スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園の思い出と21世紀枠について!

いよいよ始まりましたね!センバツ甲子園!

今日は九州から九州学院(熊本県)と神村学園(鹿児島)が登場し、両校ともに初戦を突破しました!地元福岡からは出場がないのが残念ですが、残る九州勢、宮崎西(宮崎県)と別府青山(大分県)にも頑張ってもらいたです。

私は東福岡高校出身なのですが、ラッキーな事にこの甲子園での応援を春夏共に経験しています。私の世代は俗に言う「松坂世代」と呼ばれる年で、鹿実の杉内や沖縄水産の新垣など今も現役バリバリの選手達が甲子園を湧かせていました。

そんな中、福岡県代表として出場した東福岡高校は、ピッチャー村田(巨人)、キャッチャー大野(元ホークス)、1つ下ですがショート田中賢介(日ハム)などを擁し、激戦区福岡を勝ち抜きました。
※ちなみに5番サードは山笠クラブ所属の田中祐一朗!
春は元横浜の古木擁する豊田大谷高校、夏は松坂大輔擁する横浜高校に敗れましたが、今なお色あせぬ思い出です。

さて、センバツの一般選考は昨秋の地区大会の結果を反映して、大方、成績順に決まるので分かりやすいのですが、2001年に設けられた21世紀枠の選考は、一般選考と違って少し異色で複雑です。21世紀枠の選考基準に興味がある方は以下をお読み下さい。

『21世紀枠・選考基準』

1.21世紀枠は、恵まれない野球環境の克服、文武両道の実践、積極的な地域貢献活動など他校の模範となる学校に選抜大会の出場権が与えられる制度。

2.最終候補は秋季都道府県大会の8強(参加校数が128校以上の場合は16強)以上で、各都道府県連盟に推薦されたチームの中から各地区1校の計9校選出。その中から、出場校選考委員会で選ばれた3校がセンバツへの切符を手にする。
 
3.前項の3校は、東日本(北海道、東北、関東・東京、北信越、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)から1校ずつが選ばれ、残りの1校は地域に関係なく選考される。

4.選考の過程において甲乙付けがたく、決定が難しい場合はセンバツ、全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)に未出場、あるいは30年以上出ていない学校が優先的に選出される。

ちなみに2012年までに21世紀枠に選出された高校は全て公立校であり、私立校は1度も選出されていません。上記の基準をクリアすればあなたの母校も甲子園への切符を手に入れるかもしれません!
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。