウンドに上がったのは新加入の稲永。

立ち上がりからカーブを織り交ぜ、自身の特徴である「打たせて取る」ピッチングを披露し3回までを無失点に抑える上々の立ち上がり。均衡が破れたのは4回表、相手先頭の3番打者に出塁を許し、4番にはエンドランを決められ、好走塁もあり無死2.3塁のピンチを招くと、続く打者にセンターへの犠牲フライを打たれ先制を許す展開。

しかし、後続を断ち最小失点で踏みとどまると、取られた直後の4回裏に先頭の好調2番青木がそれまで打ちあぐねていた相手先発左腕江島くんからライトオーバーの2塁打を放つと、暴投で3塁へ進み、3番高橋のサードゴロの間に好走を見せ同点のホームイン

再び試合が動いたのは6回表、打線の援護がない中好投を続けていた稲永ですが、追い込みながらも3番打者にレフトへのソロ本塁打を浴び2対1と勝ち越しを許すものの、ドラマはその裏。2死から5番キャプテン瀬川がセンターオーバーの2塁打で出塁、続く稲永が四球で繋ぎ、2死1.2塁の場面で7番牟田口が捉えた打球は今期チーム第1号となるライトフェンスを遥かに超える“起死回生”逆転3ランホームラン!最終回は青木が締め初セーブ!新加入稲永、牟田口両選手の活躍により、待望の今期初勝利を飾りました!

<総括>

牟田口の本塁打がクローズアップされるのは当然であるが、この試合出た2本の2塁打も本塁打級の価値があった。
まずは4回裏、無死からライトオーバーを打った青木。それまで無安打に抑えらえていたなかでの初安打とともに、点を取られた直後の一打。すぐさま追いついたことは流れを渡さなかった最大の要因。
そして6回裏、2死からセンターオーバーを打った瀬川。牟田口の3ランの呼び水になった事は言うまでもないが、あそこで瀬川が出塁しなければ、最終回は下位打線。というか、私に打順が回ってくる状況でしたので、試合を決める確率が高いのは、2死からでも6回裏に得点する必要がありました。

本塁打に隠れた2本の殊勲打!この2本が今後上位追撃の狼煙になるかもしれない

スコア2対4
バッテリー:稲永→青木-高橋→馬場
勝ち:稲永
セーブ:青木
本塁打:牟田口
2塁打:青木瀬川
盗塁:馬場
MVP:牟田口

New PLAYERS!

山笠クラブ正式入団後、初の登板となる明日の試合を前に、今期新加入(2名)の選手紹介を致します

稲永 (YOSUKE INANAGA) 
背番号② 投手 右投 右打

山笠クラブ入団までの過去1年間に助っ人としてトーナメントを含め5試合以上先発を託し、そのほとんどの試合を一人で投げ抜き勝利投手となった信頼のおける投手。監督からのラブコールを受け山笠クラブのユニフォームに袖を通すこととなった。オーソドックスなオーバースローからの投球ではあるが、なんといっても武器は追い込んでからの右打者へ食い込むシュート。このシュートにキレがある時は、ほとんどの打球が内野ゴロとなるが、痛打される場合はカウントを取りに行ったストレートが多いため、追い込み方さえ間違えなければワンアウトが計算出来る。そして、目を引くのはゲームを作る(壊さない)投球術。調子が悪い時は悪いなりの投球が可能で大崩れがない。また先発でない場合、一人一殺が求められるゲーム終盤の場面でもシュートを武器に期待に応える投手。

打力:○ 守備力:○ 走力:△ 粕屋の火災:オレが消す

牟田口 直(NAOKI MUTAGUCHI) 
背番号 ⑱ 内野手 右投 左打

山笠クラブ創設以来初の平成生まれプレイヤー。ゆとり教育を彷彿とさせる優しい顔立ちをしているが、プレーは大胆不敵。内野であればどこでも守れる器用な選手で、打球に対しての反応が速いとともに飛び込むタイミングに優れており、抜けそうな鋭いあたりを好捕する。また、投手不在の時にはマウンドに上がりストレートを主体に押さえ込む事が出来るが、好不調の波がハッキリしているところは課題。高村、桝崎、高橋、馬場等がひしめくレギュラー激戦区の内野争いに加わる守備力は既に備えているため、俊足左打ちを生かした“高出塁率”をキープ出来れば、山笠クラブに新たなオプションと戦術を与えることとなる。

打力:△ 守備力:○ 走力:○ 放火:ダメ、ゼッタイ

第6回マルハンドリームカップ参加受付スタート!

