スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークス優勝の瞬間を目の当たりに!

これまで何度もヤフオクドームで試合を観てきたが、過去最高の試合を山笠チームメイトの崎しんちゃんのおかげで観戦することが出来た!レギュラーシーズン最終戦、勝てば優勝が決まるプラチナチケットがあるからドームに来ないかとシンジから連絡があったのは18時30分。まだ会社で仕事をしていたが、そこからダッシュ1時間で仕事を切り上げいざヤフオクドームへ


ドームには裕司も来ており、いざ着席!3塁側のチョー観やすい神席!!シンジありがとー!

結果はご存知のとおり、秋山監督が号泣し、本拠・ヤフオクドームで7度宙を舞った。ソフトバンクが今季最終戦でオリックスを下して3年ぶり、1リーグ時代を含め18度目(ソフトバンクとしては3度目)のリーグ優勝。同点の延長10回に松田がサヨナラ打を放ち、4時間23分の死闘にケリをつけた。最終戦にサヨナラで優勝を決めたのは史上初という劇勝だ。

相当苦しかっただろう。9月16日のオリックス戦(京セラD)に勝ち、マジック点灯に王手をかけてから、今季初の5連敗など、10試合で1勝9敗と大失速。4.5ゲーム差あった2位のオリックスとは、試合前の時点でゲーム差なし。9月25日の楽天戦(ヤフオクドーム)からは3試合連続で押し出し四球を与えるなど、最後までマジックは点灯しなかった。同26日の楽天戦後、今季限りで辞任する星野監督に花束を渡した際、本拠地のスタンドからは「お前が辞めろ」と厳しいヤジも飛んだ。

しかし、心は折れていなかった。「こういう経験が(今のチームに)足りない。こういう経験が強いチームを作る」と語っていた秋山監督。

なるほど。たしかに、これだけのプレッシャーをはねのけ、リーグVを勝ち取った選手たちなら、苦手CSも突破し、日本一奪回も現実味を帯びてきている

最後に印象的だったのは、逆転優勝を逃したオリックスの森脇監督の言葉
敗軍の将、兵を語らず。負けた責任は僕にしかない

かっこいい。こんな監督だから選手は力を発揮出来るのだろうな。見習わなければ。

さぁ山笠クラブもいよいよ今週末に福岡代表を決める決戦を迎える!相手は北九州レッドブルズ。対戦がないうえに、北九州まで遠征してのアウェーゲームではあるが、勝つしかない。後3勝でヤフオクドーム!ホークスが劇的優勝を決めた舞台で俺たちも

スポンサーサイト

年末のご挨拶!感謝!

早いな1年が経つのは残すところ後3日か。しかし、今日含め残り3回出勤で、尚且つ31日のおおみそかは急患センターで年越しを迎える\(;゚∇゚)/ハタラクヨネ~☆
で、1月3日も仕事やしΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

まぁ、シーズンオフだし今働かないとシーズン中は基本休日出勤しないからね!とはいえ、開幕まで後2ヶ月か。これはこれでアッという間だろうな。そういえば、今期10チームで運営された我らがホットリーグから、来期1チームの脱退が発表された。なんと、リーグの盟主である『漢塾』。

山笠クラブがホットリーグに加入する前からその名前は聞き及んでいたが、いざ対戦すると正真正銘の強豪チームであった。しかし、どうやらメンバーがなかなか集まらなくなったそうだ。共に活動してきたチームが去るのは寂しいものである。

山笠クラブが「山笠ルーキーズ」時代の破天荒チームからの脱却を図り、福岡フレッシュリーグからホットリーグへ移籍した際、対戦後に「良く声が出てるし、元気があって全然いいチームやん!」と声をかけて下さった監督の甲斐さんの温かい言葉を今でも忘れない

この場を借りて御礼申し上げます

と、いうわけで現在ホットリーグでは新規チームを募集しています。焼鳥高陣、スーパープラトニクスを筆頭に強豪が凌ぎを削る“県内屈指”のリーグと自負しております。更には年会費は破格の価格で、対戦日程は林会長の多大なるご尽力により定例参集しての監督会議もなし

どうです??我こそはというチームいらっしゃいませんか?お問い合わせは本ブログに返信頂くか、ホットリーグ問い合わせ【 hotleague2005@yahoo.co.jp 】までご一報下さい○o。期待。o○||*´∀`)。o○(ワクワク)

それでは最後になりますが、今期対戦頂いた全チーム、そして本ホームページにご来場頂く全ての皆様、本年も有難うございました!

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!!

会社同僚の送別会&昇格・入職祝い!

