プライドジャパン甲子園大会1回戦!新加入選手躍動!

5月21日15時~山王球場、プライドジャパン甲子園大会福岡県大会1回戦、対ベーブルース

<戦評>

山笠クラブの先発は、鵬翔高校2年の夏、現ホークス武田率いる宮崎日大高校と宮崎県大会ベスト16で対戦し、1対0の完封勝利で武田の夏を終わらせた福岡大学所属の轟木。

大学野球を昨秋引退し、数年振りの軟式球にも関わらず伸びのあるストレートと縦に変化するスライダーを織り交ぜ危なげない立ち上がりを見せるも、3回裏に1死2塁から4番にレフトオーバーのタイムリーを許し1点を献上。

追いかける打線は4回、ここまで安定した投球を見せていた相手投手が突如乱れ、この回先頭の3番野崎、4番馬場、5番高橋が四球を選び無死満塁。続く6番高波が三振、7轟木がサードゴロで二死となるも、8番永易が粘って押し出しとなる四球を選び1対1と試合は振り出しに。

続く一打逆転の場面で9番松原が代わった2番手投手からレフト後方への大きな飛球を放つもフェンス手前でキャッチされ3者残塁。

同点で迎えた最終回表、1死から2番羽山がこの試合マルチヒットとなる左中間への2塁打で出塁すると、2死となるも4番馬場が四球を選び、続く5番高橋がショートへの内野安打で繋ぎ2死満塁。この一打勝ち越しの場面で打席に入った6番高波が価千金のライト前2点タイムリーヒットを放ち土壇場で逆転に成功!

最終回は三浦がマウンドに上がり見事セーブ!3対1の逆転勝ちで1回戦を突破しました!

<総括>

今年からリーグを脱退した為、2017年の初戦となったこの試合、3人の新加入をスタメンに抜擢し新生山笠クラブの初陣となった。

新たな戦力の中で輝きを放ったのは2番に抜擢した“快足”羽山

先ずは初回1死から四球で出塁すると、その快足をとばし悠々盗塁に成功。2打席目は見事なセイフティーバントを成功させ内野安打で出塁。3打席目は逆転への呼び水となる左中間への2塁打を放ち、大技・小技で全ての打席で出塁。その足を活かし守備範囲も広く、センターへの飛球はことごとく彼のグラブへ吸い込まれていった。

そして、先発の轟木。福岡大学公式野球部でもベンチ入り(一軍)していた実力は本物。引退からボールすら握っておらず、ましてや軟式球となるとブランクがありすぎて思い出せない程と言っていたが、試合前のキャッチボール、投球練習を見てこれは“イケる”な確信した。

本来であればエース三浦を先発させたいところだが、肩に不安(痛み)があるとのことで先発登板を回避し、轟木が崩れた時にはやむなく投げてもらうつもりだったが、そんな心配をよそに、4回を投げ1失点と見事起用に応えた

試合のMVPは、最終回に2死満塁から勝ち越しとなる2点タイムリーを放った高波だが、4回無死満塁から2死となるも、粘って押し出しとなる同点四球を選んだ8番永易にも賛辞を送りたい。あの同点で相手投手が交代し最終回の逆転へとつながったのは言うまでもない。

この“薄氷勝利”の1回戦突破チームが、この後一気に福岡県を制覇するなど、この時誰が想像できたであろうか
( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!( ゚Д゚)ぅそぉァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

スコア:3対1
バッテリー:轟木→三浦-高波
勝ち:轟木
セーブ:三浦
2塁打:羽山
安打:羽山、高橋、高波
打点:永易、高波×2
盗塁:羽山
MVP :高波
スポンサーサイト

感謝!HOTリーグ!新生山笠クラブの現在地

大変ご無沙汰しております。

好評を頂いておりました本ブログですが、昨年の夏以降多忙を極め、久々の更新となりました。この間、山笠クラブも大きな節目を迎えたことをご報告致します。

平成20年に福岡フレッシュリーグを退会し、翌平成21年よりHOTリーグに加盟し8年間活動を続けてまいりましたが、主要メンバーの脱退等により近年は思うようなチーム構成での運営ができなくなりつつありました。

それでも学生メンバーの力を借りながら戦力を維持しリーグ戦に臨んで参りましたが、このブログでも度々登場してきた主力の学生達もそれぞれ就職に伴いやむなく脱退せざるを得ず、初期メンバーでの協議の結果、次年度以降のリーグ戦参加は困難であるとの結論に至りましたので、残念ながら平成28年度をもちましてHOTリーグを退会させて頂きました。

なお、最終年となった平成28年度は悲願であったリーグ戦優勝(Super Platonicsとの同時優勝)の名誉を掴み取りました。まさしく「有終の美」。

この快挙を牽引したのはリーグ最多勝利投手(7勝)の三浦はもちろんのこと、なんと、首位打者(.514)と打点王(13打点)の二冠に輝いた藤岡の活躍なくしては語れない。

特に規定打席に到達したなかでの打率5割超は山笠クラブ歴代をみても最高の成績。その藤岡は地元広島で就職したためチームを離れたが、いつまでも記憶と記録に残るプレーヤーだな。またいつの日か一緒に!