キタ、キター!第6回マルハンドリームカップの参加申込受付がスタートしました!…しかーし!
…ナンジャコリャーΣ(゚д゚;) ワオォ!?参加料がアップしとるやん(/TДT)/ぁうぅ・・・・

しかも、クレジット決済になっとるし、参加チケットをわざわざコンビニで発券せないかんし、それから申込用紙をダウンロードして、登録選手情報を入力してメール送信してよーやく完了(w_-; ウゥ・・ なんかめちゃややこしくなっとる。なぜ

先着順で参加チーム締め切られるから急がねば。もう間に合わないかも。…なんてことはありません!もう山笠クラブの申込完了しました∑(゚Θ゚)ハヤッ!!

あー楽しみ~早く組み合わせ抽選会ならんかなさて、以下文章はマルハンドリームカップ公式ホームページより抜粋ですが、なんと、全国大会(決勝トーナメント)は今まで通り東京ですが、全国大会決勝は福岡Yahoo!ドームみたいですね。目指すはココだ!マジで(っ゚⊿゚)っマジ!

<マルハンHPより抜粋>

2007年より過去5回行われている「マルハンドリームカップ」は、現在行われている数ある軟式野球大会の中でも、全国規模で行われる大会としては唯一オープン形式の軟式野球全国大会です。

参加1500チームを8ブロック
に分け、全国47都道府県で予選を行い地区代表を決定、見事地区大会を勝ち抜いた8チームが東京で決勝トーナメントに進出します。

決勝トーナメントを勝ち抜いた上位2チームによる決勝戦の舞台は福岡ヤフードーム
。昨年プロ野球日本一となった福岡ソフトバンクホークスのお膝元で「第6回マルハンドリームカップ全国ベースボールトーナメント」は日本一のチームを決定します。

優勝チームにはプロ野球OBチームとのスペシャルマッチ!目指せ!全国トーナメント!目指せ!福岡ヤフードーム!
果たして全国1500チームの頂点にたつのは!
軟式野球日本一をかけた熱い熱い戦いが各地で幕を開けます。

2011年ペプシ杯九州代表決定!

昨年の2011年ペプシ杯に福岡県代表として出場し、11月に行われた九州大会準決勝で2対3と惜しくも敗れたのは記憶に新しい出来事です。
※詳細は、Yahoo!検索→ビクトリージム→「草野球王座決定戦」ホームページをご覧下さい。

そのペプシ杯杯九州大会決勝戦が、去る4月8日(日)に福岡Yahoo!ドームにて開催されました。決勝へと駒を進めたのは、山笠クラブが敗れた熊本県代表「熊本金太郎リーグ」と大激戦区沖縄県予選を勝ち抜いた沖縄県代表「居酒屋しし丸」。

結果は、熊本金太郎リーグが0対6で勝利し、九州代表へと登りつめ、全国大会への切符をつかみとりました!心からおめでとうございます

…。つまり、つまりですよ。俺らが金太郎さんに勝っていたら…。勝負事に「たら」「れば」はなしなので止めておきましょう。今年勝てばいいんだからさ~*´∀`)*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)

昨年の借りを返すべく、2012年のペプシ杯予選も5月末よりいよいよ始まります!リーグ戦で未だ勝ち星なしもトーナメントは一発勝負!さぁ上げていこうぜ!

金太郎リーグ

ペプシ杯九州大会

改!ベストプレイヤー制度!

ベストプレイヤー制度なかなか好評でした!良かったლ(╹◡╹ლ)

選手のモチベーションを上げる事を第1に考えて作った制度ですが、なんせ初めての試みですのでまだまだ手探り状態ですが、みんなの意見等を取り入れながら今後充実させていきたいと考えています

今回は早速、畠中慎太郎からの意見を取り入れポイント項目及び、ポイント獲得表を変更しました

畠中「四死球はヒット1本に値すると思うから、1ポイント加算してもいいいのでは!?打ちたい気持ちを抑えて、選球しているのだから! また犠打や犠飛も同様だと思うけど、打点も1打点1ポイントだとチャンスに強くなるかも!」

さすがの着眼点 (ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

おかげでノーヒットのイタルが現在3位だよ!やったねイタル(*≧ε≦*)ノ彡☆テヘペロ!!
※佐々木周(イタル)の名誉のために軽くご説明しますと、彼は昨期、打率.444を打ち、本塁打と打点、チームトップの2冠王の強打者です。

畠中の意見を反映しポイント項目を以下のとおり変更しました。
<ポイント表>
・試合参加者:1ポイント
・MVP   :5ポイント(勝ち試合のみ)
・勝ち投手 :3ポイント
・本塁打  :4ポイント
・3塁打  :3ポイント
・2塁打  :2ポイント
・安打   :1ポイント
・打点   :1ポイント※追加項目
・四死球  :1ポイント※追加項目
・盗塁   :1ポイント

現在トップは前の試合猛打賞の高村裕司!続いて1ポイント差の2位は2塁打2本を打った山崎泰弘!更に1ポイント差の3位タイには佐々木周と大坪恭兵!詳しくは本ホームページ、選手紹介の中の「ベストプレイヤー制度」をご覧下さい!