もちろん努めている会社にもよるが、社会人にとって異動や転勤はつきものである。私が勤務している福岡市医師会でも異動先が福岡市内に限られているとはいえ、年に2回4月と11月に定期異動があるため、いつまでも本社にいるとは限らない(=゚Д゚)ノ

そしてこの11月、私と同い年で同じ大学出身の同僚井手くんが本社を離れ早良区にある病院に勤務することとなった。たかが異動とあなどるなかれ、勤務先によっては日曜日出勤の勤務地もあるため、そんなとこへ異動になるとNo BASEBALL NO Life!の私にとっては死活問題である。Σ(||゚Д゚)

IMG_5237.jpg←井手くん

他人事ではない。いつ自分が同じ出向…。いや、異動になるかなんて誰にも分からない。一回出て、また本社へ戻ってくると保障がある分けでもない。そんな、人生のターニングポイントを迎えた我が友井手くんを盛大に送り出すべく、去る6日水曜日に福岡市医師会若手有志で構成された通称『石原軍団』を久々に開催し送別会を行った。ヽ(≧∀≦)ノ

まずは声かけ、簡単な社内回覧を作成し、“34才以下”の正社員の男ばかり19人に誘いをかけてみる。せっかくの機会だから、日頃お世話してる、いや、お世話になってる“この飲み会唯一の先輩”石原さんの主任昇格(ミラクル)祝いと、今年度超就職氷河期の中から難関を突破し我が社に入社した福岡大学出身 富田くんと、明治大学出身 川崎くんの入職祝いも兼ねることに。すると、なんとなんと19人中17人から行きます!!!との回答。お~。俺の回覧が良かったのか、井手くんの人望があるのかは定かではないがよ~集まるな。•ψ(・ω´・,,ψ
mail[2]

当日は、新人の富田くんに西新の店を貸し切りで予約してもらい、19時から2時間半の飲み会がスタート。これが盛り上がる盛り上がる。結局終了したのは23時前だった。この飲み会で最高の盛り上がりをみせたのは、石原主任の乾杯!営業課のため開始時刻に間に合わず、若手の武井くんとともに1時間程遅刻してきた際、もちろんみんな飲み始めていたが、改めて乾杯のご発声をしてもらうことに。とりあえずしゃべり出してすぐに「カンパ~イ!」とお約束のボケを入れ、もう1度仕切り直してもらい、自由に2~3分しゃべらせいよいよ乾杯!
「それでは、声高らかにお願いします!カンパ~イ!」
IMG00112.jpg

…。ここでももちろん誰もカンパイ!とは言わず、寂しくグラスを持ち上げる石原さんの姿に爆笑というのがお約束のハズだが、ここでスーパールーキー登場。明治大学出身の超マジメキャラ川崎くんが、沈黙を破り思わず「乾杯!」と声を上げてしまった。…ドッカンと爆笑が起きたのは言うまでもない。
IMG00113.jpg

最後には井手くんと石原主任にささやかながら似顔絵ケーキをサプライズプレゼント。(女子か(*>∀<)ノ))★)これまでサプライズをされたことがないのか、石原主任が感極まり思わず涙ぐんでいる姿を見ると、男だらけの飲み会も捨てたもんじゃない。異様に盛り上がるしね。井手くんがんばれよ!
IMG_4674.jpg

↓クリッククリック(ただの男の集合写真ですが
IMG_5638.jpg

博多祇園山笠とは!

いよいよ7月に入りました。博多で7月といえば、そう『博多祇園“山笠”』です。今回は山笠クラブの語源にもなっているこの“山笠”について書いてみたいと思います。

715ea678[1]

まず、博多祇園山笠は「博多どんたく」や「放生会(ほうじょうや)」と並び、福岡3大祭りの1つと言われますが、実際には「祭り」ではなく博多の夏期の定例行事です。博多祇園山笠は通称名称で、正しくは「博多櫛田祇園宮夏期例大祭」と言います。

櫛田神社に奉納されている祇園宮(仏教)の行事で、博多櫛田神社の氏子の清めの神事です。つまり、山笠は博多の夏期の定例神事ですから、見物人のための祭りでも、フェスティバルでも、イベントでもない事を認識していただければと思います。最近の日本は神事を伝承できない、歴史が無い街々が増え、祭りと神仏の行事の区別が付かない人が増えているのはとても危惧することだと思います

山笠期間中は行事参加者の間ではキュウリを食べることが御法度となります。一番根強い説としては「キュウリを輪切りにした時の切り口が櫛田神社の祇園宮の神紋と似ているから」というものです。櫛田神社や京都・八坂神社など水天神系の神紋の図柄は木瓜(ボケ)の花です。また、「夏が旬のキュウリを断ってまで祭りに懸ける」という意気込みとの説もあります。ちなみに、期間中の性交も御法度になります。

博多祇園山笠は女人禁制の行事であり、旧来の流に於いては子供山笠も含めて舁き手は男性のみで、女性は舁き手の詰め所に入れないしきたりとなっています。かつては舁き手の詰め所の入口に「不浄の者立入るべからず」と書かれた立て札が立てられる風習になっていました。この「不浄の者」は喪中の人と女性のことを指していますが、女性差別につながるとして平成15年に立て札の設置は中止されました。

女性を参加させないのは不平等だと言う方もいますのでご説明します。山笠は神事であり奉納の儀式なので、毎月血を流す女性の存在は不浄だという説明を良く耳にしますが、この説明は近からず遠からずで本来の理由はもっと詳しく説明する必要があります