一方、2年連続の投手部門タイトルホルダーとなったエース三浦も晴れてこの4月から社会人となったのだが、なんとなんと就職先は私とキャプテン馬場と同じく福岡市医師会!競争を突破しようこそ我が社へ!会社にも野球部があるため三浦とは“公私”ともに仲間となった!

これがターニングポイントとなり、リーグ戦はやめたものの、残ったメンバーと三浦の福岡大学野球部へのつながりがあればまだ高いレベルでやれると判断し、ぶつけ本番で「プライドジャパン甲子園大会」へエントリー。

結果はご覧のとおりなんと激戦区福岡県予選を勝ち抜き見事優勝!全国トップで県代表の切符を掴み取りました!

次は九州大会へ福岡県代表として出場し、九州代表となれば静岡県で行われる西日本大会へ。そこでベスト4になれば聖地「甲子園」。

練習なし、リーグ戦なし、全てぶつけ本番。経験とポテンシャルだけで新生山笠クラブが新たな歴史を創る。
t_fukuoka[1]
s_fukuoka[1]

HOTリーグ第8戦!パート首位対決を落とす。

7月10日11時~田尻球場、HOTリーグ第8戦、対Super Platonics

<戦評>

先攻の山笠は初回、2死から3番若林がライト前ヒット出塁し、2つのパスボールと4番佐々木の四球で2死2.3塁とチャンスを作るも、5番藤江がショートゴロに倒れ無得点。

一方先発の三浦は、先頭バッターを自らのエラーで出塁を許すと、続く2番にセンターオーバーのタイムリースリーベースを許し先制を許すと、この後3四死球などが絡み更に1点を失い初回2失点。調子の上がらない三浦は2回にも先頭バッターから3者連続四球を与え、3番に2点タイムリーを浴び2失点。

追いつきたい打線は3回表、1死から2番谷山が左中間フェンス直撃の2塁打で出塁すると、2死となるも5番藤江のレフトへのタイムリー2塁打で1点を返し反撃の狼煙を上げると、4回表には、この回先頭の7番三浦がライトへの2塁打で出塁し、続く8番永易のレフト前ヒットで無死1.3塁とチャンスを作ると、1番藤岡、2番谷山の連続タイムリーなどで2点を返すも反撃はここまで。

3回途中からマウンドに上がった2番手藤江も4回にソロホームランを浴びるなど、3対6で敗れました。

<総括>

先発三浦の不調が全て。2回と3分の1を投げて7四死球では試合を作ることはできない。確かに田尻球場のマウンドは高低差も少なく投げにくいのは理解できる。だが条件は相手投手も同じだし、初めての球場ではないのでいい訳にはできない。

三浦の調子のバロメーターはコントロール。普通に投げていればそうそう連打は打たれないが、悪い時は四球、四球で自分の首を絞めてしまう。昨年までの三浦→小田の先行逃げ切りの方程式が今期はないだけに、長いイニングを投げることを考えすぎてバランスを崩しているのであれば問題だ。起用する側にも責任がある。

三浦の次を任せられる投手が必要なのは言うまでもないが、ここにきてこの日2番手で投げた藤江は大きな魅力を感じる投球を披露した。野手ながら、手元で伸びるストレートを気持ちの良いほどテンポ良く投げ込む。追い込んだ後の決め球さえ定まれば、短いイニングなら完全に計算できる投手

打線はこの日、藤岡、谷山、若林、藤江、大倉、三浦、永易と福大全員がヒットを打つなど若手が絶好調!リーグ戦後半へ向け、三浦の安定とヤング山笠の活躍が不可欠!2年連続のパート首位通過へ向け、もう1度エンジンをかけ直そう!

スコア:3対6
バッテリー:三浦→藤江―大倉
負け:三浦
二塁打:谷山、藤江、三浦
安打:藤岡、谷山、若林、大倉、永易
打点:藤江、谷山、大倉
四球:佐々木、藤江、三浦
※三振:藤岡、佐々木、永易

ビクトリー杯2015年九州大会決勝戦!王座奪還!