サンキューヤス!ユウジ!サンキューな!!

一見、何気ない場面だった。しかし、そこに山笠の強さと優しさを見た

昨日の試合レポートで書いた、8日の福岡オリオンズ戦1回裏、山笠加入後2試合目で先発を託した牟田口は2死から7点を奪われ打者一巡、球数も増え明らかにマウンドで孤立していた。私は一度、5番に3ランを浴び、更に6.7番に連打を打たれた場面でマウンドへ行き「大丈夫!後ワンアウト取れば仕切り直せる!行けるか?」と声を掛け、「はい、大丈夫です」の言葉に期待を込め続投を決断。

しかし、8番にもヒットを打たれ、代打9番には2ラン浴びたところでセンター大坪との交代を告げようとした、その時、私より先にマウンドに駆け寄ったのはセカンド山崎(ヤス)とサード高村(ユウジ)の両ムードメーカー

2人は牟田口を気遣いつつ「オレが投げると、なんと2人とも自ら交代を申し出たのだ。

それは、これ以上の失点はゲームを決めてしまうと2人が判断したと共に、若い牟田口に対する優しさに外ならない。結局代わった山崎も打たれたものの、ここでのポイントは、山笠のチームスタイルである「その場の状況に応じたプレーを選手個人が考え実践する」ということが現実に実行出来ていることにある。

初回、大量失点により動揺しているのは選手も同じ、そこでベンチの指示ではなく選手個人が状況を打開出来る術を考え、冷静な判断が出来ているからこその行動である。あのままもし牟田口を続投させ、さらに打たれていた場合、勝ち星よりも大事な、「自信」「信頼」を失うリスクがあった。

マウンドにヤスとユウジが駆け寄り、「オレが投げる」と言った瞬間「やっぱり山笠クラブはいいな」と思いましたヤスとユウジはもしかしたらそこまで深く考えていないのかもしれない、でもそれならそれでいい。自然に行動出来ること自体素晴らしいんだから

対福岡オリオンズ戦、乱打戦を制したのは!?

4月8日15時~雁ノ巣6番球場 HOTリーグ第4戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

対戦相手に予定されていたテクニカル福岡から福岡オリオンズへと変更されて迎えた第4戦は、ホームからレフト方向へ強い海風が吹き抜ける雁ノ巣球場での試合。今シーズン初勝利へ向け先発のマウンドに上がったのは今期新加入の牟田口。

1回表の攻撃で幸先よく1点を奪い援護をもらった後の立ち上がり、簡単にツーアウトを奪うも3番打者が打ち上げた打球を牟田口が走りながらフェアライン上で捕球しようと試みた打球がグラブの先に当たり出塁を許し悲劇の幕開け。続く打者からセットポジションになったとたんコントロールを乱し四球を許すと、5番打者へはストライクを取りに行った甘いストレートを痛打され3ランを浴び逆転。更に6.7.8番に3連打を打たれ、尚も代打の9番打者に2ランホームランを浴び0回2/3、7失点でまさかのKO

緊急登板となった山崎も打線の勢いを止められず、代わりばな1番打者に2塁打を打たれ、2番打者にはこの回3本目の被弾となるツーランホームランを浴び初回なんとなんと過去ワーストの9失点。

しかし、強烈な3本のパンチに目覚めた打線は2回表、先頭の5番馬場がレフト前ヒットで反撃の狼煙を上げると、6番山崎がレフトへの2塁打、7番牟田口がライトへのタイムリーヒットで3連打!更に8番益田が四球を選び、9番石井はライトエラーで出塁し無死満塁。押せ押せムードの中、1番高村がタイムリー、2番大坪も連続タイムリーを放ちこの回一挙7点を返しスコアは2回表終了時点で8対9 (;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ス、スゴッ!!