櫛田の神様は女神様です。古くはスサノウノ尊の奥さんの、クシナダ姫を奉ったと言われていて、だから櫛田神社なんですが、そのクシナダ姫がいわゆる天照大神にあたります。そうなると当然神事を取り仕切り、神仏に対する奉納行事の担い手は男性となります。女性はおなかに「宮」をもった、社(やしろ)であり、宮を持つ女性を参加させることは、逆に神仏に対して無礼を働くこととなるのです。

そのため日本の神事は男衆がとり行います。

とはいえ、山笠に女性は直接参加できませんが、女性たちがいなければ、とてもとても山など続けられるもんではありません【山のぼせ】という単語があるくらいで、役どころの方々は正月早々、無役のものでも7月に入った途端に、仕事も何もほったかしで山に参加します。そこで、商売や家や山の炊き出し等で山運営の土台になっているのは女性達でいわゆる御寮さん方(正確には商家の奥方)です。女性がいないとこの神事もなりたたないのが事実です。

ちなみに祭りを楽しみたい博多の女性には、秋になると『中洲祭り』があり、こちらは“お祭り”で女みこしは最近有名になってきました。

最後に山笠うんちくを1つ。

山笠には7つの「流」と呼ぶ地域がありますが、現在の「流」としての組織で山笠を運営するようになったのは、戦国時代戦乱で焼け野原になった博多を、当時「息浜(おきのはま)」と「博多浜(はかたはま)」の二箇所に分かれていた博多を、その入り江を埋め立て新たに博多町割をし復興させたのが豊臣秀吉です

続に言う、太閤秀吉博多町割りでこのときから南北の縦筋で連なってる町内を合わせて「流」と言う組織を博多町人は作りました。それ以前の博多山笠の詳細については度重なる戦乱で貴重な文献が焼失し、詳しい事は分かっていません。

戦国時代そう言うこともあり、博多山笠では秀吉の人形が多く決して徳川の人形を作ることはありません。またジンクスとして、武田信玄と龍神様の人形は飾らないようになってます。これはその昔高い山笠を担いでいる時、この人形を飾ると必ず山が倒れて火災を起こしたり、大雨が降ったり、死人がでたりと言う事がかさなり、博多のジンクスとして今でもこの人形は作りません。その変わり上杉謙信公の人形は、時々かき山笠でも飾り山笠でも登場します。

また、現在のように町中を走るカキ山笠と、見物のための飾り山笠に分かれたのは明治時代で、チンチン電車や電灯の電線が張り巡らされた為、仕方なく背を低くし両者に別れました。

どうでしたか?少しでも『博多祇園山笠』について興味を持って頂ければ幸いです今年は最終日となる15日の追い山(早朝4時59分~)が海の日で祝日ですので、お時間がある方は是非、勇壮な男達が水法被で博多の街を疾走する姿を見て頂きたいものです

a305e76f4fea73ace7bd3f1c9102a158[1]

5大会連続W杯出場がほぼ確実な理由!

今、時計の針は19時10分。5大会連続5回目のワールドカップ(W杯)出場を目指すサッカー日本代表はこの後、午後7時半から埼玉スタジアムでアジア最終予選第7戦でオーストラリアと対戦する。

B組の日本は6試合を消化し、4勝1分け1敗の勝ち点13で首位。オーストラリア戦で勝つか引き分ければ、初めてホームでの本大会出場が決まる。負けても、日本時間4日午後10時開始のオマーン-イラク戦で、オマーンが引き分け以上なら、日本のブラジル行きが決まる。

日本中が注目する一戦であるが、残り試合から勝ち点計算をしてみると、実は日本のワールドカップ出場はほぼ間違いないという状況にある。

◆各国の状況

・オマーン:勝ち点6。残り2試合で連勝(勝ち点6)しても日本の勝点13を上回らない。

・イラク:勝ち点5。残り3試合はオマーン、日本、オーストラリア戦。日本を上回るためには3連勝のみ(勝ち点9)

・ヨルダン:勝点7。残り2試合はオーストラリア、オマーン戦。日本と勝ち点で並ぶには2連勝のみ(勝ち点6)。勝ち点で並んでも、日本とは得失点差が16もある。

・オーストラリア:勝ち点6。残り3試合は日本、ヨルダン、イラク戦。日本と勝ち点で並ぶ、もしくは超えるには2勝1分(勝ち点7)か3連勝(勝ち点9)。オーストラリアが2勝1分以上の場合、ヨルダン、イラクの両方が、残り試合を全勝することはなく、日本の勝点13を超えられない(日本の2位以内確定)。

つまり、日本が2位以内に入れない条件は、以下の4つの条件が全て揃った時だけである。

・日本がオーストラリア、イラクに2連敗
・イラクがオマーン、日本、オーストラリアに3連勝
・ヨルダンがオーストラリア、オマーンに2連勝
・ヨルダンが日本との得失点差「16」を逆転(同じ得失点差なら総得点)

この4つの条件が全て重なることは、ありえないと断言してもいいだろうつまり日本のワールドカップ出場は事実上決まったも同然なのである。

今回の試合は引き分けでもW杯出場が決まるが、今日の試合を制しアジア王者であることを印象付けて本大会に進みたいところだ。
頑張れ日本代表!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。