5月29日15時~ヤフオクドーム球場、ビクトリー杯九州大会決勝、対フラワータイム藤山工業

<戦評>

ヤフオクドームにて行われました2015年ビクトリー杯九州大会決勝戦は、沖縄代表「友進建装」が遠征を辞退したため、今大会予選第3位、前回大会ビクトリー杯九州大会王者の大分県代表フラワータイム藤山工業との一戦。

先攻の山笠は初回、1死から2番浅尾が右中間を深々と破る三塁打で出塁するも、3番畠中、4番佐々木が倒れ無得点。
2回にはこの回先頭の5番井浦がファーストへの内野安打で出塁するも盗塁死などで主導権を握れない展開のなか、試合が動いたのは3回。2死から1番藤岡がセンターへの2塁打で出塁すると、2番浅尾が前進守備のレフト頭上を破るランニングホームランで2点を先制!(全速力でダイヤモンドを一周した後、ライトスタンドへ向け「熱男―!!」)

一方聖地ヤフオクの先発マウンドに上がったエース三浦は、3回を投げ1イニング3人ずつ9人全てをパーフェクトに抑える完璧な投球を披露。4回からはプラン通り2番手馬場へと継投し、4回は無失点に抑えるも、5回1死から突如乱れ3四死球で1死満塁。このピンチで9番にライトオーバーの2点タイムリーを浴びましたが、3人目のランナーは三本間に挟み挟殺となりツーアウト。

しかし、2死2塁と一打逆転のピンチが続いた場面で3番手大田へとスイッチ。代わった大田は1番を三振にきってとりピンチ脱出。
6回の表裏はスコアが動かずこのまま引き分けかと思われた最終回、この回先頭の7番大田がライト線を破る2塁打で出塁すると、続く8番高波がライト前にしぶとく落とすこの日2本目のヒットで繋ぎ無死1.3塁

一打勝ち越しの場面で9番永易はショートフライに倒れるも、1番藤岡があわやホームランテラスに届くほどの大きなライトへの犠牲フライで三走大田が悠々ホームインし勝ち越しに成功!

最終回は先頭に内野安打を許したものの、最後は二者連続三振で試合を締め括り見事優勝!遂に山笠クラブとなって初めての九州王者へと登り詰めました!

1471491051183.jpg
<総括>

山笠クラブの歴史にまた新たな1ページ。2005年日刊スポーツマリン杯以来、10年振りの九州王者!九州各地に星の数ほどある軟式野球チームの中で通算2度目の頂点に立った!

ビクトリー杯は、一昨年前までは九州代表として更に全国大会(京セラドーム大阪)への切符が用意されていたが、昨年から九州大会までで終了。このチームで全国へ挑戦し、10年前、後一歩で成し遂げられなかった全国制覇を目指したかったが、こればかりはしょうがない。

当時全国大会準優勝を知るメンバーは私を含め数名だが、その数名が今回もメンバーにいることは素晴らしいことだ。毎年のようにメンバーの加入・脱退があるなかで、長年チームを支え続ける核となる存在がいるからこそ、永きにわたり強く、魅力的で息の長いチームが形成されている

さて、今回のビクトリー杯ヤフオクドーム決勝戦への挑戦は、ここ数年後一歩のところで何度も涙を飲んできた。過去5年で福岡代表となり九州大会へ進出すること3回。うち2回とも準決勝で敗れており、今回は悲願の決勝進出であった。

試合は3回、山笠のリードオフマン1番藤岡が2死から2塁打でチャンスを作ると、この春から社会人となった2番浅尾が、お手本のような逆方向へのバッティングで、打球がレフトフェンスに達する間にダイヤモンドを一周し2点を先制

しかし、5回に2点を奪われ同点とされるも、最終回に1点を勝ち越し見事優勝。ベンチ入りメンバーが全員出場し掴み取った悲願の九州王者!福岡県代表「山笠クラブ」。歴史に名を刻んだ。メンバーみんなお疲れ様!有り難う!

最後に、当日多数の方々に応援に駆けつけて頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。今後とも、変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。
1471491068348.jpg

スコア:3対2
バッテリー:三浦→馬場→大田―高波
勝ち:大田
本塁打:浅尾
三塁打:浅尾
二塁打:藤岡、大田
安打:井浦、高波×2、大坪
打点:浅尾×2、藤岡
死球:井浦
※三振:浅尾、井浦、畠中、馬場
MVP :藤岡(勝利打点)

1471491086797.jpg

プライドジャパン甲子園大会!ベスト4で終幕。

5月22日15時~山王球場、プライドジャパン甲子園大会準決勝、対焼鳥高陣

<戦評>

プライドジャパン甲子園大会準決勝、対焼鳥高陣との一戦は予想だにしない展開となりました。
先攻の山笠は初回、1番藤岡が四球を選び出塁すると、2番浅尾が左中間への2塁打を放ちチャンスを拡げると、3番井浦がレフトへの2点タイムリー2塁打を放ち鮮やかに先制。更には1死2塁から5番馬場が流れを完全に引き寄せるレフトへの弾丸2ランホームランで初回一挙4得点