1点差と迫ったところで、2回裏から左腕大坪を今シーズン初めてマウンドへ送ると、見事起用に応え5回を投げ被安打3、失点は僅か1と好投し試合を作り直しました!しかし、3回から交代した相手リリーフ投手からは1点のみしか奪えず結局9対10で敗戦。開幕後引き分けを挟んで3連敗となりました。

<総括>

初回が全て。先発の牟田口は決して状態は悪くなかったものの、不運な出塁から始まり、タイミングの合っていなかった5番打者に追い込みながら3ランを許したことで、完全に自分のリズムを乱してしまった。どんな投手も立ち上がりは難しいもの。もちろん先発投手の試合への入り方も重要だが、2番手投手の準備や、スパッと代える勇気をもった“積極的”な采配も考えさせられる試合であった。今回は打たれたが、牟田口は期待の選手!今後も必ず起用します!

スコア:9対10
バッテリー:牟田口→山崎→大坪-馬場→桝崎
敗け:牟田口
2塁打:山崎×2
安打:高村×3、大坪、馬場、牟田口
盗塁:高村、大坪、馬場

ベストプレイヤー制度設立!

山笠クラブ ベストプレイヤー制度

山笠クラブ所属選手のモチベーションを上げるとともに、優秀選手への表彰を目的とした「ベストプレイヤー制度」を設けることと致しました!

本制度はポイント加点式とし、リーグ戦及びトーナメント試合を対象として、毎試合選手へ以下基準項目に該当するポイントを付与し、最終的に年間獲得ポイントが多かった上位者(2~3名を予定)へ賞金もしくは相応の賞品を授与することと致します。

現時点の獲得ポイントは、本ホームページのトップページからご確認頂けます!
現在トップは青木康輔

<ポイント表>
・試合参加者:1ポイント
・本塁打  :4ポイント
・3塁打  :3ポイント
・2塁打  :2ポイント
・安打   :1ポイント
・盗塁   :1ポイント
・勝ち投手 :3ポイント
・試合毎MVP:5ポイント ※勝ち試合のみ

対OJスクラップ戦、驚異の粘り!

4月1日9時~山王球場 HOTリーグ第3戦、対OJスクラップ

<戦評>

開幕戦を青木、第2戦を敷根で落とし迎えたリーグ第3戦、対OJスクラップ(旧.漢塾)戦の先発マウンドに上がったのは馬場。立ち上がり2死から連続四球とファーストエラーによりスコアリングポジションにランナーを背負うも、落ち着いて6番バッターを打ち取り初回を無失点で切り抜けると、その後も四球によりランナーを出すものの、ライト石井が浅いライトフライを落球からの9-6-3のダブルプレー、サード木村の3塁ホースアウトからファースト送球ダブルプレーなどによりピンチをしのぎ、5回を投げ打たれた安打は僅か1本、失点は内野送球間の1点だけと要所を締め6回から山崎へ継投。

しかし、代わった山崎が相手主軸の甲斐さんに本塁打を浴びるなど4失点を喫し敗戦ムードが漂う中、試合時間1時間30分を超えて新たなイニングに入らないとの軟式ルール上最終回となった土壇場6回裏にミラクルが!
キセキ―――∑(゚◇゚ノ)ノ―――!!

相手3番手投手の乱調で1死から畠中、佐々木、馬場、瀬川が4連続四球を選び1点を返すと、キャッチャーからサードへの悪送球、ワイルドピッチなどにより更に2点を奪い、尚も2死2塁から8番石井が振り抜いた打球はライトフェンス直撃の2塁打を放ち遂に1点差。ここで塁上の石井に代わり代走松原。続く9番木村がセカンド内野安打で1番高波へ繋ぎボルテージは最高潮!

2死1.3塁、山王公園に花見で訪れた観客など全員の目が高波に注がれていた、その2球目、高めのストレートがミットをかすめボールは5m後ろのバックネットへ、跳ね返りが少いことを確認した松原が、込み上げる同点への衝動を抑えきれず猛然とホームへヘッドスライディング!昨年のペプシ杯予選で同じくバッター高波の場面で敢行したホームスチール失敗の悪夢がよぎりましたが、右膝を擦りむき、右手親指を突き指しながらも起死回生5対5同点のホームイン!キッタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
渾身のドヤ顔ガッツポーズでベンチは爆笑興奮冷め上がらぬ中、高波があわや特大のサヨナラホームランかという大飛球を放つも惜しくもファール。その後四球で歩きましたが、2番山崎が三振を喫しゲームセット。しかし、驚異の粘りにより勝ちに等しい引き分けに持ち込みました!

バッテリー:馬場→山崎-高波
2塁打:大坪石井
安打:木村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。