一方先発の三浦は2回裏に3者連続四球で無死満塁のピンチを招くも、後続を三振、捕飛、一飛と後続を断ちピンチ脱出。
すると3回表、1死から4番畠中がライト前ヒットで出塁すると、5番馬場がライトオーバーの2塁打で1死2.3塁とチャンスを拡げ、続く6番高波が死球を受け満塁となった場面で、7番三浦が2者を迎え入れるセンターへの2点タイムリー2塁打で6点目

コールドゲームまで後1点。試合は決まったか、と思われましたが、3回裏に落とし穴が待っていました。

この回先頭の2番に四球を与えると、1死後4番5番に連続四球を与え1死満塁。3回で6四球と調子の上がらない三浦を諦め早くも2番手浅尾へとスイッチするも、満塁から6番に押し出し四球を与え1点を返されると、続く7番にまさかのグランドスラムをレフトへ叩き込まれ6対5となりリードは瞬く間に1点差

尚も浅尾が8番9番に連続四球を与え1死も奪えず3番手井浦へと継投。代わった井浦はこの1死1.2塁のピンチで1番にこの回6個目となる四球を与え1死満塁となるも、2番を一飛、3番を二ゴロに打ち取り火消しに成功し長い長い3回裏が終了。

1点差のまま逃げ切りを図るべく最終回となった4回裏も回をまたいで井浦がマウンドに上がりましたが、先頭の4番にセンター馬場の頭上を越え22塁打で出塁を許すと、続く5番に逆転のランナーとなる四球を与え無死1.2塁。

しかし、6番7番を連続三振に打ち取り勝利まで後ワンアウトまでこぎ着けましたが、8番に四球を与え2死満塁、更には9番に痛恨の押し出し四球を与え遂に同点。最後は1番に劇的な左中間へのサヨナラタイムリーを浴び大逆転負け

天国から地獄、6対0からまさかまさかの7失点でプライドジャパン甲子園大会の幕は閉じました。

<総括>

「野球は最終回2アウトから」とは良く言ったもんだ。後ワンアウトまで迫りながら、その1つのアウトが遠かった。完全な勝ち試合を自らの手放したようなもの。3投手で計13与四球。これじゃあ微笑みかけた勝利の女神も背中を向けて当然だ

最初の誤算は先発の三浦。初回の立ち上がりは状態も球の走りも決して悪くはなかった。2回に3四球で無死満塁になるも、ここを踏ん張り立ち直るかと思われたが、3回にまたも3四球。得点差がついたことで気が緩んだか、ダブルヘッター決勝を見据え少し力を抜いたか。本人にその気はないかもしれないが、6点という点差が知らず知らず微妙な心理に影響したのかもしれない

むしろ調子が悪かった、身体のどこかがおかしい等、はっきりとした原因が分かった方が納得できるが、精神面なのであれば改善が必要。どんな状況であれ、任せられた試合、イニングで結果を出すのがエースだ

次に2番手浅尾。浅尾は故障明けとはいえ、山笠ではセットアッパーとしての実績は十分であったし、四球四球の悪い流れを変えるべくコントロールの良い投手へと継投したのだが、1死も奪えず3四球を与え5失点。求められた結果を残すことができなかったが、緊急登板であったため、準備不足は否めなかった

最後に3番手井浦。こちらは決勝戦先発予定を前倒しての起用であったが、最後の最後にらしくない四球四球で押し出し同点。三浦も浅尾も井浦も、プレッシャーに屈するタイプではないが、この試合は一度傾いた流れを誰も止められなかった。

結果論だが、試合を分けたのは3回2番手浅尾への継投を選択したこと。この試合、点差がついたことで4回からは2番手に馬場への継投を決め本人に伝達。馬場は次の回からの登板に備え3回表にはある程度肩を作っていたのだ。3回裏1死満塁となり迷ったが、ワンポイント登板にコントロールに定評のある浅尾を選択し、馬場は予定通り4回からのつもりであったが誤算であった。采配ミス。まぁ結果論だけどね。

この経験が次の試合以降活かせれば、意味のある大逆転負けということ。切り替えよう。

スコア:6対7
バッテリー:三浦→浅尾→井浦―高波
負け:井浦
本塁打:馬場
2塁打:浅尾、井浦、馬場、三浦
安打:畠中×2
打点:井浦×2、馬場×2、三浦×2
四死球:藤岡×2、高波、永易、大坪
※三振:浅尾、馬場、高波、三浦
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR